注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【翔んで埼玉】ありえないキャスティングがこの作品にもたらした効果を徹底考察!監督が真にディスりたかったのは埼玉ではない?!

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07SG3JYFG/?tag=cinema-notes-22

「翔んで埼玉」はこれまでにないディスり放題の痛快作品です。こんなにディスられているのに、埼玉県人も楽しめると壮絶な人気を集めました。

そして何より、キャスティングが豪華であり得ないと上演前から話題になった作品です。

しかしこのキャスティングにこそ映画の生命がかかっていたのです。

どこをとっても面白い、最強のディスり映画には監督が本当に伝えたかったメッセージが隠されていました。

ありえないキャスティングに話題が集まった

「翔んで埼玉」の武内監督は、キャスティングの巧妙さに特化した監督で前作「テルマエ・ロマエ」でも絶妙なキャスティングが話題になりました。

今回も並のキャスティングでは太刀打ちできなかったと語っています。

それゆえキャラの濃い俳優を集めることで、漫画のありえない世界観を違和感なく表現出来たのです。

同性愛者?壇ノ浦百美少年を二階堂ふみが熱演

壇ノ浦百美

出典元:http://www.tondesaitama.com/index-2.html

原作である「翔んで埼玉」はボーイズラブの漫画作品として執筆されています。俳優さん同士の配役では、少々マニアック要素が強くなるという配慮から二階堂ふみさんが抜擢されました。

しかし女性役としてではなく、あくまでも原作に沿って男役として描いているのも武内ワールドといえます。

美しい容姿から繰り出される罵詈雑言の数々は、不思議と観客に笑いを提供しています。

GACKTが高校生

麻美麗

出典元:http://www.tondesaitama.com/index-2.html

GACKTの持つ独特の雰囲気が、原作の麻美麗役にピッタリで不思議と違和感を感じさせません。

当初GACKTは高校生役と聞いて即答で断ったと語っています。しかし原作作者の魔夜氏のファンだったこともありオファーを受けています。

ちなみにこの麻美麗という役は、魔夜氏がファンだという宝塚の元トップスター麻美れいさんがモデルとなっています。名前も同じですね。

京本政樹の伝説の埼玉県人が美しい

デューク

出典元:http://www.tondesaitama.com/index-2.html

伝説の埼玉県人ことデューク役の京本政樹さんは、言わずと知れた美形の俳優でその美貌は現在も衰えておりません。

彼もまた独特の空気感を持っており、漫画の実写化には欠かせない存在といえるでしょう。

伊勢谷友介がはまり過ぎ

阿久津翔

出典元:http://www.tondesaitama.com/index-2.html

そして正統派俳優の伊勢谷友介さんは、端正な顔立ちが阿久津翔役にドはまりしていると絶賛されています。

GACKTはのちに伊勢原友介さんのことを「とてもまじめな俳優」と語っており、その真面目さが作品をより滑稽に見せています。

このようにどこか中性的要素をもつ、個性の強い俳優陣がメインキャストを担っています。

とにかくキャラが濃い俳優陣が勢ぞろい

武内監督が下した人選は、ひとひとりが主役級の濃いキャラの俳優陣です。

そのこだわりはメインキャストばかりではありません。

パタリロに出演した加藤諒さん、数々の話題作で個性的な役をこなす麿赤兒さん、そして竹中直人さんや中尾彬さんなどいずれも劣らぬ個性派ぞろいとなっています。

この濃すぎるキャスティングだからこそ、ありえない設定、ありえない世界観の劇中でも違和感なく観るものを引き込んでいけたのでしょう。

ファンの中からは及川光博さんも出てほしかったと声があがっています。確かに映画の世界にマッチしそうです。

俳優の出身地とリンクしている

「翔んで埼玉」オリジナルサウンドトラック