注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【シンドラーのリスト(ネタバレ)】監督がセリフに込めた思いを徹底解説!モノクロ撮影の意図は?赤い服の女の子の意味にも迫る

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00GQVTWEC/cinema-notes-22

1993年に公開された「シンドラーのリスト」は、トーマス・キリーニーの「シンドラーの箱船」をもとに製作されました。

日本では翌年公開されており、オスカー・シンドラーの活躍を描いた実話として多くの話題を呼んだのです。

注目度の高い超大作ですが、監督スティーヴン・スピルバーグは、映画の中に多くのメッセージを残しました。

あえてモノクロ撮影をした理由や、目を引く赤い服の少女に焦点をあてて、監督の伝えたかった思いを紐解いていきましょう。

セリフに込められた監督の思い

直輸入、大きな写真、「シンドラーのリスト」スピルバーグ監督を囲んで

「シンドラーのリスト」は単なる娯楽映画ではなく、史実を基に描かれた人間の歴史です。

劇中には監督を務めたスティーヴン・スピルバーグの思いが溢れています。

監督スティーヴン・スピルバーグはユダヤ系

スティーヴン・スピルバーグは、ウクライナ系ユダヤ人です。

スピルバーグ監督が生まれた2年後の1948年には、ユダヤ人国家イスラエルが誕生しています。

この時アメリカは、イスラエルを支援する立場を取りました。

しかしアメリカ国内でのユダヤ人の立場はあまりいいものではなかったようです。

ディスレクシアのために同級生より読み書きを修得する速度が遅く、このためいじめも受けたこともあった。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/スティーヴン・スピルバーグ

彼は大きな迫害を受けていたわけではありませんが、ユダヤ人として他とは違った幼年期を過ごしました。

また2006年、レバノン侵攻時にユダヤ人の国イスラエルに多額のお金を寄付しています。

スピルバーグ監督がユダヤ人であったということは、映画「シンドラーのリスト」に大きく影響しているのではないでしょうか。

監督の心の声

劇中でシンドラーは、ユダヤ人のシュターンに下記の台詞を伝えます。

私はドイツ人だ。だから何だ。

引用:シンドラーのリスト/配給:ユニバーサル・ピクチャーズ

ユダヤ人迫害の中、シンドラーは人種など関係ないと考えていたのです。

シンドラーがユダヤ人に対し同じ人間として、ひとりの人として向き合う姿に強さを感じます。

現代日本でこそ当たり前のことですが、戦時中のドイツ国内で彼のような考え方が出来るのはごく稀な人物だけです。

そしてこのセリフは、ユダヤ人の血を引くスピルバーグ監督の心の声ともいえるのではないでしょうか。

ユダヤ人の辿った悲痛の歴史は、今なお心の奥に影を落としているようです。

タイトルにもなった「シンドラーのリスト」

劇中に映画タイトルともなったリストが登場します。

これは善のリストです。このリストは命だ。

引用:シンドラーのリスト/配給:ユニバーサル・ピクチャーズ

リストには、シンドラーが助けることが出来る1000人ほどの名前が書いてありました。

シンドラーは戦争という異常な空間において、しっかり善悪の判断が出来たのです。

監督は「善」を強調しています。

このリストこそが、異常な戦時中における一つの正義であり善なのです。

希望のリストですが、多くのユダヤ人の内たった1000人ほどしか助けられないという悔しさも感じるセリフです。

監督が同じ時代その場にいたら……

スティーブン・スピルバーグ直筆サイン入り超 特大写真…顔アップ…証明書付き

劇中でシンドラーは下記の台詞を口にします。

もっと救えたはずだ。もっと多くの人を。わからないが…できたはずだ。

引用:シンドラーのリスト/配給:ユニバーサル・ピクチャーズ

シンドラーがお金をもっと持っていたら、一人でも多くのユダヤ人を助けることが出来た。

この思いは観客の思いであり、監督の思いでもあります。

もしスピルバーグ監督が同じ時代にいたら、彼もシンドラーと同じことをしたかもしれない……。

可能なら一人でも多くの人を助けたかった。

シンドラーの台詞が監督の胸の内とこだまするようです。

世界に向けたメッセージ

直輸入、大きな写真「シンドラーのリスト」レイフ・ファインズ

この映画は、戦争を知らない世代へ向けて作られています。

悲劇を繰り返さないために、後世に引き継いでいくべき映画です。

一つの命を救える人は、世界も救える。

引用:シンドラーのリスト/配給:ユニバーサル・ピクチャーズ

上記は劇中の台詞ですが、これはユダヤの聖書から引用されています。

個人が世の中の為に出来ることはほんの小さなものです。

しかし命を大切にするという個々の気持ちが、世界を戦争から救ってくれるでしょう。

とても重く、大きなメッセージとして心に響いてくるセリフです。

モノクロ撮影は実際の記録映画の為

大きな写真「シンドラーのリスト」憂愁のレイフ・ファインズ 画像あり

スピルバーグ監督はこの映画を製作する前、「ジュラシックパーク」を制作しています。

巧みな映像技術を駆使し、世界を唸らせた映画です。

しかし「シンドラーのリスト」は、あえて白黒映像としつつハンディカメラも使用して撮影しています。

真実の記録映画を作りたい

本作品は歴史の記録であり、監督が撮りたかったのは真実の記録だったのです。

娯楽映画のように大げさに誇張したり、迫力ある映像を見せるものではありません。

観る者がそこにいるかのように、観客が録画をしているかのようにリアルさを追い求めた結果が白黒映像というわけです。

ハンディカメラを使用することで更に、リアル感が増しています。

観客が考える映画にしたい

白黒の映画は想像力を働かせる必要があります。

どんな色をしていたのだろう、どんな空気だったのだろう。

色がないからこそ人は考え、感じることが出来ます。

戦争の記録をただ観るのではなく、心に刻み込んで欲しい、という願いも込められていたのではないでしょうか。

赤い服の少女はパートカラー

【Amazon.co.jp限定】シンドラーのリスト 製作25周年 コレクターズ・ボックス スチールブック仕様 (4K ULTRA HD+Blu-ray+ボーナスBlu-rayセット)[4K ULTRA HD + Blu-ray](3枚組)

色のない映像の中で、ひときわ目を引く赤い服の少女がいます。

彼女は何を観客に投げかけているのでしょう。

パートカラーを使用している

突如現れる赤い色はパートカラーという技法です。

観る者に強いインパクトを与え、心を誘導する時に使用されます。

しかしなぜ一人の少女にパートカラーを使用したのでしょう。

赤い服の少女は本作品のキーパーソンになっています。

シンドラーの行動を誘導していった

冒頭部分では、シンドラーはユダヤ人に対して特別な感情を持っていませんでした。

しかし赤い服の少女を見かけたことがきっかけで、心に変化が訪れています。

そして幼気な少女の遺体が運ばれるのを見た時に、どんな手段をとってでもユダヤ人を救済すると決意したのです。

このようにシンドラーの心に大きな影響を与え、行動を起こすきっかけとなったのが赤い服の少女だったのです。

シンドラーの視点を共有する

劇中でシンドラーは赤い服の少女に目を奪われますが、この時観客はシンドラーと同じ視線になるはずです。

幼い少女に何が起きているのか、ユダヤ人がどんなに酷い仕打ちを受けているのか……。

パートカラーを少女に使用することで、信じがたい真実に目を向けざるを得ない状態になるのです。

救えなかったユダヤ人を強調している

赤い服の少女は、シンドラーの心を動かす存在であるのと同時に多くのユダヤ人を表現しています。

リストに入れることが出来なかったユダヤ人達の象徴でもあります。

観客は幼い少女が殺されたことに痛烈な思いを抱くでしょう。

それは、迫害を受けたユダヤ人全てに向けての感情に繋がっていくのです。

名匠も躊躇した重い映画

ポスター A4 パターンA シンドラーのリスト 光沢プリント

スピルバーグ監督が「シンドラーのリスト」制作に躊躇していたのは有名な話です。

名匠と呼び声高い彼が、なぜこの映画の制作に尻込みをしていたのでしょう。

ホロコーストへ向き合う覚悟不足

ホロコーストはおもしろ半分で描けるものではありません。

多くの遺族の思いや、黒い歴史の真実と向き合う必要があります。

監督程の影響力を持っていたら、尚更その重圧は大きかったことでしょう。

実はこの映画を製作するにあたって、他の映画監督にも声がかかっています。

「戦場のピアニスト」で有名なロマン・ポランスキー監督、彼は母をアウシュヴィッツで殺されています。

様々な思いの中ポランスキー監督は「シンドラーのリスト」の監督を辞退しています。

この物語は作り手側も躊躇してしまうほど、重く大切な史実を語っているのです。

スピルバーグ監督は映画報酬を受けとらなかった

スピルバーグ監督は、本作品を通常の映画とは異なる存在として受け止めています。

この映画の売り上げや利益を放棄し、映画公開の翌年1994年にショアー生存者映像歴史財団を設立しました。

この財団はホロコーストの歴史を後世へ残していくのが目的です。

監督はこの映画を売り上げの為の娯楽映画として、世に出してはいけないという考えだったのでしょう。

シンドラーを通した戦争への思い

シンドラーのリスト☆90×60cm☆海外 レア☆シルク調☆ファブリック ポスター☆Schindler's List スティーヴン・スピルバーグ

映画ではシンドラーを通して、戦争というものを記録していきます。

自分がシンドラーの立場だったら、同じ行動が出来たのでしょうか。

子供時代がシンドラーの基盤になっている

シンドラーはナチ党員ですが、ユダヤ人に対して憎しみを抱いてはいませんでした。

映画では描かれていませんが、彼は幼少期にユダヤ人の友人と共に過ごしています。

この経験こそ、シンドラーが偏見を持たずに正義を貫くことが出来た源といえるでしょう。

助ける方も命がけだった

シンドラーの生きた時代は、異常な世界でした。

ユダヤ人の迫害が有名ですが、ナチ党は彼らを助ける人々も迫害しています。

更に遊牧民のロマ族や言葉の違うものたちも標的にされ、いわばナチ党員以外は迫害の対象でした。

多くの人々が「善」を見失っていた時代、正義が罪だったのです。

そんな中、ユダヤ人を救うことは命がけでした。

実際にユダヤ人を助けたという罪で、戦時中多くの人が命を落としています。

シンドラーも3度逮捕されており、それでも救済をやめなかった彼は本当の正義を貫いた人物です。

彼は劇中で下記のようなことを言っていました。

力とは、殺しを正当化できる時でも殺さないことだ

引用:シンドラーのリスト/配給:ユニバーサル・ピクチャーズ

これは監督から世界権力へ向けての大きなメッセージにも聞こえます。

「シンドラーのリスト」は忘れてはいけない記録

【映画パンフ】シンドラーのリスト

監督にとって大きな意味を持つ本作品は、世界へ向けて多くのメッセージを投げかけていました。

白黒映像を使用し、記録映画としての価値を不動の物としています。

巨匠スピルバーグが綴った戦争への強い思いを、後世まで残していきたいものです。