注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【テッド(ネタバレ)】マニアックなパロディ演出を徹底解説!日本語向けに訳されたセリフとは?オリジナルの表現や声優も紹介

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B01AEZV7MU/?tag=cinema-notes-22

国内2013年公開の「テッド」はファンタジー系コメディ映画にもかかわらずR指定のかかったぶっ飛んだ映画です。

マニアすぎるパロディ演出ブラック過ぎるジョークが詰め込まれていました。

そのマニア過ぎるネタの為に国内では、日本向けに訳されたセリフなどもあります。

誰もが求めていた刺激的な映画を徹底的に解明していきましょう。

知るほどに面白い「テッド」のパロディ

tedテッド おれのBIGモフモフエプロンぬいぐるみ  特大48cm

劇中は息つく暇もないほど、パロディが続いていました。

日本ではあまり馴染みがない作品なども含まれていたので、詳しく解説していきます。

ダブルパロディになっていたシーン

ジョン・ベネットがダンスシーンを再現する場面、登場の際に着ていた上着は「愛と青春の旅だち」です。

更に、ダンスシーンになると「サタデー・ナイト・フィーバー」へ突入していきます。

実はこのシーンは、パロディ映画「フライングハイ」で同じように使用されているのです。

つまり、劇中ではパロディ映画をパロディした、ということになります。

パクりともいえる豪快な演出だったわけです。

エイリアン2に登場するビショップ

パーティシーンでテッドがナイフの早業を披露します。

これは「エイリアン2」に登場するアンドロイドのビショップの得意技です。

「エイリアン2」ではこのシーンをCG不使用でガチで撮影していたのだとか。それを踏まえてのテッドの失敗という訳です。

ちなみにビショップはナイフを手に刺すことはありません。

ロードレース選手の睾丸

レックスのコレクションの中で、自慢の一品となったのがランス・アームストロングの睾丸です。

この選手は実在する人物で、ツール・ド・フランスを7回も制覇したロードレース選手です。

なぜ彼の睾丸か、というと彼は精巣腫瘍で睾丸を摘出しているからでしょう。

かなりギリギリのパロディですね。

パンチの効いたブラックジョーク

観ていて「おいおい、大丈夫?」といってしまうネタもあります。

黙れスーザン・ボイル!

引用:テッド/配給会社:ユニバーサル・ピクチャーズ,東宝東和

イギリスのオーディション番組で、一躍時の人となったスーザン・ボイルのことです。

おそらく深い意味はなく、ロバートが太っていたからという理由でしょう。

さすがR指定のブラックコメディです。

ブラックなオマージュの数々

ザ・ウォール(コレクターズ・ボックス)(DVD付)

劇中にはオマージュ作品も多く登場しています。

しかしそのオマージュの仕方も「テッド」流でした。

反社会的といわれたピンク・フロイドの歌

肉を食わなきゃプリンを喰えないとか言うんじゃないだろうな?

ピンクフ・ロイドの歌詞だ

引用:テッド/配給会社:ユニバーサル・ピクチャーズ,東宝東和

上記はテッドのセリフですが、この歌詞はピンク・フロイドの「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール・パート2」の歌詞です。

学校への反発心を煽る歌として、反社会的と非難された有名な曲です。

BGMが使用されたレイダース

子供時代のジョン・ベネットの部屋に貼ってあったポスターはインディ・ジョーンズシリーズの「レイダース/失われたアーク」です。

オマージュとしてのポスターと思いきや、テッドの脱出シーンでしっかりBGMが使用され、帽子を耳に置きかけてパロディ化されています。

ジョン・ベネットのひどい歌は007

オクトパシー (字幕版)

劇中でジョン・ベネットが恋人ロリーに捧げる歌がありました。

その曲はリタ・クーリッジの「All Time High」、「007/オクトパシー」の主題歌です。

実はこの曲は007シリーズヒット曲の数々から外れ、いまいちという評価を受けた過去があります。