注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ハムナプトラ/失われた砂漠の都】ハムナプトラの意味を解説!リアルな映像の撮影法は?驚愕裏話も紹介!古代都市は実在した?

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00G2ZKDMM/cinema-notes-22

1999年公開の『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』は、古代エジプトの物語をベースにしたファンタジー映画です。

原題と邦題が違う映画としても知られる本作ですが、ハムナプトラとはどんな意味なのでしょう。

壮大なスケールの撮影秘話やリアルな映像の撮影法に迫ります。

そして劇中に登場する古代都市は実在したのか、映画に隠された数々の謎を解明していきましょう。

「ハムナプトラ」とは架空の死者の都

ポスター: The Mummyポスター – It Comes To Life、1932 (36 x 24インチ) BU034807

タイトル『ハムナプトラ』とはどんな意味の言葉なのでしょうか。

原題とは違う邦題に注目してみました。

原題は「The Mummy」

『ハムナプトラ』は邦題で、原題は『The Mummy』となっています。

日本では原題と全く違ったタイトルだったために、気づく人も少なかったですがこの作品はリメイク映画です。

1933年「ミイラ再生」、1959年「ミイラの幽霊」がもとになっておりホラー映画の枠でのスタートでした。

アドベンチャー色の強い本作品は邦題の『ハムナプトラ』の方が、しっくりくるような気がします。

ハムナプトラは劇中の都

「ハムナプトラ」は劇中に出てくる死者の都の名前です。

テーベが生きる者の都であるのに対して、ハムナプトラは死んだ者の都と設定されています。

しかし実際の歴史上には存在しない架空の都市です。

実際の死者の都はツタンカーメンの墓で有名な「王家の谷」で、本作品の舞台となった時代のラムセス2世やセティ1世もそこに埋葬されています。

おそらく映画ではこの「王家の谷」をモチーフにハムナプトラを生み出したのでしょう。

偶然かもしれませんが、ハムナプトラという都市は古代インドに実在したようです。

劇中に登場する古代都市がリアル

エジプト学 オシリス神の墓を求めて

本作品は歴史を上手く織り交ぜたファンタジー作品ですが、歴史的に観てもとても面白い作品といえます。

実在した都や街並みを再現しているシーンもあるのです。

古代都市テーベ

劇中で王が殺されてしまう都テーベは、実在するエジプト古代都市で現在のルクソールに遺跡が残っています。

舞台となった紀元前1290年以前に都は他の土地へ移されましたが、セティ1世の時代には再び都として栄えました。

一年のうちの一部の期間は毎年テーベに住んでいた

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/テーベ歴史

劇中のセティ1世も毎年決まった時期にテーベに住んでいたのでしょう。

そこでイムホテップに殺害されてしまうのです。

二つの世界遺産

劇中の冒頭部分には世界遺産に指定された遺跡が再現されています。

ひとつ目は上記でも記述した「古代都市テーベとその墓地遺跡」で、カルナック神殿やルクソール神殿など貴重な遺跡が残されています。

そしてもうひとつは、ピラミッドで有名な「メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」です。

両者とも古代エジプトを代表する遺跡で、当時の在りし日を再現しているシーンは歴史好きにはたまらないものとなっています。

実在する人物も登場

グレートコースターラウンド(2セット) - エジプトセティ1世寺院EgyptianDrink光沢コースター/任意のテーブルタイプ#21490のための卓上保護

劇中に登場するのは実在する古代都市ばかりではありません。

実際に名前の残っている人物や、モデルとなった人物を紐解いていきましょう。

セティ1世

イムホテップに殺害されたセティ1世は実在の人物です。

歴史上では紀元前1294年から在位しており、映画に合わせると在位から4年後に殺されたことになります。

実際は芸術にたけた偉大な王として15年間王の務めを果たした人物です。

女神バステト像の目の前で殺害されていますが、バステトは恋の女神として有名で太陽神ラーの目という意味も持っています。

殺害された場所を深く考察すると、なかなか奥深いものがあるようです。

イムホテップ=イムホテプ?

イムホテップは架空の人物になりますが、モデルになったであろうイムホテプという人物が存在します。

建築家としてのみならず、内科医としても優れ、死後には「知恵、医術と魔法の神」として神格化

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/イムホテプ

実際の彼は高級神官で、神格化されるほどの知的な人物だったようです。

彼は紀元前2700年頃に誕生しているので、劇中で舞台となった時代よりはるか昔の人物でした。

しかし名前や役職などを見ると、おそらく彼がモデルとなっているはずです。

アナクスナムンはアンケセンアメンがモデル

イムホテップの愛した女性アナクスナムンは、ツタンカーメンの王妃アンケセンアメンがモデルだといわれています。

モデルとなったアンケセンアメンはツタンカーメンの死後、元神官のアイの妻になっています。

愛に翻弄された人物として、エジプト考古学史上最も有名な女性といっても過言ではありません。

劇中のスカラベは創作

緑青真鍮 エジプトのスカラベモチーフ カフブレスレット - カーネリアン、ネイビーオニキス、ターコイズ

劇中でホムダイに使用されたスカラベは、実在しない生き物です。

スカラベは、甲虫類のコガネムシ科にタマオシコガネ属の属名及びその語源となった古代エジプト語

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/スカラべ

劇中では狂暴な肉食とされていますが、実際のスカラベにはそういった種類のものは存在していません。

実際は神聖な甲虫、再生の象徴として装飾品などに使用されています。

リアルな撮影方法

【Amazon.co.jp限定】ハムナプトラ トリロジー スチールブック仕様ブルーレイ [Blu-ray]

『ハムナプトラ』の舞台のほとんどは砂漠のシーンですが、臨場感ある迫力が魅力的です。

撮影はどのように行われたのでしょう。

最新のVFX使用

コンピューターグラフィックスでの合成などを巧みに使用した映画として、当時話題になっています。

いまでこそ当たり前のVFX使用ですが、公開当時はまだまだ浸透していませんでした。

VFXの使用が現実に起きているかのようなリアル感を生んでいたのです。

しかし、スティーブン・ソマーズ監督は更にリアルを求めました。

実際にサハラ砂漠で撮影した

本作品が実際のサハラ砂漠で撮影されたのは有名な話です。

砂漠での連日の撮影は相当きつかったと想像されます。

スタジオセットで撮影していると思われていたシーンも、実際にサハラ砂漠で撮影されていたのです。

飲み水や毒虫に苦労しながらの撮影だったようで、その過酷な経験が映画のなかに隠し味となって現れているのではないでしょうか。

苦労を重ねた撮影秘話


ハムナプトラ トリロジー DVD‐BOX (初回生産限定)

本作が出来上がるまでは様々な苦労があり、それは過酷な撮影だけではありませんでした。

降板続きの制作

『ハムナプトラ』は、企画されてからの人材探しに一番苦労したようです。

脚本家や監督の降板が続き、リック・オコーネル役もなかなか決まりませんでした。

ブレンダン・フレイザーに決まるまでに、ブラッド・ピットやトム・クルーズの名もあがっていたのです。

しかし様々な俳優から出演NGが出てしまいます。

本作はリメイク版ということもあり、元となる「ミイラ再生」や「ミイラの幽霊」のホラー色が強かったからでしょうか。

シリーズのリブートとなる作品でもレン・ワイズマン監督やアンディ・ムスキエティ監督が降板するなど、このシリーズは降板の相次ぐ作品といえそうです。

絞首刑のシーンで本当に呼吸が止まった

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 [Blu-ray]

劇中で絞首刑にされるところを助け出されるシーンがありました。

実はブレンダン・フレイザー演じるリック・オコーネルは、撮影中に心肺停止になっています。

適切な処置で命を取り留めていますが、危うく命を落としそうになったシーンです。

サハラ砂漠での撮影にしても、本当に命がけの撮影を繰り返していたのでしょう。

彼らの妥協しない姿勢が、大ヒット映画を生み出しました。

ちなみに映画公開の翌日には次作作成の依頼が来ており、公開直後に大ヒットを予感させる作品だったようです。

妥協なしの考古学映画は歴史に残る名作

ハムナプトラ/失われた砂漠の都[Import]<2枚組>

『ハムナプトラ』は、過酷な砂漠での撮影を乗り越え、リアルなエジプトを再現しています。

ホラー映画がベースですが、アクションやロマンス色が強く幅広い年代で楽しむことが出来るのではないでしょうか。

史実と比較しながら楽しむと、また違った側面が見えてくるはずです。