注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【世界一キライなあなたに(ネタバレ)】幸せの意味を考察!結局は愛かお金か?リアルさを感じる理由やルーのその後にも迫る

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B01ND1EKUA/?tag=cinema-notes-22

本作で長編映画の監督デビューをした「シーア・シェアイック」と原作者「ジョジョ・モイーズ」が脚本として参加したアメリカ・イギリスの合作映画。

2016年、世界中で最もヒットしたラブストーリーが「世界一キライなあなたに」です。

障がい者の安楽死という非常にディープな内容を扱い、深い感動を与えましたが、ディープな内容ゆえに賛否両論も巻き起こしました。

作品を観て、本当の幸せとは何か?幸せを感じるためには愛とお金のどちらが必要なのか、など考えさせられた人も多いのではないでしょうか。

本記事では、そんな話題作についてネタバレを含みつつストーリーから読み取れる“幸せの意味”について考察していきます。

愛があれば幸せ?

愛とお金

さて、まず最初に問いたいのは“愛”とは何か、ということについてです。

世の中、男女間トラブルのニュースで溢れていて、あの人とこの人が不倫をしたと毎日ワイドショーをにぎわせています。

愛はもろ刃の剣です。大きすぎる愛は自分も相手も傷つける可能性があります。

愛があれば本当に幸せなのでしょうか?

お金があれば幸せ?

お金の愛白い背景上に分離されて、心臓の形で 1 つのドル札

では次に、お金とは何でしょうか?

幸せの国と呼ばれる「ブータン」という王国があります。ヒマラヤ山脈の南に位置し、面積は九州と同じくらいの小国です。

なんとこの国の国民は97%の人が自分は幸せであると答えています。1人あたりのGDPは、遥かに日本の方が高いのに、です。

お金とは何でしょう?お金があれば本当に幸せなのでしょうか?

2人にとっての幸せとは?

 Me Before You (Original Motion Picture Score)

「ウィル」に生きていて欲しいと願う「ルー」と、障害を持った自分を受け入れられず安楽死を選びたい「ウィル」の2人。

愛し合っているのに「ウィル」は死という選択を変えようとしないのはなぜでしょうか。

現代の「ロミオとジュリエット」といってもいい悲劇ですね。

ここでは「ルー」と「ウィル」の観点から幸せについて考察してみましょう。

「ルー」の幸せとは

ハート背景の画像

「ルー」は「ウィル」に生きて欲しかったはずです。

愛する人の死を受け入れたくない、ましてやそれが安楽死という形であればなおのことでしょう。

しかし「ウィル」の選択を無理やり変えることが果たして「ウィル」のためにといえるでしょうか。

それは「ウィル」の尊厳を無視する行為でもあるのです。

物語終盤で「ルー」の父親にこのようなセリフがありました。

人を変えることはできない

引用元:世界一キライなあなたに/配給会社:ワーナー・ブラザース

貧困の家庭のため自分を犠牲にする「ルー」と自分の人生を受け入れられない「ウィル」は立場が違えど、境遇が似ている2人です。

そんな2人だからこそ「ルー」は、最初は戸惑いながらも「ウィル」の気持ちを認めたのではないのでしょうか。

彼の尊厳を守ること、それが「ウィル」の幸せであり、「ウィル」が幸せであることが「ルー」自身の幸せでもあったのだと考えられます。

「ウィル」の幸せとは

雲の階段

「ウィル」の幸せは物語序盤では、四肢麻痺やそれに伴う合併症などの障害の苦痛、以前の自分とはかけ離れた現状から逃れる為の安楽死でした。