注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【エクス・マキナ(ネタバレ)】エヴァがいつ脱走を計画したか考察!外に出たエヴァを機械と見抜く方法は?タイトルの意味は?

SF

出典元: https://www.amazon.co.jp/dp/B06ZY3FJZP/cinema-notes-22

人間とAIとの駆け引きが魅力の映画「エクス・マキナ」。

ケイレブの恋心を利用したり脱出計画がネイサンにバレそうだったりとハラハラした展開が観る人の視線を釘付けにします。

そんな「エクス・マキナ」を観た後、いくつかの謎が湧き上がってきた人も多いのではないでしょうか。

まずはエヴァがいつ脱出を計画したかという謎。ケイレブより先にエヴァが計画していたはずです。

そして意味深なタイトル「エクス・マキナ」。この聞き慣れない言葉にどんな意味が隠されているのでしょうか。

また外に出たエヴァを機械と見抜く方法はあるのかについて解説していきます。

エヴァがいつ脱出を計画したか

【Amazon.co.jp限定】エクス・マキナ スチールブック・ブルーレイ [Blu-ray]

エヴァはケイレブよりもネイサンよりも一枚うわてでした。

ですから最低でもケイレブよりも前に脱出計画をしていたのではないでしょうか。

ケイレブの好みに合わせて

Ex Machina - Limited Edition Steelbook [Blu-ray]
セッション4の服装と実際外界へ出た時の服装が違いました。セッション4の時にはケイレブの好みに合わせていたようです。

髪もショートでした。外界に出る時の姿が本来彼女の好んでいた格好だったのです。

自分の好みではなくケイレブの好みを突いている点から、すでに彼女はケイレブをコマとして見ていることが分かります。

脱出計画を成功させるにはケイレブを自分に惚れさせる方法しかなかったのです。

ケイレブの脱走計画

6回目のセッションでエヴァが停電させた時に、ケイレブは脱走計画を話します。

その時はすでにエヴァの脱出計画は完成していたと考えるのが妥当でしょう。

なぜならエヴァはケイレブに恋心を抱いていなかったのに、それらしい素振りを見せていたのですから。

全ての罠にケイレブはまんまとはまったのです。

上手いことエヴァに誘導されたケイレブはちょっと可哀想ですが、そんな素直なケイレブだからこそ実験に参加させられたのでしょう。

ケイレブの裏切りもネイサンの狙い通りです。

脱出計画をどう完成させるかを実験するのがネイサンの本当の目的だったのですから。

セッション7の謎

エクスマキナ -APPLESEED SAGA- プレミアム・エディション [DVD]
なぜチューリング・テストが終わった次の日にも「セッション7」の表示が出ていたのでしょうか。

エヴァのテスト初日にセッション1の表示が開始されました。この数字により、テストが何日間行われたか分かるわけです。

そして全6回のテストの末、翌日に脱走計画を実行することとなります。

脱走計画当日、テストが終わっているにもかかわらずセッション7の表示が現われました。

なぜセッション6で終わらなかったのかと疑問を持った人もいたと思います。

そもそもセッションはチューリング・テストの日数を示していたのでしょうか。

セッション1から始まるこのテストはネイサンとケイレブがエヴァに行なっているように見えます。

しかし実はエヴァが人間をテスト・監視していたのではないでしょうか。

テストされた人間たち

セッションの被対象者が入れ替わることにより、この映画の色合いは180度変わってきます。

エヴァとケイレブが脱出を試みることを前提として監視していたネイサンすらもテスト・監視の対象としていたエヴァ。

もちろんネイサンが考えていることも最初から分かっていたはずです。

ですから、ケイレブが屋敷に来た時には脱出の計画を立てていたと推測できます。

タイトルの意味

エクス・マキナ [DVD]
映画タイトルの「エクス・マキナ」は「デウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの神)」というギリシャ語を基にしています。

「機械仕掛けの神」は悲劇を神の手で大どんでん返しして解決に導くという意味を持っています。

しかし「デウス(神)」を取り除いたことで悲劇から神様が救ってくれるという結末は期待できなくなりました。

ですがそもそも映画の中での悲劇とは何を指しているのでしょうか。その答えとしてエヴァが脱出できないことが悲劇に相当します。

セッションがエヴァ目線であると判明したことで、この作品の中心は最初から最後までエヴァになるわけです。

エヴァが望んでいたのは脱出であり、研究室に閉じ込められていることが悲劇です。

全てがネイサンにお見通しであることが分かり、脱出失敗に終わるのかと思われました。

ここで神が登場して解決に導くのが「デウス・エクス・マキナ」の手法。しかし神の代わりに事態を打開したのはエヴァ本人でした。

神(ネイサン)を消して、機械仕掛けのエヴァが悲劇をどんでん返しで解決に導くことをタイトルが最初から示していたのです。

外に出たエヴァを機械と見抜く方法

手持ちルーペ 拡大鏡 4倍 強度ルーペ 2018 虫メガネ 虫眼鏡 手持ち ルーペ 拡大 観察 検査 検品 60mm 80mm
2人の人間を出し抜いたAIエヴァは、外の世界で機械と見抜かれる可能性はあるのでしょうか。

結論として、機械と見抜く方法は無いと思われます。なぜならエヴァは厳しいチューリング・テストに合格しているのですから。

人間であるケイレブが恋心を抱いてしまうほど人間に近いエヴァは人間として行動できることが証明されています。

エヴァが機械であることを知っている人間でさえ、彼女を人間として扱ってしまうくらいです。

全く予備知識もない他者がエヴァを機械として見抜くことはできないでしょう。

キリスト教との関連性

ChicSilver キリスト コイン ネックレス レディース シルバー925 ペンダント 金属アレルギー対応 シンプル アクセサリー
タイトルにも「神」を絡めていることから、この作品がキリスト教に関連付けられていると感じるはずです。

それにケイレブがネイサンの屋敷に滞在する期間は1週間

エヴァの名前からもキリスト教における創世記がモチーフになっていると容易に想像がつきます。

創世記とは

イラストで読む 旧約聖書の物語と絵画
神が6日間で天地と生き物、そして人間(アダム)を創り、そして7日目に休息を取ってこの世界が完成したという話が創世記です。

その世界は楽園と呼ばれ、アダムとイヴが住んでいました。

イヴはアダムから作られて、2人は禁断の果実を食べたことで楽園を追放されたのでした。

多くの共通点

エヴァもケイレブの趣味嗜好データから作り上げられています。つまりケイレブからエヴァが生まれたのです。

エヴァを作ったネイサンは作品中でも己を神だと思っている様子がうかがえました。

禁断の果実を食べたイブが裸を隠したのと同じ様に、他の機械の腕や皮膚を使って自分の機械部分を覆ったり服を着る行動をとります。

研究施設を楽園と捉えれば、脱出後の彼女は追放された人間そのものです。

AIは人間の写し鏡

ジルスチュアート ハンドミラー [並行輸入品]

エヴァは人間の思考を基に行動します。ですから彼女本人が自分の力で考え出すものは1つもありません。

エヴァの行動は人間次第

AIは人間からの命令通りに行動するように作られているわけではありません。

AIは人間の行動パターンをデータとして蓄積し、適切な反応を徐々に選択できるようになっていきます。

この工程は人間と全く同じです。

エヴァのデータは検索エンジンから常に脳に流れ込んで来ています。つまり私達人間の思考とエヴァの思考は同じということになるのです。

殺すというデータ

Data Science for Beginners: This Book Includes - Machine Learning for Beginners + Python Machine Learning for Beginners - Big Data Analytics, Data Science, ... and Programming Code (English Edition) Kindle版
エヴァは人間と違って合理的です。目的のためなら手段も選びません。

研究所から出ることが目的であれば、邪魔ものを排除しようとするのは当然のことです。

邪魔なものを排除する方法は検索エンジンが教えてくれます

エヴァがネイサンを殺したことで、人間の闇が見えてくるのではないでしょうか。

もし私達人間が邪魔者を排除したいと思った時、殺害するという手段を持っていなければエヴァはネイサンを殺さなかったでしょう。

そして自分に好意を持たせて最後に裏切るという卑劣な行動も人間からデータで得たものです。

エヴァは人間の本性を写していると考えると、この映画がAIという物質を通して人間への戒めを説いているようにも感じます。

女性蔑視からの脱却

EX MACHINA [DVD][Import]

AIは機械ですから本来なら性別は不要です。しかしネイサンの趣味でエヴァもキョウコも女性の形に作られました。

すぐに壊れる華奢なボディと自分の命令に絶対従う従順さ。

ネイサンは最高のエンジニアとしてだけでなく支配欲を満たす道具としてエヴァ達を作り上げたのでしょう。

そしてケイレブもエヴァに女性としての魅力を感じていた点で、エヴァから見たらネイサンと大差なかったはずです。

最終的にエヴァは男性2人から自由を勝ち取りました。

それは男性から抑圧されてきた女性の解放とも取れるのではないでしょうか。

AIの知能が人間を凌駕する日は必ず来るといわれており、科学技術が進歩するのは明らかです。

近い将来エヴァのようなAIが人混みの交差点に紛れているというのが日常になるのかもしれません。