注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【バーレスク】プロも認めるダンスシーンの凄さと難易度を徹底解説!クオリティーが評価される理由とは?アレンジ楽曲も紹介!

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B00I3YIV88/cinema-notes-22

2010年公開の『バーレスク』はクオリティが高い作品として、世界中を魅了しました。

映画の与えた影響は大きくバーレスクを真似た店も、あちこちでオープンしたのです。

そんなバーレスクのダンスシーンの凄さをじっくりと解説していきます。

なぜこの映画はこんなにもクオリティーが評価されるのでしょう。

ダンサーが認める難易度の高さ

バーレスク

プロのダンサーがバックを固めるこの映画は、ダンスシーンが圧巻でダンサーならずとも踊りたくなってしまいます。

クリスティーナ・アギレラが得意なヒップホップジャスをメインとし、大迫力のショーが繰り広げられています。

ポールダンス「I’m a Good Girl」

[ピースランド] シンデレラ オシャレ ラメ キラキラ パンプス ポインテッド トゥ パーティ 美脚 レディース

階段を利用し、ダンサーたちが一糸乱れず踊ります。

振り自体を観るとダンサーのターン数は少なく、技術的な技系は少なめです。

ショーダンスを意識した振り付けとなっていますが、難易度は高くなっています。

おそらくプロダンサーなら誰しも十分に踊れるレベルのショーですが、彼女たちはピンヒールを履いています。

国内では先の広がったダンス用のヒールが主流で、10センチを超えるヒールはなかなか使用しないのが常です。

しかし劇中でクリスティーナ・アギレラはじめ女性ダンサーが履いているのは、まぎれもないピンヒールのようです。

美しさを追求したのでしょう、ピンヒールは技術の高いダンサーのみが踊ることが出来るシューズなのです。

チェアダンス「Express」

女性の踊りでは、よくチェアダンスが取り入れられます。

チェアダンスで使用する椅子は、軽く華奢というのが常識で、華奢な作りこそセクシーさを生むのです。

その為、ダンスの上級者でも扱いはとても難しくバランスを崩すと椅子ごと滑って倒れてしまいます。

体の軸が何よりも大切で、ダンサーは全くブレない踊りが要求されます。

少しのズレが悪目立ちしやすいので、チェアダンスは普通に踊るよりも揃えるのがとても難しいという特徴をもっています。

測ったように揃った角度はまさに圧巻といっていいでしょう。

更にダンサーたちは身体能力も高く、軽い椅子の上でアクロバティックな動きを披露していました。

クリスティーナ・アギレラが椅子を蹴って、後ろに滑らせるシーンがありましたが、その技も簡単そうで意外とコツのいる技です。

階段使用の「Show Me How You Burlesque」

よく観ると少し幅のある階段を使用していますが、段差を気にせずにピンヒールでおどるのは難易度が高いです。

電飾の階段は華やかな分、実際に立つと目がくらみ段差が見えにくくなるのです。

そんな中段差を感じさせずに颯爽と踊るダンサーたちには脱帽のシーンです。

男性ダンサーにも注目

主演のクリスティーナ・アギレラ、そして女性ダンサーに目がいきがちです。

しかし何度か観る人は男性ダンサーにも注目することをおすすめします。

ポールでこいのぼり

男性ダンサーはストリート系のアクロバットも多くこなしています。

上記画像のシーンではポールを使用し「こいのぼり」の技も披露していました。

「こいのぼり」は腕だけで体を支え、ポールに垂直になる技です。

簡単そうに感じますが、実は相当の筋肉を必要とし筋トレ好きの人の間では憧れのポーズともいわれています。

アクロバットリフト

ポスタ- アクリルフォトスタンド入り A4 パターンB バーレスク 光沢プリント

見逃しがちですが、ショーシーンでは男性ダンサーと女性ダンサーが組んでアクロバットリフトもおこなっています。

アクロバット的な前方宙返りにリフトを組み合わせていたり、大技をあちこちで披露しているのです。

これは男性の技術に加え、女性が体を板のように固くロックし反発させる技術が必要になります。

クリスティーナ・アギレラのダンス力が高い

ポスタ- A4 パターンA バーレスク 光沢プリント

本作はクリスティーナ・アギレラにとって初の主演映画です。

彼女の演技力も高評価を受けていましたが、やはりプロダンサーに引けを取らないダンスが注目されています。

バットマンが綺麗に上がる

バットマンとは、ダンスの用語で足を高く上げる技のことです。

劇中でクリスティーナ・アギレラはとてもきれいにバットマンを決めていました。

私はシンガーですので、そういったプロのダンサーの方々と並んで、同じように踊らなければならなったので、大変でした

引用:バーレスク来日記者会見

彼女は同記者会見で、足にマメができボロボロだったことを明かしています。

クオリティの高い作品の裏には、彼女たちの努力が隠れていました。

クオリティーが評価される理由

大きな写真「バーレスク」クリスティーナ・アギレラ Burlesque Movie Images

本作品は、多くのメディアに絶賛されるものとなっています。

クオリティが高いといわれている理由を考察していきましょう。

歌声が素晴らしい

何といってもクリスティーナ・アギレラの歌声が素晴らしいです。

小柄な彼女ですが、観客を引き付ける豪快な歌声はまさに本作品の見所といえます。

そしてテス役のシェールは大御所歌姫の存在を強く印象付けました。

この二人の歌を聴くために映画を観たという人も少なくありません。

更に不穏なバーレスクの未来や、恋などのストーリー性も充実していました。

圧巻のエンターテインメント

上記でも記述してきましたが、ショーのレベルはかなり高いです。

歌声に負けない迫力のショーがクオリティを大きく底上げしています。

映画の中に極上のエンターテインメントショーがプラスされていました。

日本人にはなかなか出せない華やかさ

クオリティ―の高さは、ダンスや歌の実力だけではありません。

出演者全員の華やかさ、ダンサーひとりひとりが放つ豪華さが素晴らしいのです。

残念ながら小柄で華奢な日本人にはなかなか出せない華やかさではないでしょうか。

ラスベガスやブロードウェイのショーを見ているような華やかなクオリティの高さも感じます。

注目の楽曲

 You Haven't Seen the Last of Me

劇中では様々な名曲が使用されていました。

主演クリスティーナ・アギレラの曲は勿論のこと他アーティストの曲をアレンジして使用しています。

クリスティーナ・アギレラの曲

クリスティーナ アギレラ 壁飾り ポスター 現代壁の絵 アートパネル インテリア 部屋飾り バー アートフレーム 家の壁の装飾画

劇中には主演クリスティーナ・アギレラ自身の曲が多数使用されています。

  • オープニングの「Something’s Got a Hold On Me」
  • ショーシーンの「I’m a Good Girl」
  • ショーシーンの「Guy What Takes His Time」
  • ショーシーンの「Express」
  • アリのソロ曲「Bound To You」
  • エンディングの「Show me how you Burlesque」

「Something’s Got a Hold On Me」は1960年リリースのエタ・ジェイムスの歌をクリスティーナ・アギレラがカバーした曲です。

名曲は時代を経て、多くのアーティストによって歌い繋がれていくのですね。

劇中で惜しみなく披露されるクリスティーナ・アギレラの名曲に映画を観て曲を購入する人が多いのも納得です。

シェールの曲

本作では控えめな登場となっていましたが、伝説の歌暇シェールは圧巻の歌声を披露していました。

彼女の歌も劇中に使用されています。

  • アリがバーレスクに来た時の「Welcome to Burlesque」
  • テスの歌「You Haven’t Seen The Last Of Me」

その他のアーティストの曲

クリスティーナ・アギレラやシェールの曲以外も、沢山の曲を使用しています。

まるでミュージックビデオを観てるかのような、贅沢さを感じたのではないでしょうか。

  • Marilyn Monroeの「Diamonds are a girl’s best friend」
  • Elmer Bernsteinの「Wagon Wheel Watusi」
  • Madonnaの「Ray Of Light」
  • Etta Jamesの「Tough Lover」
  • Neon Treesの「Animal」
  • Alphavilleの「Forever Young」
  • Donna Summerの「Hot Stuf」
  • Bostonの「More than A Feeling」
劇中で使用された曲に関してはオリジナルのサウンドトラックが発売されています。

2人の歌姫が共演するハイクオリティ作品

バーレスク [AmazonDVDコレクション]

歌と踊りのクオリティを徹底的に高めた『バーレスク』は世界中に影響を与えた名作です。

展開するストーリーに寄り添うよな豪華なショーが印象的でした。

何度観ても飽きない程のクオリティの高さで、購入して観返す人も多いようです。

本作は女性に元気を与える映画としておすすめしたい作品でもあります。