注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【きみに読む物語(ネタバレ)】ラストシーンの意味を徹底考察!ストーリーは実話だった?感動をよぶ理由や名言の真の意味も紹介

2004年に制作され、未だに人気の衰えない恋愛映画の金字塔『きみに読む物語』。

ニコラス・スパークスの小説『The Notebook』を原作として2004年に制作された映画です。

ニコラスは「愛」や「運命」をテーマにした作品を得意としている作家で、まさに本作はその強みを凝縮したような作品となりました。

映画を愛する方にとっては「ベタ」な展開と評価されがちな今作。

果たしてこれは噂通り実話を基にしたストーリーなのか…。

もしそうなら、映画より映画みたいな実話ということになり、それはそれで驚きです。

ラストシーンに繋がる数々の名言の真意を紐解きながら考察してまいります。

このストーリーは実話?

The Notebook (英語)

何かを創作するとき、人はさまざまなところから着想を得て新たなモノを生み出します。

この映画も、原作者のニコラス・スパークスの配偶者の祖父母の実話に基づいて創作されたそうです。

どの部分が創作で、どの部分が実話なのか、映画に魅了された一人として気になるところですが、ほとんどは実話とのこと。

時代性はあるものの、ここまで相手を思い続けることのできる人生は幸せだったのだと思います。

ノアの父親がくれたもの

 ホイットマン詩集―対訳 (岩波文庫―アメリカ詩人選)

経済的に豊かではないノアの父親は、息子に対し多くのものを与えた尊敬に値する人物でした。

それを素直に感謝して受け取ったノアは、人生を良い方向へと動かすきっかけとしています。

詩の朗読の習慣

ノアの父親は南部の肉体労働者ですが、息子の吃音の克服のために詩の朗読をするという習慣を与えました。

経済的には豊かな生活ではないように見えましたが、心や教養は豊かでした。

大金持ちの娘であるアリーが遊びに来ても、嫉妬したりへりくだるわけでもなく、同等の一人の人として接することのできる人物です。

父親が与えた習慣は吃音を直すだけではなく、物語の軸となる「本の読み聞かせ」という術を与えました。

この習慣のおかげでふたたび出会ったアリーに詩の朗読をし、意図的かどうかわかりませんが恋人同士の距離感に戻れたのです。

また、認知症となった妻に対して過去を思い出してもらう手段として本の朗読をしているのも、この習慣があってのこと。

父親の息子に対する愛情が配偶者に対する愛に繋がるというのも、この映画の愛の深さを感じさせる演出になっています。

戦争から帰った息子に夢を与える

 欧米風ポスター -WPA戦争プロパガンダアメリカ人すべての勝利の自由ローン第二次世界大戦の動機 -壁掛け 壁飾り

ノアが戦争から帰ると父親は自宅を売り、ノアの夢であった「ウィンザー農園」を手に入れる提案をしました。

戦争で多くのものを失った息子に対し、戦争を忘れ夢中になれる何かを与えたかったのでしょう。それがウィンザー農園だったのです。

農園は、ノアにとってアリーとの思い出の場所であり、アリーを取り戻したいノアにとっては唯一の希望となったのです。

父親がそれを知っていて息子にプレゼントしたのかどうかはわかりませんが、父親の息子に対する深い愛情に感動せずにはいられません。

ノアがアリーに与えたもの

ターレンス 油絵具木箱セット AN

父親と二人でウィンザー農園を改築し、立派な家を手に入れたノア。

アリーが訪ねてきたときに、彼女のために用意していた部屋を見せます。

ノアは、アリーとした初めてのデートの時に彼女が言っていた言葉を覚えていたのです。

絵よ

私の好きなこと

絵を描くの

普段は考え事で頭が混乱しているけど、筆を持つと、世界が静かになる感じがするの

引用:きみに読む物語/配給会社:ギャガ

ただ、これは画材や部屋という物質的なモノをプレゼントしただけではありません。

その部屋を目にした後にアリーのとった行動は、裸のまま夢中になって風景画を描くことでした。

普通に考えれば、長い時間、裸のまま絵を描くことは不自然です。

では何を伝えようと、そのような演出となったのでしょうか。

それは、婚約者と話した時の台詞から推察できます。

ノアといる自分と、あなたといる自分が全く別人みたいな感じなの

引用:きみに読む物語/配給会社:ギャガ

婚約者と一緒にいる時は両親や周りから望まれているアリーの姿であり、ノアといる時は自分の気持ちに正直な姿なのです。

つまり、絵を裸で描いているカットは、ノアと一緒にいる時こそが「素の自分」であるということを表現するための演出なのです。

アリーがノアに与えたもの

サインペン セット Womdee おしゃれメタルペン 高品質西洋万年筆 インク付き フェザーペン 書道 署名ペン 古典的文房具 新年お祝い クリスマスギフト

映画終盤でノアが持つ本には手書きの署名があることが確認できます。

そこには、以下のように書かれていました。

愛の物語 アリー・カルフーン著

最愛のノアへ

これを読んでくれたら、私はあなたの元へ

引用:きみに読む物語/配給会社:ギャガ

映画では描かれていない部分ですが、認知症になったアリーは自分の大切な思い出を文章にして残しました

そして、ノアに読み聞かせてもらうことで思い出せるように試みたのです。

ノアは何度も自分のもとを去るアリーを待ち続ける生涯でした。

でもそれは不幸なことではなく、彼にとっては辛くもあるが幸せなことだったのではないでしょうか。

なぜ、こうも感動するのか

きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]

2004年に制作された映画が時代を超えて、多くの人を感動させるのはなぜか。

その要因を考察していきましょう。

限りなく一途

ノアもアリーも失意の後、しばらくはパートナーをつくらず一人で過ごしているものの、心の隙間を埋めようと他の誰かを求めます。

しかし、その他の誰かでは、もっとも深く求めあった時の愛情に届くものではないことを感じてしまっています。

「初恋は忘れられないもの」と言いますが、初恋が成就して燃え上がったのでは、それを超えるのは難しいのでしょう。

理想の愛情

上述した「限りなく一途」というのは「理想の愛情」の条件の一つではないでしょうか。

認知症になった妻に愛し合っていた事実を思い出してもらおうと、友達として物語を読み続ける夫の姿は感動を誘います。

読み聞かせをしていると、以下のようなやり取りがあります。

いいお話だわ

気に入った?

前に聞いた気が…

ああ

しかも何度も

引用:きみに読む物語/配給会社:ギャガ

ここから、これまでにも何度も「この物語を読み聞かせをしては忘れる」ということを繰り返していることがわかります。

ノアは生涯を通して何度も、アリーが物理的に、または病気によって、自分の元を去る経験をしています。

その喪失感や辛さは計り知れませんが、彼は何度も試練に耐え、アリーを求め続けているのです。

この愛の深さゆえに「理想の愛情」を感じ、感動を覚えるのでしょう。

合理的ではないが、奇跡は起きると信じ切っている

アリーの認知症について、医師が論理的かつ科学的見地に基づいて「認知症は回復しない」と告げると、ノアは諭すように伝えます。

神の力は、科学の限界を超える

引用:きみに読む物語/配給会社:ギャガ

何度もすれ違い、衝突しては乗り越えてきたノアとアリーは、自分たち二人はこれまでのように奇跡を起こせると信じているのです。

二人の愛情の深さこそが、奇跡を信じる力の源泉になっているんですね。

名言の真の意味

みんなの映画100選 (日本語)

「きみに読む物語」の中には心を打つ名言がいくつもあります。

その名言の真の意味についても考察していきたいと思います。

心をえぐるプロポーズの言葉

婚約者の元へ帰ろうとするアリーに対し、ノアが思いのたけを伝えるシーンでの名言です。

うまくやるのは難しい

努力が必要だ

でも俺は努力したい

ずっと君が欲しいから

一緒にいたいから

お願いだ

将来を思い描いてみて

30年後、40年後、誰と一緒だ?

もしヤツなら行け!

それが君の望みなら俺は耐えていける

無難に選ぶな

引用:きみに読む物語/配給会社:ギャガ

ノアは青年時代から一貫して、自分の思いを大切にしてきました。

アリーに対しても自分の気持ちに正直になることを求めます。

大切な事を決めるときは、相手の気持ちとか、親とか、常識とか、そういうものを考えるのではなく、自分の気持ちに正直になることを。

この時のノアの決意は、死ぬまで揺らぐことのないものでした。

二人が「うまくやる」ために、常に努力をし続けたのです。まさに理想の愛の姿を貫いています。

「きみに読む物語」を一言で表す台詞

美しい風景と音楽で始まる今作において、ノアの台詞から彼の人生観を感じることができます。

私はどこにでもいる、平凡な思想の平凡な男だ

平凡な人生を歩み、名を残すこともなく、じきに忘れ去られる

でも1つだけ、誰にも負けなかったことがある

命懸けで、ある人を愛した

私にはそれで十分だ

引用:きみに読む物語/配給会社:ギャガ

この台詞を証明するための映画であったといっても過言ではありません。

舞台となったのは1940年代のアメリカで、その時代の価値観・社会情勢・テクノロジーだからこそ成立した物語。

現代のテクノロジーは我々に便利さを与えた一方で、繋がっていない時間というものを奪ってしまったのかもしれません。

重層的な伏線

夕日に飛ぶ鳥動物 - #22577 - キャンバス印刷アートポスター 写真 部屋インテリア絵画 ポスター 50cmx33cm

若かりし頃二人が海にデートに行った際の、何気ないシーンの、何気ない台詞です。

前世で私、鳥だったと思う?

何のこと?

“生まれ変わり“よ

あなたも鳥よね?

君が鳥なら

引用:きみに読む物語/配給会社:ギャガ

とってもベタで、とってもクサイ台詞です。

「10代の初恋だし、燃え上がっているし、そういうものだよね。」と過去を思い出して苦笑いをされた方もいるのではないでしょうか。

さて、この台詞ですが、その後二度にわたって伏線の働きをします。

一つ目は、7年越しで再会したアリーとボートで湖に出て、鳥に餌をあげるシーン。

このシーンから、ノアは過去にアリーが「鳥の生まれ変わり」と言っていたことを覚えていて、連れて行ったことが分かります。

それだけ過去の思い出を生きる糧として大切にしてきたのでしょう。

二つ目は、ラストシーンで二人が交わした会話と密接に関わりがあるので、そちらを紹介しながら考察したいと思います。

ラストシーンの意味するもの

The Notebook CD, サウンドトラック, インポート

ラストシーンで心肺停止の状態から戻ったノアとアリーの最後の会話は、言葉数は少なくとも、一言一言から愛を感じるものでした。

あなたは、私たちの愛が奇跡を起こすと思う?

ああ、思うよ。今までだって、戻ってきてくれたろ?

私たち一緒に、死ねるかしら

私たちの愛に不可能はないさ

愛してる

私も愛してるよ

おやすみ

また会おう

引用:きみに読む物語/配給会社:ギャガ

この台詞の後に、一緒のベッドで永久の眠りについた二人。

穏やかな表情で旅立った二人のあとに映し出された映像は、力強く飛び立つ鳥の群れ。

この鳥が飛び立つカットは、愛し合う二人が生まれ変わっても一緒にいることを映像で伝えているのではないでしょうか。

つまり、二人の旅立ちが、若かりし頃にはしゃぎながら交わした言葉をなぞるものになったと考えられます。

ノアとアリーの二人は何度も様々な形で離れ、何度もお互いを求めあう人生を過ごしたのです。

二人の互いを思い合う愛の深さこそが、この映画の衰えない魅力になっているのでしょう。

自分の中の純粋性を確認できる優れた映画に感謝して、筆を置きます。