注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

田村の母親の真相を徹底考察!すでにタイムスリップしていた人とは?矛盾にも迫る

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B000C98CTA/cinema-notes-22

2001年に「劇団ヨーロッパ企画」が舞台で初演し、2005年に映画として公開されたドタバタSFコメディ。

エンディング間際に滑り込むようにして出てきた疑問、未来人田村の母親はいったい誰なのか。

本編の中で、何度も登場人物たちに先んじて待ち構えている「すでにタイムスリップしていた人」は一体何なのか。

「サマータイムマシン・ブルース」にタイムリープものにありがちな矛盾はあるのか…様々な視点から考察してまいります。

伏線を張り巡らせることが前半15分を冗長にしてしまう

サマータイムマシン・ブルース [Blu-ray]

映画が始まって15分間は、この映画の見所といっても良いほどに伏線を張り巡らせています。

DVDに収録されているコメンタリーによると、この15分をいかに観てもらうかが興行のカギになると考えていたようです。

たとえば、タイムマシンに乗って過去に戻ってきた演者が、窓から覗いていたり、見切れていたりという部分。

ここを前情報なしに映画を観ると「編集の粗さ」や「冗長さ」を感じてしまいがちだからです。

そんな心配をよそに、冒頭の15分こそが何度も何度も観返したくさせる魅力にもなっているのですから不思議です。

すでにタイムスリップしていた人の存在

曲がれ!スプーン (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション) 単行本(ソフトカバー)

劇中では、升毅さんが何度もさまざまなシチュエーションで画面に映りこんできます。

初めて映画を観た時には、「あれ?前にも別の格好で出てたけど、流れ的にもおかしくないか?」と矛盾を感じます。

しかしこれは、この映画の仕掛けだったのです。

升毅さんを追いかけろ!

本作の楽しみ方の一つに、升毅さんの出演シーンを追いかけるというものを提案したいと思います。

実は升毅さんは、この映画において「神様」という役どころ。

「タイムスリップをして、過去を変えてしまうと未来が変わってしまう」というのは、同様の作品では定番の設定です。

この映画において、そんな過去の変化がアウトかセーフかの判断をする役割をしているのが升毅さん演じる「神様」です。

その登場回数は、実に13回。

神様は13回もこっそりと登場しながら、SF研の行動を見張っていたのです。

その行動を神様は見ている

タイムマシンって実現できる?: 理系脳をきたえる! はじめての相対性理論と量子論 (子供の科学★ミライサイエンス)

神様はSF研のメンバーが過去を変えてしまうかもしれないというターニングポイントに出てきているようです。

神様の動向を、タイムマシンと出会う前・出会ったあとで分けて確認してみましょう。

タイムマシンに出会う前

SF研のメンバーがタイムマシンに出会う前の神様は、どのような場面で登場していたのでしょうか。

まず最初にネタばらしをしてしまうと、タイムマシンに出会う前に6回も登場しています。

神様は、測量士の姿・お遍路さんの姿・薬局に貼られたポスター・大学の守衛さんとして、登場しています。

実際の登場シーンが気になる方は、ぜひ再度映画を観て確認してみてください。

時には、インサートされている風景カットで夏の暑さを伝える演出の1コマとしても登場しています。

こういう何気ないインサート映像でも小ネタを挟んでくるあたり、本広克行監督の実力とお茶目さを感じさせられます。

タイムマシンを使って時間に変化が生じ始めてからの神様

舞台パンフレット deep blu ディープ・ブルー 1994年 MOTHER#5 公演 脚本・演出:G2 出演:升毅 牧野エミ 関秀人 桂九雀

まずこちらも最初にネタばらしをしてしまうと、神様はタイムマシンを見つけてからは7回登場しています。

今回の神様もさまざまな姿で登場しています。

こちらも気になる方は、ぜひ映画で確認してみてください。

神様が大目に見たり、辻褄を合わせたシーン

全てがすべて、SF研のメンバーで解決できたわけではありません。

「これってどうなの?」というグレーゾーンに関しては、神様が大目に見たり辻褄を合わせていました。

神様はSF研がタイムマシンを見つけてからは、常に彼らの行動を見守り、時の流れに歪みが生じない様にしています。

例えば、新見が昨日の自分からシャンプーを盗んだシーンでは、後ろからお遍路さん姿で「セーフ」と手を広げていました。

「過去を変えてはいけない」という設定から考えると矛盾にも思えるシーンではありますが、これは元々あった過去。

つまり過去の出来事は変わってはいないし、神様がセーフといえばセーフなのでしょう。

他にも、曽我が未来人田村の暴走により99年前にタイムスリップした際に、村人に扮する神様もいました。

豪雨の中、沼の近くに誰もいなければ「カッパ伝説」は生まれなかったわけです。

このシーンからは、神様がカッパ伝説の創生と、時間の整合性を保つ仕事を成し遂げたことがわかります。

タイムスリップに関する伏線だけではなく、カッパ伝説の伏線まで回収するとは恐れ入りました。

未来人田村のダサさ

サマータイムマシン・ブルース 2005 舞台版 [DVD]

25年後の未来から来たにしては、未来感の欠片も感じさせない未来人田村

過去に馴染むために、あえて「昔っぽいファッション」をしてきたのかと思いきや、未来人はもれなく全員ダサい。

ストーリー上、25年前のエアコンを使い続けている必要があるので、劇的な変化は表現できなかったのでしょう。

ちなみに、未来のSF研メンバーは元ネタとなった舞台版の演者が多く出演しており、チェックしておきたいところ。

柴田と未来人田村への演出

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)

柴田と未来人田村は違和感のある行動をとっています。

過去の風景を撮影している未来人田村は、柴田にカメラが見えないように柴田の後ろから撮影しているのです。

また、柴田も写真部であるのに他人のカメラに興味を示しません。

未来人田村の持つカメラに全く視線がいかないのは不自然ではないでしょうか。

この不可解な行動から考察すると、演出としてあえてそのように演技をしているものと考えられます。

そのような演出をするには、それなりの意図があるという事で、本編では語られていない秘密がそこにはあるのでしょう。

やはり、柴田は未来人田村の母親という事なのでしょうか。

田村の母親の真相に迫る

田村の母親の真相を考察するために、関連するシーンやセリフを抜き出してみます。

未来人田村の母親は、大学のOG

未来人田村は過去を散策している時に、母親を考察する上で重要な発言を映画館の前でしています。

僕のお母さんが昔よく通ってたらしいんで

僕と同じ大学だったんですよ

引用:サマータイムマシン・ブルース/配給会社:東芝エンタテインメント

このことから、未来人田村の母親は少なくとも同じ大学のOGであることが確定しました。

柴田の台詞

未来人田村を未来に送り返したあとの柴田の台詞。

でも、なんかまた会える気がするんだよね

引用:サマータイムマシン・ブルース/配給会社:東芝エンタテインメント

母親としての直感を匂わせる、意味ありげな発言です。

ハッキリとは触れてこなかった部分に、核心的な台詞を入れ込むことで、一気に展開をつくりだしています。

未来人田村のカメラ

ライカ M-P(Typ240) ブラックペイント ボディ

それ、僕のです

これなくすと、お母さんに怒られちゃうんです

むかし使ってたのをもらったんですよ

引用:サマータイムマシン・ブルース/配給会社:東芝エンタテインメント

カメラを過去に忘れた未来人田村が取りに戻ってきたときの台詞。

そこで未来人田村が使っているカメラが、柴田が使っていたカメラと同じことが分かります。

未来人田村の母親は柴田なのか

いくつかの台詞や物的証拠が、未来人田村と柴田の関係性を繋いでいます。

しかし、別の可能性も考えられます。

たとえば、柴田の使っているカメラを卒業の時に写真部の後輩に譲って、その人が田村姓の男性と結婚するパターン。

可能性を考えだせば、いくらでも「柴田母親説」を打ち消すことは出来ます。

答えを出すだけではなく、こういった可能性をあれこれ考えるのも、映画の醍醐味ですね。

何度だって楽しめる作品

サマータイムマシン・ブルース コレクターズ・エディション [DVD]

本作は視点によって、2度3度どころか、何度でも楽しめる作品に仕上がっています。

学生時代にくだらないこと、何の生産性もないことに夢中になり、無限かと思える時間を浪費する。

この作品は、そんな多くの人が経験したであろう、騒がしく懐かしい時間を追体験できる名作です。