注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【空の青さを知る人よ(ネタバレ)】しんのの存在理由を考察!空の青さを知る人は誰?「ガンダーラ」に込められたメッセージとは

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07YV3ZD15/cinema-notes-22

脚本家の岡田麿里、監督の長井龍雪、キャラクターデザインは田中将賀の3人が結成したチーム「超平和バスターズ」が送る最新作。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」「心が叫びたがってるんだ」に続く、秩父3部作の3作目「空の青さを知る人よ」です。

登場人物は秩父に住む両親を亡くした2人の姉妹、姉のあかねと妹のあおい。

高校卒業時から音信不通で13年振りに帰郷する、かつてあかねのバンド仲間であった慎之介。そして突如現れた18歳の慎之介(しんの)。

この4人の想いや希望が交錯する青春ラブストーリーです。

本編で語られていなかった、あかねや慎之介にとってガンダーラとは何を意味するのか空の青さを知る人は誰なのかを考察していきます。

井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さ(深さ)を知るとは

新明解故事ことわざ辞典 第二版

諺の前半「井の中の蛙大海を知らず」は中国から伝わった「荘子 秋水篇」が由来とされており、後に日本で諺となりました。

ご存知の通り「自分のいる世界が全てだと考えており、違った物の見方があるとも考えず見識が狭い」という意味で使われています。

対して、後半の「されど空の青さを知る」は後から日本で付け加えられた言葉です。

狭い世界でも狭いからこそ見えるものがあるのではないか」「その世界の些細なことまで知っている

前半とは相対してポジティブな解釈となっているのです。題名の意味を改めて理解してみると、より深く物語を理解できることでしょう。

しんのの存在理由とは?

「空の青さを知る人よ」オリジナルサウンドトラック

今作で重要な役割となる「しんの」が現れることにより、物語や登場人物の想いは大きく変化します。

しんのとは何なのか、現れた目的や存在理由消えた理由はなんだったのでしょうか。

しんのとは何か

空の青さを知る人よ ICカードステッカー しんの

慎之介が帰郷するタイミングで現れたしんの。お堂からは出られないという設定となっています。

劇中ではツグが「実態がある」と言っており、幽霊などではないようです。

しんのがお堂から出られるようになったキッカケとして、あかねスペシャルの弦が切れるシーンがありました。

上京するときに置いていったあかねスペシャルと、あかねに対する未練や後悔といった、念のような存在だったのではないでしょうか。

しんのの存在理由とは

しんの・あかね・慎之介の3人が乗る車内での会話シーンで、あかねはこのように話しています。

「今度、ツナマヨのおにぎりでも作ってみようかな。」

引用:空の青さを知る人よ/配給会社:東宝

このあかねのセリフがキッカケで、しんのは消えてしまいました。

このあかねのおにぎりのセリフからは、妹あおいの事を何よりも優先してきた人生ではなく、自分自信の人生を歩もうという意思が感じられます。

それはつまり慎之介と向き合い、共に歩んでいくという決意です。

このことからしんのは、あかねと慎之介を引き合わせるという目的を持ち、目的を達成したことにより、消えたのだといえるでしょう。

しんのがお堂を出られたのは何故か

しんのと慎之介の後悔や地元へ残したあかねへの想い、東京からいつでもあかねを迎えに来られるようにした未練。

あかねスペシャルは、それら全ての象徴といえるのではないでしょうか。

トンネルへペンダントを取りに向かい土砂崩れに巻き込まれたあかねに対し、心配でいてもたってもいられなくなってしまいました。

そのあかねを強く想う気持ちであかねスペシャルの呪縛を解くことができ、お堂を出られたのだと考えられます。

空の青さを知る人物とは?

空の青さを知る人よ ICカードステッカー 相生あかね

あかねの好きな詩の一節、空の青さとは何を指すのか。

そして、今作のタイトルにもなっている空の青さを知る人とは誰のことなのかを考察してみましょう。

諺の「井戸」が指す意味

劇中のあかねとあおいの会話で、秩父のことをこのように表現しています。

「山に囲まれた牢獄のような町だ。」

引用:空の青さを知る人よ/配給会社:東宝

今作のタイトルにもある諺の井戸は秩父を指しているといえるでしょう。

慎之介のデビュー曲に込められたメッセージ

空の青さを知る人よ ICカードステッカー 金室慎之介

あかねの好きな詩は「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る」であり、卒業文集に書かれていました。

そして慎之介のデビュー曲は「空の青さを知る人よ」。

上京し、時間が経ってしまいましたが、慎之介はあかねへの想いを込めて作曲したのではないでしょうか。

空の青さを知る人物とは

前述のことから、空の青さを知る人はあかねであると推測できます。

両親の事故をキッカケに慎之介とともに上京することを諦め、秩父という狭い井戸の中でとどまり一生懸命働くことを選ばざるを得ません。

しかし、親代わりとしてあおいの成長を実感できる幸せを、あかねは知ることができました。

タイトルでもあるこの言葉には、慎之介からあかねへ、そしてあかね本人の大切な気持ちが込められているように感じられます。

空の青さの大切さに気づくあおい

劇中の冒頭では、自分の置かれている状況に対し牢獄とまで表現し、姉のあかねに対しても不満を露わにしこのようなセリフを残していました。

「良い姉すぎてなんとなく嫌だ。」

引用:空の青さを知る人よ/配給会社:東宝

こんなことまで言っていたあおいですが、しんのやあかねと真剣に向き合う中で自分の心の変化に気づきます。

ついには空の青さ(最愛の姉あかねと一緒にいること)の大切さを改めて知ることができました。

ガンダーラに込められたメッセージ

GODIEGO GREAT BEST 1

ガンダーラとは、「どんな夢でも叶う場所」という意味で表現されています。

あかねと慎之介にとってのガンダーラとは、どこを示すのでしょうか。

あかねにとってのガンダーラ

高校時代からガンダーラが好きだったあかね。慎之介とともに目指したどんな夢でも叶う場所、それは東京です。

しかし両親の事故により環境が一変し、ガンダーラへの道は諦めざるを得なくなってしまいます。

慎之介にとってのガンダーラ

あかねとは対照的に、理想郷であるガンダーラへと1人旅立った慎之介。

音楽の道で生活ができているものの、思い描いたような理想は叶えられていません。

あかねと2人でガンダーラへ行くことができず現実の厳しさを知り、慎之介にとっては理想を叶えられなかった幻の場所となってしまいます。

そして13年前もの間、理想と現実のギャップで苦悩し、自分の気持ちに嘘をついてきました。

しかし、故郷に戻り次第に考え方が変わっていきます。

夢が叶うガンダーラは場所ではなく、自分にとって大事な人や物を大切にすることこそが、幸せなことなんだと気づくのでした。

あおいにとってのガンダーラ

作品のテーマが音楽ということもあり、劇中での演奏シーンはこだわりのある演出に仕上がっています。

映画の冒頭であおいがガンダーラを弾く際に、ベースへヘッドフォンのアンプを差し込み演奏するシーン。

そこでの密閉型イヤフォンを使用した瞬間の周囲の音がなくなる音響効果。

イヤフォンを外した時に聞こえてくる周囲の音の演出など、テーマに恥じない素晴らしい演出です。

そのシーンであおいはこのように呟きます。

「ずっと探してる。どんな夢も叶う場所を。」

引用:空の青さを知る人よ/配給会社:東宝

ガンダーラという曲を通じて「巨大な牢獄を脱したい」という強い願望を吐き出しているようにも感じられました。

空がクソ青いと思ったあおいの気持ちとは

空の青さを知る人よ ビジュアルガイド

最愛の姉と慎之介の関係を知っていながらも、しんのに対して恋をしていたあおい。

あかねと慎之介が一緒の道を進むという結果を喜びつつも、自分は失恋してしまいます。

しかし、何があっても直向きに頑張るあかねとずっと一緒にいたあおいだからこそ、自分も頑張ろうと決意した言葉だったのではないでしょうか。

映画では語られなかった「その後」

小説 空の青さを知る人よ (角川文庫)

映画の後のストーリーは小説版で明かされています。あかねと慎之介が結婚することは劇中でも描かれていました。

結婚をした2人ですが、慎之介は東京で仕事をするため、2人別々遠距離で生活をしています。

一方あおいは東京で「ガンダーラ」という名のバンドを組み、凱旋公演を行うため故郷の秩父へ戻るというストーリーです。

小説版ではあおいと慎之介の気持ちを掘り下げているような、2人にフォーカスした内容となっています。

映画を観終わった後でも違った視点で楽しめる内容となっており、映画ファン必読の内容です。