注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ポーラー・エクスプレス】ホーボーの正体を徹底考察!この物語は誰が誰に向けて語っている?サンタが手紙を残した意味とは

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00NIOVIK6/cinema-notes-22

1985年にクリス・ヴァン・オールズバーグ氏によって原作が出版され、日本では1987年に村上春樹氏の翻訳により日本版も出版されています。

原作者から「アニメにして欲しくない」と言われながら、2004年その禁を破りアニメ映画として公開されたのが『ポーラー・エクスプレス』です。

今回は謎の男・ホーボーの正体この物語が誰に向けて作られたのか、そして最後にサンタが手紙を残した意味

そんな本作の「謎」について考察していきます。

キーワードは「メタフィクション」

メタフィクション―自意識のフィクションの理論と実際
ポーラー・エクスプレス全体の物語構造を読み解くキーワードは「メタフィクション」です。

メタフィクションとは「作品の物語構造がフィクションである」と作り手が意図的に受け手に知らせる手法のこと。

主に既存の物語を再構築するのに用いられます。

以下どの辺りがポーラー・エクスプレスのメタフィクションなのかを見ていきましょう。

サンタクロースの存在

全体を通して貫かれているテーマは「サンタクロースは本当に存在するのか?」です。子供の頃、誰しもが一度は疑問に思ったことでしょう。

大半の人が思春期までに「サンタクロースは本来存在しない作り物の存在である」という現実に気付き、大人になっていきます。

しかし、ポーラー・エクスプレスはその疑問に真正面から向き合い、最終的に「サンタクロースは居る!」と肯定しています。

つまり現実にはありえない大嘘を本気で信じる大切さを再確認する物語なのです。

二重構造のメタフィクション

即ち本作はサンタクロースが虚構の存在であることを受け入れる所から始まります。

その上でサンタの神話構造を解体・再構築し現実として真正面から受け入れるという形のメタフィクションなのです。

子供達から失われつつあるもの

一流の想像力 仕事の感性が磨かれる56のヒント (PHP文庫)
主役は子供達ですが、面白いのは「サンタクロースの存在を疑いかけている子供達」であるという点です。

それは即ち子供達が「想像力」を失いかけているということであり、想像力は子供から大人になる過程で徐々に失われていくものです。

大人になるとサンタクロースに対して斜に構えてしまい、大人の常識が邪魔して見えるはずのものが見えなくなってしまいます。

ポーラー・エクスプレスの子供達は正にそんな大人の常識に染まりかけているのです。

大人の解釈で演じられる

そのような複雑さを伴う子供達の演技が可能になったのはひとえに主演トム・ハンクスを初めとする各声優陣の熱演があってのことです。

トム・ハンクスは来日会見で本作の見所を「大人の解釈で子供を演じている」と語り、実際にキャプチャー・スーツを身にまとっての演技もしています。

トム・ハンクスといえば『フォレスト・ガンプ』が有名ですが、アニメ作品では『トイ・ストーリー』シリーズのウッディが有名でしょうか。

大人ながら純粋な少年の心を持った彼が中心だったからこそ主人公をはじめ子供達の演技がリアリティのあるものになっているのです。

パフォーマンスキャプチャー

またポーラー・エクスプレスの演技力を支えているもう一つの要素、それがロバート・ゼメキス監督の持つパフォーマンスキャプチャーです。

パフォーマンスキャプチャーとは現実の人物・物体の動きをデジタル技術でコンピューターに取り込む手法で人間の細かな演技まで再現できます。

かの有名な『アバター』にも用いられており、当時としては非常に画期的な技術でした。

これによって、ポーラー・エクスプレスに乗る子供達の表情にも幅や奥行きが生まれているのです。

サンタクロースを「作り上げる」大人達

クリスマスのものがたり (世界傑作絵本シリーズ)
子供達とは対照的にポーラー・エクスプレスの大人達は「サンタクロースの存在を本気で信じ、作り上げる存在」として描かれています。

主人公の両親にしても劇中で目立つのは子供達に対して「良い子にはサンタクロースがプレゼントをくれる」という嘘を信じ込ませる描写です。

そんな大人達の特徴は子供達が北極へ行く列車の旅でより顕著に現れていました。

いずれもがどこか「子供の心=想像力」を持った大人達として描かれています。

そして、その中でも一際異彩を放つのがホーボーです。

ホーボーの正体

ポーラー・エクスプレスで「神出鬼没」といっても過言ではないホーボーの正体は果たして何者なのか?ここは解釈が様々あります。

ホーボーは幽霊か?

実録-ほんとにあった恐怖の投稿映像-5

ホーボーの正体は様々解釈がありますが、よくいわれるのは「幽霊」です。

確かにここぞという時にしか現れず、主人公と過去の車掌の前でしか現れません。

しかし、ただの幽霊なら他の人物の前に現れてもおかしくないし、もっといたずらをしてもおかしくないでしょう。

ホーボーがヒーロー・ボーイと車掌のみに見えた理由

不可思議なのはホーボーが主人公と車掌の前でしか現れず、しかも全く同じアドバイスをしているという点です。

他の子達の前には現れず、あくまで主人公の本心を探るように、「本当にそうなのか?」を確かめるように内側から声をかけています。

本当にホーボーが幽霊なら、このような形のアドバイスを行ったりしないでしょう。

ホーボーは幽霊というより主人公の内なる声がホーボーに姿形を借りて具現化した存在という一種の心象表現と解釈できるのではないでしょうか。

ホーボーは「自由」の象徴

ホーボー列車に乗って―アメリカ横断浮浪旅-NONFICTION-VINTAGE-
ホーボーは元々19世紀末~20世紀初頭にかけて特定の住居や職業を持たず無賃乗車しながら渡り歩いた放浪者達です。

今でいう所のフリーターやニートに近く、無賃乗車が見つかったら犯罪者のレッテルを貼られます。

そんなホーボーが何故主人公の前に現れたのか?

それはホーボーが「自由」の象徴だからではないでしょうか。

無賃乗車のリスクと戦いながら、常識に縛られることなく新しい道を開拓していく自由の精神。

それは誰しもが子供の頃に持っていた冒険心、どんな危険も厭わない勇猛果敢さ、架空の存在を無邪気に信じる姿と繋がる所があります。

サンタクロースの「虚像」と「現実」

蜷川実花 虚構と現実の間にポーラー・エクスプレスのサンタクロースは「虚構」と「現実」の両方があり、北極の町に着いた主人公達はサンタクロースの現実を目の当たりにします。

行動をモニターで監視し、良い子にはプレゼントを与え悪い子には与えないという話し合いをし、またプレゼントのラップまで行われていました。

これは子供達が本来知ってはいけないサンタクロースの現実です。

子供達はここでサンタクロースが決して綺麗事だけで成り立っているわけではないことを知ります。

大人達が守るべきもの

ここでサンタクロースの存在が「虚構」であること、即ち「メタフィクション」の構造がポーラー・エクスプレスの背骨にあることに気付かされます。

これはとても危険な行為で、描き方を間違えると子供達の夢を壊しかねず、作品自体の娯楽性も損なわれてしまう弊害があるのです。

では、だからといって子供達を白けさせるために作っているのかというとそうではありません。寧ろ逆で子供達の夢を必死に守ろうとしています。

そんなポーラー・エクスプレスの大人達が懸命に守るべきもの、それは何よりもサンタクロースを信じる子供達の「夢」ではないでしょうか。

本作の物語としての意味

信じる心-Konohana-Band
ここから分かるポーラー・エクスプレスの物語の意味は「子供の心を持った大人」が「信じる心を持っている人」に向けて作った物語ということ。

本作ではその信じる心を持っている人が子供という形で描かれていますが、実際は信じる心を持っていれば大人でも子供でも構わないのです。

大事なのはあくまで「信じる心」なのであり、故にこそ車掌がヒーロー・ボーイに贈る言葉が「BELIEVE(信じる)」になるわけです。

サンタクロースが与えた「鈴」

ソリの鈴音<効果音>子供達は最後に正真正銘のサンタクロースと出会い、そこで「鈴の音が聞こえるか?」という最後の試練が訪れます。

この鈴の意味は明確に語られません。

しかし、確かなことはサンタクロースの存在を信じられる者にのみ鈴の音が聞こえるということです。

主人公は最後にサンタクロースを本気で信じたときに初めてその音を聞くことが出来ました。

それは主人公がポーラー・エクスプレスの旅で得た様々な経験・試練によって「信じる心」を取り戻した証ではないでしょうか。

サンタクロースが残した手紙の意味

ポーラー・エクスプレス(吹替版)
サンタクロースはポーラー・エクスプレスを降りた主人公に手紙を残します。以下の内容です。

ソリの席にあった。ポケットの穴は直して

引用:ポーラー・エクスプレス/配給会社:ワーナー・ブラザース

この手紙の意味は何でしょうか?

これまでの流れから考えると「信じる心を失わないで欲しい」というサンタクロースのお告げであるように見えます。

ポケットから鈴が落ちるというのはいつしかサンタクロースを信じる心が失われてしまうのではないか?という暗示と考えられないでしょうか。

人間は現実的な大人の常識を学ぶ内に信じる心がいつの間にか失われていき、記憶から忘れられていきます。それは仕方のないことです。

しかし、だからこそサンタクロースは主人公に「信じる心」だけは忘れないで欲しいという願いをこの手紙に込めたのではないかと。

そのように見ていくと、サンタクロースが一番伝えたいことは「信じる心を大人になっても失わないこと」の大切さである気がします。

だからこそこの『ポーラー・エクスプレス』は子供だけでなく大人からも受け入れられる深い魅力の備わった映画になっているのです。