それこそがこの作品最大の魅力ではないでしょうか。