注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【食べて、祈って、恋をして(ネタバレ)】旅先で見つけた「自分」を考察!3つの国とタイトルの繋がりは?「調和」の真意に迫る

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00FW60XV8/cinema-notes-22

2010年公開の『食べて、祈って、恋をして』は、エリザベス・ギルバートの自叙伝ともいえる小説が元になっています。

ジュリア・ロバーツ演じるリズに癒される、と話題になりました。

本作のタイトルとなった食べる、祈る、恋をするは3つの国に繋がるものなのでしょうか。

また旅先で見つけた「自分」「調和」の真意にも迫っていきます。

「食べて」のイタリア

Eat Pray Love: Lined Notebook Journal - Diary (6 x 9 in)-110 pages

本作はイタリア、インド、バリを旅していくストーリーですが、タイトルと各々の国はどのように繋がっているのでしょうか。

「食べる」ことに徹したイタリア生活

まずはイタリアに、そしてインドに行く、最後はバリよ

引用:食べて、祈って、恋をして/配給会社:コロンビア映画

リズは、上記のセリフ通り初めはイタリアを目指しています。

イタリアでリズが解き放ったものは食欲ではないでしょうか。

アメリカといえば、肥満大国でありながらダイエット大国でもあります。

旅立ちの直前に、ランチは何がいいか聞かれたデリアが下記のように答えるシーンもそれを象徴しています。

サラダかな

引用:食べて、祈って、恋をして/配給会社:コロンビア映画

リズは、無意識のうちに食欲という欲望を押さえて生きてきたのでしょう。

イタリアでは、そんなアメリカの価値観を捨て食欲の赴くまま美食に耽ります。

また「何をもしない」という贅沢は、ニューヨークでは見つけられないことだったでしょう。

イタリアを最初に訪れた理由

厳選イタリア赤ワイン イタリア名家飲み比べ ソムリエ厳選ワインセット 赤ワイン 750ml 5本

アメリカ人には娯楽はあるが「快楽」をわかってない

引用:食べて、祈って、恋をして/配給会社:コロンビア映画

ルカのセリフが、彼女の背中を後押ししています。

リズはイタリア語を勉強し、快楽を知る為にイタリアを旅したのです。

美味しいものを思いっきり食べるということは「快楽」そのものであるともいえます。

全てが迷路に入り込んでしまったリズにとって、イタリアで「快楽」に身をまかせること、たっぷりの栄養で生気を取り戻すことが必要だったのです。

リズが感謝祭でルカの大失敗を笑い飛ばす姿は、彼女の寛容さへの変化を象徴するものでしょう。

「祈って」のインド

ヒンドゥー教の事典

ディビットのグルの施設を目的にインドへ向かったリズですが、インドには「祈り」がありました。

リズが苦しんだ瞑想

アシュラムでのリズは元夫・スティーブンへの罪悪感や、デイヴィッドへの未練に苦しみ瞑想が出来ませんでした。

まさに執着に取りつかれている状態であり、リズが持っていないのは敬虔な気持ち(本当の愛)です。

会得した「祈り」

リズはインドで祈りの真意を学び取っています。

あなたの幸せな結婚を祈っている

引用:食べて、祈って、恋をして/配給会社:コロンビア映画

トゥルシーにかけたこの言葉こそ、祈りの神髄といえるでしょう。