だからこそ、今でも尚永きにわたって愛される名作であるのでしょう。