ラストシーンが意味する日常とは、根底ある平穏な日々への感謝人間関係の大切さが込められているのです。