注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【シングストリート 未来へのうた(ネタバレ)】コナーのテープに秘められた愛を考察!ブレンダンが自作の詞を送った真意とは

ところがラフィーナと失恋しかけた後、コナーはバリーを仲間に引き入れました

いじめっ子を仲間に引き入る行為は、彼がいじめを乗り越え、はるかに成長したことを意味します。

校長への挑戦

コナーの成長がわかるもう一つの出来事が校長への挑戦です。

コナーは校長から暴行ともいえる指導を受け、様々なことを否定されました。

しかし、最後のギグでは校長の顔写真をお面にしたり、校長を挑発する内容の歌を歌います

これは、あくまで権力と戦うという姿勢を感じさせます。

自分の意思を通す強さをコナーが手に入れたことがわかる出来事といえるでしょう。

テープを送ったのは彼女を呼ぶため

シング・ストリート 未来へのうた プレミアム・エディション 初回限定生産 [Blu-ray]
コナーはすっかり変わってしまったラフィーナに、ギグで演奏する予定の曲が入ったテープを送ります。

これは、ラフィーナにギグに来て欲しいという気持ちから出た行動ですが、なぜわざわざテープだったのでしょうか。

直接話したり、手紙だったりしてもいいはずです。

最初のきっかけはテープだった

そもそもコナーがバンドを始めたのはラフィーナの気を引くためでした。

そして、初めて録音したテープを彼女に送ったことで興味を持ってもらえ、二人の関係が始まったのです。

そのことから、コナーは再び自分の音楽を聞かせることで、自分の元へ連れ出そうとしたのではないでしょうか。

ラフィーナの服装の変化

テープを聞くシーンではラフィーナの服装にも注目しておきましょう。

ロンドンから帰った彼女は以前の派手な服装から一転、とても地味な見た目になっています。

まるでどこにでもいる普通の女の子のような彼女の姿。これは、夢をあきらめたことの象徴でもあるのでしょう。

しかし、コナーの曲を聴いた彼女は再び派手な格好に戻り、ギグに向かいました。

テープの効果で、コナーの気持ちが彼女に通じたといえるでしょう。

無理にバラードを歌ったのはラフィーナのため

シング・ストリート 未来へのうた スタンダード・エディション [Blu-ray]
コナーは学校で行われるギグでバラードを演奏します

しかし、ギグは本来ノリのいい曲で盛り上がるイベントです。

なぜ、コナーはわざわざバラードを演奏したのでしょうか。

エイモンは理解していた

コナーがバラードを演奏しようとすると、他のメンバーは反対しました。もちろんエイモンもです。

しかし、彼はバラードを演奏することは

勇気が要る

引用:シングストリート 未来へのうた/配給会社:ギャガ

と言いながらも直後に

やろう

引用:シングストリート 未来へのうた/配給会社:ギャガ

賛成してくれます

コナーからいろいろ相談されていたエイモンはこの歌がラフィーナのためであることを知っていたのでしょう。

そのため、彼はラフィーナがこの場にいないにもかかわらず。コナーに協力してくれたのです。

歌詞に込められた愛

【Amazon.co.jp限定】シング・ストリート 未来へのうた プレミアム・エディション(2枚組)(オリジナル五線譜柄A5ノート「Amazon」Ver.付き) [Blu-ray]
このバラードの歌詞は、熱い情熱を歌うものではありませんでした。

稲妻でも猛火でも起こすがいい

遠い道のりも這ってでも行く

僕は君を探し続けた

引用:シングストリート 未来へのうた/配給会社:ギャガ

こういった歌詞から読み取れるコナーの愛は、映画の冒頭から大きく変わっています。

最初のころのコナーの愛はセックスやキスといった肉欲的なものでした。