彼は自分があきらめた音楽の夢をコナーに託すことで、自分の人生に納得しようと思ったのではないでしょうか。