それにも関わらず多くの人が感動できる名作として、今でも掲げるほど非常に評価の高い作品なのです。