故にコメディチックながらもパニック系の一つの王道として今後も評価され続けるでしょう。