少なくともこれからの映画史にまた一つ爪痕を残す「強い」作品であったことには違いありません。