注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち】女を見極める意味を考察!なぜショーンに心を開いた?ウィルが人を突き放す原因に迫る

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B004UGAMSK/cinema-notes-22

日本では1998年公開の映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』。

監督は『マイ・プライベート・アイダホ』や『エレファント』などでも有名なガス・ヴァン・サントが担当しています。

脚本を、学生時代まだ無名だった主演のマット・デイモンが、親友ベン・アフレックと共同で執筆したという点にも注目。

若々しい彼らに生み出された物語には、リアルな葛藤や希望が見てとれるはずです。

ここでは、主人公ウィルを中心にしてストーリーを解説していきます。

ショーンに心を開いたその理由

グッドウィルハンティング、ロビン・ウィリアムズマット・デイモン11x14 HDアルミウォールアート

まずは最重要となる、ロビン・ウィリアムズ演じるショーンとの関係について。

天才的頭脳で、他のカウンセラーをことごとくやり込めていたウィル。なぜショーンには心を開いたのでしょうか。

手痛い指摘と、意志の尊重

初回のひどいやり取りのあと、ショーンは研究室の外で言います。

君から学ぶことは何もない 本に書いてある

引用:グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち/配給会社: 松竹富士

ウィルの話は知識だけで全くリアルではないと。

これはウィルにとって手痛い図星だったはず。だからこそ、今までのようにすぐに反論もしません。

君自身の話なら喜んで聞こう
君って人間に興味があるから
でも君は嫌なんだろ?

引用:グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち/配給会社: 松竹富士

そして彼自身に興味があると伝え、同時に、対話をするかどうかウィルに任せます。

これが、ウィルをただ学術的に解説しようとしていた他のカウンセラーとは大きく異なる点

物語が進むにつれてわかることですが、ウィルは、自分の意志や人格を無視されることに反発していました。

このやり取りが、ウィルがショーンに心を開く大きなきっかけとなったのです。

打ち解けていくふたり

更に注目すべきは、一時間の沈黙で終わったカウンセリングの次の回。

ウィルから口を開いたという点に、自身から他者に働きかけたという大きな変化が見られます。

ジョークを流用しただけですが、これはその時点でウィルができる限界とも読み取れるでしょう。完全に心を開けたわけではありません。

それでも、ショーンはそれをしっかりと受け止め、お返しにとプライベートな話を開示。二人は笑い合います。

勇気をだして働きかければ答えてくれる人がいると、ウィルがリアルに学んだ瞬間ともいえるでしょう。

こうして、彼らは心を開いて交流を深めていくことに至っていくのです。

ショーンの内心 同じく痛みを抱える存在

教室の先生の16x20ポスターグッドウィルハンティングのロビン・ウィリアムズ

ただ、これはウィルが心を開いた理由の考察にしかなっていません。

初回、激しく怒ったショーンも、他と同様に断れたはず。なぜカウンセリングを承諾したのでしょうか。

おそらく、ウィルがショーンの絵を見て指摘した話が、正論だったためと考えられます。