心配するということは一見、愛情の深さゆえのように感じますがそれだけではありません。

子供を信じられないという心が、心配を生んでいるのです。

子供は親が守るものですが、子供を成長させるには見守ることが大切なのです。

マーリンはニモと離れた時間を持てたことで、自分自身も様々な経験が出来ました。

旅の途中、シングルファザーの自分への子育てについてのアドバイスももらっています。

子育てというテーマにフォーカスを当てて観ると、実に深いストーリーとなっているのではないでしょうか。

マーリンと対称的なキャラクター

ファインディング・ニモ MEGAワールドコレクタブルフィギュア クラッシュ(プライズ)

劇中で神経質に描かれていたマーリンと対照的に描かれていたのは、アオウミガメのクラッシュです。

150歳の先輩クラッシュ

劇中に登場したクラッシュは150歳という大先輩で、子育ても実に楽しそうです。

気楽にいけよな

引用:ファインディング・ニモ/配給会社:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

短いセイフですが、神経質に子育てをしているマーリンには大きな意味を持つセリフではないでしょうか。

子育て中の人が観ていたら、きっとマーリンと同じ心境になるはずです。

意図せずして、旅に出ることになったマーリンですが自分の価値観を大きく変えた旅でもありました。

ポジティブなドリー

ディズニーピクサー 「 ファインディング・ドリー 」 ニモ&ドリー 貯金箱 SAN2611

ドリーは短期記憶障害を持つナンヨウハギです。

彼女はとにかくポジティブでどんどん前に進んでいく性格なので、マーリンをぐいぐい引っ張っていくのです。

何でもすぐに忘れてしまうのですが、そんな彼女にイライラを見せるマーリンはニモを心配のあまり心に余裕がなかったのでしょう。

心配性のマーリンと楽天家のドリーのコンビだったからこそ、ニモと再会出来たのではないでしょうか。

社会現象を生んだ『ファインディング・ニモ』

ポスタ- アクリルフォトスタンド入り A4 パターンD ファインディング・ニモ 光沢プリント

『ファインディング・ニモ』はピクサー ・アニメーションとしては「トイ・ストーリー」などに続く5作目の長編アニメです。

第76回アカデミー賞では長編アニメ賞を受賞

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ファインディング・ニモ

輝かしい受賞もさることながら、個性豊かなキャラクターたちが社会現象を巻き起こしました。

他と同じじゃなくてもいい、世界は広く冒険に満ちている…。

子育てというテーマ以外にも様々な人間社会を映しだした作品です。

それぞれのキャラクターにフォーカスを当てて観ると、何通りも楽しめる映画なのではないでしょうか。

大人こそが味わえる名作

https://m.media-amazon.com/images/I/71MVlABJdPL._SS500_.jpg

『ファインディング・ニモ』は、深く考察すればするほど味わいが出てきます。

勿論子供が楽しめる仕掛けも沢山ありますが、その裏には深い意味が隠されているのです。

マーリンやニモの成長は、人間にもそのまま置き換えることが出来るのではないでしょうか。

自分に似たキャラクターを探すのもひとつの楽しみです。

また本作に登場したドリーを描いた「ファインディング・ドリー」と併せて観返してみるのもおすすめです。