注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(ネタバレ)】イーサンが車ではなくバイクに乗って疾走する真意を徹底考察!

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B017MW5WFG/?tag=cinema-notes-22

遂にシリーズ5作目となったミッション・インポッシブル。今回もイーサン・ハントの危険なチェイスシーンが満載です。

ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイションの監督はクリストファー・マッカリーで原案と脚本も手掛けました。

どんなアクションもノースタントでおこなうことでも有名なトム・クルーズの今回の目玉はモロッコでのバイクシーンです。

イーサンがバイクで疾走した真意を徹底考察していきましょう。

そしてローグ・ネイションであるシンジケートの目的やイルサの狙いなども深読みしていきます。

イーサン・ハントがバイクで疾走した真意とは

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション[AmazonDVDコレクション]

車やバイクでのチェイスシーンが魅力のひとつであるミッション・インポッシブル・シリーズ。

前作からBMWの全面バックアップによりカーマニア垂涎の車が容赦なく破壊されています。

本作で使用されたバイクはBMW/S1000RR。

最高速度は299km/h、100km/hへの到達時間は3.1秒というモンスターマシンです。

なぜイーサンは車でなくバイクを選んだのか

BMW S1000RR/S1000R/HP4、R1200R/RT/ST用サイドスタンドアシストフック(ブラック)

蘇生したばかりで朦朧としているイーサンは本能だけでイルサを追います。

その時使った車はBMW/M3セダンでしたが1,500万円クラスの高級車が見事なまでに破壊されました。

助けに来たブラントとルーサーが乗っていたのはランドローバー・ディフェンダーです。

モロッコという地理的条件を考慮すると懸命な選択ですが高速での追跡には不向きでしょう。

しかしイーサンはそこまで考えてバイクを選んだわけではありません。

本能が命じるままの行動だったのです。

製作側の真意とは

ストーリーとしてバイクを使う必然性はありません。

逆説的にいうとバイクを使いたいがためのストーリー展開ともいえるでしょう。

より過激に見せるために街並みなどの背景がなく、急カーブの連続で撮影のために進入禁止にできる場所がモロッコだったのです。

トム・クルーズのバイクテクニックは定評がありますね。それを使わない手は無いと考えたと推察できます。

そのために必要だったのがレベッカ・ファーガソンです。

彼女は過酷なトレーニングに耐えイルサになり切りました。素晴らしい女優魂だといえます。

シンジケートメンバーがバイクを使った理由も考察

イルサを囲むシンジケートのメンバーは全員バイクでした。バイクは危険が伴いますが機動性は抜群です。

おそらくメンバーはバイクテクニックに絶対の自信を持ったツワモノ揃いでしょう。

イルサがどんな行動に出たとしても容易に追い詰めることができると考えていたはずです。

当初の予定ではイルサを前後左右から囲んで目的地まで誘導するはずでした。

しかも車と違い物を隠す場所がないのでイルサがクラッシュしても情報の奪還が容易だと考えたのではないでしょうか。

たとえイーサンが追ってきたとしても散開して対応もできるので有利と踏んでも不思議ではありません。

しかしイーサンやイルサのバイクテクニックの方が数段上手でしたね。

バイク疾走シーンの見どころとは

ミッション:インポッシブル 5 ムービー・コレクション (4K ULTRA HD + Blu-rayセット) [4K ULTRA HD + Blu-ray]

今回も過激なアクションにノースタントで挑んだトム・クルーズは、このバイクシーンをノーヘルでやり遂げました。

一歩間違えれば死に直結するバイクチェイスの中でも実際に乗っているからこそのエピソードカットがあります。