マトリョーシカのゲームは、結局誰が犠牲になるわけでもないボーナスステージでした。

しかし、最後に渡されたアイスに仕掛けがありました。生き残った五人に、アイスを配り「あたり」の人が生き残るのです。

マトリョーシカは実は四体いて、人形には「運」の言葉がありました。

つまり、生き延びる上で最後に必要だったのは、知力・体力・想像力の上に立つ「運」なのです。

『神さまの言うとおり』原作

神さまの言うとおり(4) (週刊少年マガジンコミックス)

本作では細かいものを含めて、第7ステージ(運まで入れると)のゲームが紹介されています。

原作とは違った内容でしたが、実は原作の中でも「運」を試されるゲームがあるのです。

原作では浦島太郎によるゲームで、こちらもボーナスステージのような扱い。その後クジを引くと、〇だと生き残ります。

本作ではそれが、アイスのあたり棒で表現されているのです。

運を試された高畑と天谷。不確定要素がある中で、あたりを引くことがある意味「神様に選ばれる」子なのかもしれません。

「カミ」の登場は続編へ

本作ラストには「カミ」が登場しました。

それらの様子や「カミ」という名称から、『神さまの言うとおり』には続編があることが分かります。

しりとりには続きがあった

artaslf フルドリル5Dダイヤモンド塗装刺繍クロスステッチ神モザイクフル刺繍宗教アイコンギフト家の装飾-50x70cm非フレーム

四角い立方体から外に出た高畑と天谷。そして騒ぎ出す民衆の中で、突然マトリョーシカが画面に現れ説明を始めます。

それ間違ってるよ。ダルマ、招き猫、コケシ、白熊、マトリョーシカ、カミ

引用:神さまの言うとおり/配給会社:東宝

本作の敵の名前はしりとりでつながっています。マトリョーシカが最後のようになっていますが、「それ間違ってるよ」なのです。

マトリョーシカの後には「カミ」が続きます。そのカミのゲームはまだ始まってすらいません。

つまり、最後にカミが登場するのは、まだ映画には続きがあることを意味しているのです。

明かされていない伏線

大人と子供のための5D Diyダイヤモンド塗装キット、神と地球、美しく丸いダイヤモンド刺繍ステッカー装飾画、クロスステッチモザイク手インレイ家の装飾のギフト-50x65cm

そう考えると、映像内で解き明かされていない伏線があります。

  • ホームレスのラジカセを直す人
  • 引きこもり

結局最後に「カミ」として現れたのは、ひげがたくさん生えた「ホームレスのラジカセを直す人」でした。

さらには、引きこもりも外に飛び出したっきりです。今後のストーリーの核に、この二人がいることは間違いありません。

映画ラストにカミが現れたのは、これからも映画が続き、これまでは「序章」であったことを示唆しているのです。

続くストーリー

神さまの言うとおり DVD 通常版

原作の漫画では、本作よりもまだまだ先の展開が用意されています。

映画では、その一部のストーリーを変えながら進んでいますが、大筋のところでは同じです。

また、映画の内容としても原作のストーリーには、追いついておらず十分今後の展開があることが予想されます。

神とは何なのか高畑・天谷が今後どうなるのか、さらにはヒロインであったはずの秋元は復活するのか…

これらの点についても、かなり注目が集まります。