注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ヘルタースケルター(ネタバレ)】3つの結末に監督が込めた意図を徹底解説!りりこはなぜ目をえぐった?片目で見えた景色とは

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B009E1F466/cinema-notes-22

2012年公開の『ヘルタースケルター』は、写真家でもある蜷川実花が監督を務めたことで話題となりました。

極彩色豊かな美しい映画は、女性の美を追求した映画です。

監督が3つの結末に込めた意図はなんだったのかを徹底考察していきます。

りりこが目をえぐったわけ、そして片目となったりりこが見た景色とは一体どのようなものだったのでしょう。

沢尻エリカの代表作となった『ヘルタースケルター』を細かく観ていきましょう。

3つの結末に監督が込めた意図

ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

『ヘルタースケルター』には3つの結末が用意されていました。

なぜ監督は結末を3つ用意していたのでしょう。

ひとつめの結末の意図

記者会見で倒れゆくりりこの姿で最初の幕は下ります。

足元から崩れ落ちる人気商売、芸能界の儚さ、そして世間の興味は一瞬であること……。

全てを受けいれたりりこが下した決断です。

売れるためとはいえ社長の操り人形のように過ごしてきたりりこは、記者会見で自分の意志表示をしたのでしょう。

記者会見に挑むりりこは、飾り立てることなく自分の意志で存在しているようにも観えます。

更に注目されることを貫き通した、りりこの強さも描かれているのではないでしょうか。

ふたつめの結末の意図

ふたつめの結末は大きなメッセージ性が隠されています。

その二つはイコールじゃない、若さは美しいけれど美しさは若さじゃない

美はもっと深くて複雑で、あらゆるものを豊かに含んでいる

引用:ヘルタースケルタ―/配給会社:アスミック・エース

麻田のセリフですが、映画のまとめともとれるセリフではないでしょうか。

りりこの美を求める狂気は、多かれ少なかれ全ての女性に通じるものです。

見せかけの美しさに惑わされ、自分を見失ってしまわぬように……。

本当の美しさを求めて欲しいという監督の想いが伝わってきます。

更に、りりこはただの美しいモデルではありません。

記者会見で派手な演出をしたことで、世間では忘れられない存在になったのです。

世間の無責任な興味が、彼女に狂気とも思える行動をとらせたことが伝わってきます。

最後の結末の意図

蜷川実花 虚構と現実の間に

「やばいお店」を経営し君臨するりりこの姿は、これまでになく堂々と観えます。

経験を通して、彼女の心は更に強くなっているのでしょう。