注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【何者(ネタバレ)】主人公が面接会場を立ち去った真意を考察!ギンジは誰と似ている?瑞月が就職に安定を求める理由に迫る

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y5P7M94/?tag=cinema-notes-22

何者』は2016年に日本で上映された邦画です。

題材は第148回直木三十五賞を取った朝井リョウが著者の同名タイトルが原作となっております。

主人公は大学の演劇サークルで脚本を作っていた二宮拓人で、彼が就職活動に苦しんでいるところからが物語の始まりです。

拓人は友達の光太郎と瑞月、瑞月の友人・理香と彼氏の隆良の5人で就職対策本部として定期的な集まりに参加することになります。

5人はそれぞれ就職活動を頑張って結果が見えてきた頃、人間の怖いところが露わになっていくというのが物語の流れです。

ここでは主人公が面接会場を立ち去った真意、ギンジは誰と似ているのか、瑞月が就職に安定を求める理由について考察していきます。

烏丸ギンジは誰と似ているのか

男の子、子供、読書
過去に拓人と共に演劇活動をしていた烏丸ギンジ

彼は就職活動で演劇から離れた拓人と別れ、自分の小劇団を作って定期的に活動しています。

拓人はギンジが隆良と似ていると評していましたが、サワ先輩は拓人に似ていると話していました。

本当のところ、ギンジは誰と似ているのでしょうか。

結論から言えば似ているのは光太郎で、共通点として全力で物事に取り組み続ける姿勢です。

光太郎にはバンド活動中に生まれたファンの存在があります。

ファンの存在があるということは、観客の心を揺さぶるようなライブを全力で作っていたのでしょう。

就職活動にしても彼は自分の目標のため、密かに全力で取り組んでいます。

結果、就活の先輩である拓人や高い意識を持って活動していた理香よりも早く内定が貰えたのだと考えられないでしょうか。

瑞月が就職に安定を求める理由

瞑想、石塔、石塔
元々グローバル思考であった瑞月でしたが、日本の安定した人気企業に応募し、内定を貰いました。

なぜ彼女は就職に安定を求めるようになったのでしょうか。考えられる要素は2点です。

母との暮らしを安定させるため

作中で彼女は拓人に「母と住むことになった」と話します。

原因は父の浮気で、彼女の両親は離婚する運命でしょう。両親が離婚するとなれば、お金を稼ぐ人が必要になります。

瑞月は母と2人で暮らすことが決まってから安定志向に考えをシフトしたのではないかと考えられないでしょうか。

1人でも生きていけるようにするため

理由は父の浮気でしょう。

父の浮気から両親は離婚の流れになるのが見えるので、母への負担をかけさせないようにと考えているのかもしれません。