注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ヲタクに恋は難しい(ネタバレ)】ラストに成海が宏嵩に抱きついた理由を徹底考察!宏嵩が普通のデートを提案した目的に迫る

ここで大事なのは成海が自分で気づいて自分で歩み寄る努力をしたことではないでしょうか。

この2人の関係性が不器用ながらも後味が悪くないのはそうした押し引きをわかっているからです。

相手の大切なものを理解する心

理解する技術 情報の本質が分かる (PHP新書)

この終盤のくだりはコメディーテイストながらも、恋愛において大切な本質を伝えてくれています。

それは「相手の大切なものを理解する心」であり、これが実は最も尊く最も難しいことなのです。

ましてやこの2人の場合、幼馴染でお互いの趣味嗜好も知り尽くしているのが当然でした。

しかし、そのことと相手を受け入れ理解していることは必ずしもイコールではありません。

むしろ、幼馴染という関係性に甘んじていたからこそ、2人は距離を縮めるのに苦労したのです。

相手への思いやりを決して忘れないことは恋愛だけではなく大人の人間関係における基本でしょう。

宏嵩が普通のデートを提案した目的

デート~恋とはどんなものかしら~ DVD-BOX

物語の前半でひょんなことから付き合うことになった2人は恋人として普通のデートをすることになりました。

それが宏嵩の提案した「ヲタク封印デート」なるものでしたが、この目的は何だったのでしょうか?

形から入る

終盤の行動でも見受けられますが、宏嵩は形から入る人であることがこの提案から窺えます。

恋人という関係になる為には徹底してヲタクではなく一般人の感覚を理解しようと努めたのでしょう。

逆にいうと、彼はそれ程人情の機微や思いやり・察しとは無縁の人間だということです。

表面上だけを見ると、その行動は成海はおろか会社の同僚たちにまで疑問視される程でした。

結果として、そのやり方は全部裏目に出てしまい、成海に不満を抱かせることになります。

「普通とは何か?」を理解する

「普通がいい」という病 (講談社現代新書) DVD-BOX

宏嵩は自分たちが世間から見たところの「少数派のヲタク」であり、世間のはみ出し者であることを心得ています。

だからこそ、成海とヲタク封印のデートをする中で「普通とは何か?」を理解しようとしたのでしょう。

世間一般にいわれる所の「普通」という言葉や感覚は一見説得力がありそうで実は全くありません。

それは周囲の目や世間体といった社会が作り出す空気と民意による偏見でしかないからです。

だからこそ、普通という感覚とは何かをヲタク封印デートをすることで知ろうとしました。

ノットセルフを知ること

“偽りの自分”からの脱出

本質を突き詰めていけば、ここでの行動は「ノットセルフ(偽りの自分)」を知ることにあります。

まず、恋愛において相手を理解する為には少なくとも幼馴染の思考の延長線上では無理なのです。

だからまずはその思考の枠を破る為に普通のデートをし、何が自分らしくないのかを知ろうとしました。

それを知ることによって、初めて「トゥルーセルフ(自分らしい自分)」が見えていきます。

だから、このデートは失敗のようでいて実は終盤へ向けてお互いを理解するようになる最初の一歩でした。

恋が成就した理由

恋などとうに成就してた (バーズコミックス ルチルコレクション)

こうして見ると、宏嵩と成海の恋はタイトルにある程難しいものではないことがわかります。

ここではその恋が成就した理由を他の外的要因とも絡めて見ていきましょう。

会社の同僚達のアドバイス

まず挙げられるの2人の恋愛模様を見守っていた会社の同僚達にありました。