彼は「人の知性は身につけている物に表れる」と言っており、人に敬意を表せないお客さんの服装を見て感じたのではないでしょうか。

ドキュメンタリー上で昔の客層・映画スターなどは、従業員にも敬意を払える上品な人が多かったようなことを話していました。

彼は今と昔の客層の品格の差に失望を抱いたのではないでしょうか。

作品が訴えたいこと

カーライル・ホテルのドキュメンタリー映画の『カーライル ニューヨークが恋したホテル』は、視聴者に何を訴えているのでしょうか。

考えられる要素は3点です。

「カーライル・ホテル」従業員への徹底的な教育

まず1つに「カーライル・ホテル」の従業員に対する教育の徹底ぷりでしょう。

セレブ御用達というのも、ホテル内で起きた詳細な出来事が漏れていないのが愛用されている理由の1つと考えられます。

ホテルで起きていることは、口外しないようにと従業員に教育を施しているようです。

「カーライル・ホテル」の魅力

ホテル、ホテルの部屋、家

「カーライル・ホテル」はセレブ御用達のホテルということで、宿泊料は高いです。

宿泊料の高さ故に庶民は宿泊できず、「カーライル・ホテル」の魅力はあまり伝わっていないのかもしれません。

ドキュメンタリー映画として撮ることにより、「カーライル・ホテル」の魅力を一般に向けて伝えようとしたのではないでしょうか。

セレブではない限り宿泊は難しいので、どのようなサービスを受けられるのか想像して欲しい意図があるのかもしれません。

長年働ける職場の存在

手、古い、タイピング

「カーライル・ホテル」で働く従業員には、10年以上働いた人が多いです。

ドキュメンタリー内で公開された勤続25年以上のカーライル従業員の写真を見ても、30名近く居ることが分かります。

長年働き続けられるということは、「カーライル・ホテル」が職場として良好な環境であることを意味しているのではないのでしょうか。

また、常連客やリピーターからすれば以前会った人に接客して貰えた方が安心できると考えられます。

まとめ

インテリア、ホテル、レンダリング

高級ホテルの中でも別格の「カーライル・ホテル」に焦点を当てたドキュメンタリー映画の『カーライル ニューヨークが恋したホテル』。

名前は知っているけどサービスはよく知らない人に向けた広告映画のように思えます。

泊まってみたいけど泊まれない方は、この映画を通して疑似体験するような楽しみ方ができるのかもしれません。