また、エレベーター係は話しかけられる相手であればホテルの歴史や有名な逸話を聞ける点も魅力的なところの1つかもしれません。

著名人が愛用するホテル

「カーライル・ホテル」は多くのスターが愛用するホテルです。

そこには過去の著名人も含まれており、宿泊した際には「この部屋は誰が泊まったのだろうか」と心がときめくかもしれません。

ドキュメンタリーでは「彼らの幽霊と交流している」と語っており、現代風に言えば誰かの聖地巡礼をしているともいえるでしょう。

ドワイトの吃音症が治療不要の理由

男、スーツ、ファッション

「カーライル・ホテル」の名物コンシェルジュのドワイト

彼は自身の吃音症を直したいと考えておりましたが、治療は要らないとされてそのまま従事してきました。

なぜ治療は要らないとされたのでしょうか。考えられる要素は2点です。

吃音症の人が対応しても癇癪を起こさない人かを見分けるため

吃音症の特徴としては音や言葉のくりかえし、引き延ばし、言葉が詰まって出てこないの3点があります。

ホテルに泊まろうとしている人が気を使える人であれば、ドワイトの言いたいことを理解しようと努めるでしょう。

逆に癇癪持ちや短気な方であれば、ドワイトの話し方に苛立って宿泊しない選択をすると考えられます。

「カーライル・ホテル」はセレブ達が愛するホテルであり、従業員やホテルサービスが素晴らしいのは当たり前です。

最高のサービスと、宿泊客のモラルの高さによってセレブ達に不満を抱かせていないのではないのでしょうか。

ドワイトへの対応を見て、ホテルが求める宿泊客かを見極めていると考えられます。

母親からそのままで良いと肯定されてきた

ドワイトは母から「吃音症で悪い印象を持たれるのはドワイト自身の問題ではない」と肯定された過去を話します。

吃音症に対して悪い印象を持つのは、あくまで悪い印象を持った人に問題があるわけで、吃音症の人に問題があるわけではありません。

ドワイトの人柄は常連客のインタビューでも分かるように、優しくて温かいものであると想像ができます。

ニューヨークのお店がどこでも予約が取れるのも、周りの人が彼の人柄に惚れていると受け取れるでしょう。

ドワイトが「社会から品格が失われた」と話した理由

都市、通り、人々

ドキュメンタリー中にドワイトは引退すると発言していました。

彼は引退する際に「社会から品格が失われた」と訴えます。彼はなぜ品格が失われたと話したのでしょうか。

理由は現代に近付くにつれて、人に敬意を払うお客さんが減ってきたことにあると考えられます。