この作品はこれらの葛藤の中でジタバタしながらも前向きにやっていくことでしか道は拓けないことを教えているのではないでしょうか。