注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(ネタバレ)】難解なストーリーを考察!なぜ子供だけ狙った?笑い声の解釈は?

出典元;https://www.amazon.co.jp/dp/B078WGWZN5/cinema-notes-22

それが見えたら終わり」というなんとも不気味で意味深な邦題まで付け加えられたホラー映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」

アメリカのホラー映画の特徴といえば目に見えない怪物や超常現象を思い浮かべるでしょう。

加えるのであれば「助かったと安心したところに襲いかかられて終わる」後味の悪さも特徴的です。

しかしこの「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」は恐怖だけではなく、様々な謎を残して終わります。

以下ではミステリアスなホラー映画だからこそ難解なストーリーについて徹底考察していきましょう。

ホラー映画異例の大ヒット作

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(字幕版)

ホラー作家の巨匠として名高いスティーヴン・キング氏が1986年に発表した小説「IT」。

1990年、トミー・リー・ウォーレス監督により「IT/イット」として一度映像化されました。

本作は1990年にテレビ映画として放送された「IT/イット」が2017年にアンディ・ムスキエティ監督リメイクされたもの。

放映時間は185分から135分へと縮まったとはいえ、2時間超えの長編です。

しかしホラー映画としては異例の大ヒットを記録しています。

北米での興行収入は3億2,748万ドルで、これは、M・ナイト・シャマラン監督のホラー映画No.1の大ヒットを記録した『シックス・センス』が稼いだ2億9,350万ドルを上回り、事実上のホラー映画No.1の大ヒットを記録。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/IT_(映画)

また自身の映像化作品には厳しい原作者スティーヴン・キング氏も絶賛し、ピエロ系ホラーの先駆けとなりました。

「“それ”が見えたら、終わり。」って?

IT(1) (文春文庫) 文庫 – 1994/12/10

実は原題は常に「IT」であり、 「“それ”が見えたら、終わり。」というタイトルは日本での公開に合わせて付け加えられています。

また「それ」とは単にITを直訳したものであり、登場する殺人ピエロ「ペニーワイズ」に対して子どもたちが使う呼称です。

ただ実際には、本作では「ペニーワイズを見た子どもたち」は生きています。

終わっていません。

「それが見えたら終わり」というフレーズは、ペニーワイズの連れ去り方から連想したのでしょう。

「IT」という単純なタイトルをいかに怖く見せるかという日本公開の際の宣伝文句が仇となりました。

事件前の登場人物たち

イット (字幕版)

本作にはたくさんの登場人物が存在し、名前と顔を一致させるだけでも時間がかかります。

そこでペニーワイズが絡んだ事件が起きる前の主要な登場人物家族構成などをキャストとともに一度整理しておきましょう。

この登場人物の設定こそが、物語を読み解く鍵となるのです。

ペニーワイズ

本作で不気味な殺人ピエロ「ペニーワイズ」を演じるのはビル・スカルスガルド氏。

スウェーデンの芸能一家出身という、なるべくして俳優となった彼は迫真の演技で子どもたちと観客を怖がらせます。

「IT」と呼ばれるペニーワイズは、肉体をもつときだけ「ペニーワイズ」という名前があります。

しかし「IT」の正体は、太古に宇宙から飛来してきてデリーの街に棲み着いた意識の集合体

人間をはるかに超越する生命体であり、本体と呼べるものはありません。

オレンジ色に輝く虚無空間で、それを覗き込んだ者の脳に作用して死をもたらすのです。

実体をもたないので、ピエロ以外にも「相手の恐れるもの」の姿をとって現れます。

映画では「怖がらせてから食べる」としか触れられていません。

しかし実際は、相手の「恐怖」「恐怖に染まった肉体」を食べるという、精神と物体両方の捕食を最良としているのです。

ビル

少年グループのリーダー役「ビル」を演じるのはアメリカ人ジェイデン・リーベラー

「ヴィンセントが教えてくれたこと」でもオリヴァー役として抜擢された実力派子役です。

ビルは吃音症で、言葉がうまく話せません。

しかし自分になついてくれる弟ジョージーをとても可愛がっていました。

なので雨の日に外へ遊びに行かせたこと、風邪でついて行けなかったことを大変後悔しています。

なのに彼の両親は、息子ジョージーが大量の血痕を残して行方不明、死亡したというのに素知らぬ顔。

ここにもペニーワイズが子どもだけを狙う意味が隠されています。

リッチー

ビルの親友「リッチー」を演じるのは、カナダ人フィン・ウルフハード

2019年全米公開予定の映画4本に出演しながらバンド活動も行うアクティブ派子役です。

リッチーは吃音を抱えるビルの大親友お調子者

しかしそのお調子者ぶりは、仲間はずれされる恐怖の裏返しの性格なのです。

常にビルと、エディとスタンリーの4人で仲良くしています。

ちょっぴり背伸びしたい少年らしく、「Fワード」を連発しているのも特徴といえるでしょう。

ベバリー

今作のヒロイン「ベバリー」を演じるのはソフィア・リリス

ベバリーは学校で異性にだらしないとの悪い噂を流され、意地悪な女子たちからいじめられています。

さらに家では父親からの虐待に遭っている不遇すぎる女の子です。

いじめと虐待に屈せず1人で戦っていたため、「ルーザーズクラブ」では1、2を争う勇敢さをもちます。

しかし同時にベンに一目惚れされ、詩のしたためられた絵葉書をもらって喜ぶ少女らしい一面ももっているのです。

この歳相応の少女らしさによりペニーワイズに目を付けられ、そして年齢以上の勇敢さゆえに生還を果たすことになります。

ベン

ぽっちゃりした転校生「ベン」を演じたジェレミー・レイ・テイラー

ノークレジットの作品に多く出演しており、名前は知られていなくともその演技力は折り紙付きです。

ベンは転校生な上に図書館で本ばかり読んでいるので周りの子からは浮き気味

その上いじめっ子ヘンリーにも目を付けられています。

行方不明者や殺人事件の急増に異変を感じ、街の地理や歴史について調査する学者肌な少年

ただ優しく話しかけてくれたベバリーに一目惚れする思春期少年らしい一面ももち合わせています。

リメイク前では「幼い頃に父を亡くし、兄と母からいじめられている」という設定もきっちり明かされていました。

マイク

差別に苦しむ少年「マイク」を演じたのはチョーズン・ジェイコブス

マイクは幼い頃に両親を火事で失った上、黒人だという理由でいじめられていました。

またリメイク前では街の地理や歴史を調べていた少年でしたが、今作ではその役割はベンへと渡っていますね。

転校生が転校先の街について調べる方が自然だとの解釈があったのでしょう。

彼は実家の精肉業を手伝うため祖父から屠殺を求められますが、生き物を殺すことへの恐怖が強い優しい性格をしています。

早くに両親を失い、同級生のいじめや祖父からの叱責から逃れるため、目立たないよう内向的な性格になっていったのでしょう。

エディ

喘息もちの子ども「エディ」を演じたのはジャック・ディラン・グレイザー

彼は本作で俳優デビューを果たしましたが、「ビル・スカルスカルドの演技をカット間に褒めた」という逸話のある大物です。

ただ彼が喘息をもっているからか、彼の母親は異常に過保護で何事につけても彼の行動を制限します。

そしてエディが骨折した際には、ビルたちに「二度と息子に近づくな」と過剰な怒りを爆発させるのです。

スタンリー

臆病な少年「スタンリー」を演じたワイアット・オレフ

彼はマーベル作品の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」やその続編で、主人公の幼少期役として出演していました。

また海外ドラマにも多く出演しており、子役でありながら芸歴の長い実力派俳優といえるでしょう。

スタンリーはユダヤ人だという理由でいじめの標的になっています。

以上7人でわかることは、全員学校では孤立し、家族からも突き放されているということです。

孤独恐怖がペニーワイズの好物ですから、これらの条件を備えた7人はペニーワイズの格好の獲物となります。

ただもしこの孤独や恐怖に打ち勝つことができれば、ペニーワイズを追い払う力を持ちうるのです。

ヘンリー

いじめっ子「ヘンリー」を演じるのはオーストラリア人ニコラス・ハミルトン

10代前半から俳優を始めたにも関わらずオーストラリアのトロップフェスト短編映画祭最優秀男優賞を受賞しています。

またニコール・キッドマンとも共演している超実力派の子役です。

ヘンリーは学校ではいじめっ子ながら家では父にいじめられている、いじめの連鎖を体現したような少年。

父に対する憎しみや恐怖がペニーワイズを引き寄せてしまい、ペニーワイズの支配で父を刺殺しビルたちを襲います。

ルーザーズクラブの結成

ビルたち、ヘンリーを除いた上記7人が結成したグループ「ルーザーズクラブ」

「いじめられている側」という自虐から、自ら「ルーザーズ」つまり「負け犬」と称しています。

しかしこれは無意識に「自分たちは負け犬だ」と開き直ることで負ける恐怖を克服していたのです。

だからこそ、ルーザーズクラブの結成はペニーワイズ撃退のきっかけとなります。

一連の事件で…

It: A Novel (English Edition) Kindle版

ジョージーの誘拐から始まった「子どもばかりを対象」とした「行方不明」「殺人事件」の数々と、ペニーワイズへの猛攻。

一連の事件を通じてそれぞれの人物がどうなったのかも整理しておきましょう。

さらに、子どもたちが何に恐怖を感じていたのかも明確にしておきます。

ペニーワイズ

棲み家「井戸の家」を突き止められ、乗り込まれたペニーワイズ。

ただルーザーズクラブは元々気の弱いメンバーで構成されていますから、個別にしてしまえばペニーワイズの勝ちとなります。

加えて人間を超越した存在であるペニーワイズにとって子どもたちを個別行動に誘導させるなど容易なことなのです。

だからペニーワイズはひとりずつバラバラにして、自らのものにしようと試みます。

しかし予想に反して、ルーザーズクラブのメンバーはそれぞれ恐怖に打ち勝ち再集合してしまいました。

到達した最奥にはこれまでに行方不明となった子どもたちがプカプカと「浮かんで」います。

「ジョージーはすぐに食べられたのに浮いている子がいる」ということは、食べるのには何らかの基準があるのでしょう。

ペニーワイズはどんな形をも取れますから、誰かを誘導したり殺すために生かしておく必要はほとんどありません。

この「捕食基準」「利用価値」については後でより深く考察していきます。

ビル

ジョージーを見つけるために必死になるビル。

1度目も先陣を切って井戸の家に乗り込み、再度訪れた際にはジョージーの姿を見つけて下水道を1人走ります。

引用:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。/配給:ワーナーブラザース

しかしジョージーはペニーワイズの化けた姿で、本物ではありません。

ここで気になるのは、なぜペニーワイズがジョージーの姿を取ったのかということです。

ビルはジョージーを捜していました。

そこでジョージーに扮したところで、ビルに喜びを与えるだけで、恐怖を与えることはできないのです。

これはペニーワイズの捕食方法「まず恐怖を与える」ことに反します。

つまりこれは、裏を返せば「ビルはジョージーを恐れていた」ことになります。

正確には「ジョージーが生きていること」「生きているジョージーに兄失格だと責められること」を恐れていたのでしょう。

ジョージーを1人で行かせたこと、雨の日なのに外遊び用に船を作ったことの後悔に由来する恐怖です。

ジョージーを捜しながらも、「お兄ちゃんが船を作ったから外で遊んだら酷い目に遭った」と責められるのは怖かったのでしょう。

だからこそペニーワイズはジョージーの姿でビルを惑わせました。

リッチー

ビルの大親友リッチーは、1度目の井戸の家侵入時にエディが骨折してしまったことでビルを責め、仲違いしてしまいました。

しかしベバリーを救うためにと、もう1度ルーザーズクラブの面々で井戸の家へ向かいます。

引用:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。/配給:ワーナーブラザース

お調子者のリッチーは明るく楽しいキャラクターながら、馬鹿ではありません。

馬鹿を装っていても、クラスメイトから本気で馬鹿にされいじめられるのが怖いという子どもらしさをもっています。

ただ親友であるビルを失うことはもっと怖いのです。

これが、1度は仲違いしておきながらもう1度井戸の家へ向かった理由でしょう。

つまりリッチーは、井戸の家へ向かった段階で自らの恐怖の一部を克服していたのです。

ベバリー

父に対して恐怖を抱いていたベバリーは、ついにペニーワイズに心を支配されてしまいます。

そして便器の蓋で父親を殴り殺した後、ペニーワイズに拐われてしまうのです。

引用:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。/配給:ワーナーブラザース

ベバリーだけが生還した理由として「最も恐怖する父親を自分で葬りそれ以上に怖い存在がなくなった」とよく挙げられます。

しかしそれは誤りでしょう。

ベバリーはペニーワイズに支配されて父親を殺したに過ぎません。

自分の意思ではないのです。

また最奥の部屋に浮いていたベバリーの意識ベンの口づけで戻ります。

一方他の子に対しては誰も口づけを行っていません。

他への口づけを行っていない以上、意識が戻る基準については比較対象がないため推測となります。

ただ1番有力なのは、他の子どもたちは主人公たちと関係がないから目覚めなかったとの解釈でしょう。

つまりベバリーはルーザーズクラブの一員で、今後の物語の鍵となる人物だからこそ助かったのです。

冷たいようですが、他の子どもたちはいてもいなくてもストーリーに関係ありません。

不必要な人物は殺し必要な人物だけ生かしておくのが、アメリカホラーの特徴です。

ベン

知識豊富なベンは、排水溝が古い下水道管と井戸の家に繋がっているという調査結果をルーザーズクラブの面々に伝えます。

引用:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。/配給:ワーナーブラザース

ベンが恐れているのはやはりいじめですが、ペニーワイズが父親の姿を取ることから、にも恐怖を感じていたのでしょう。

母を支えられないこと、兄のように喧嘩が強くないことなどの引け目亡き父への贖罪意識恐怖に結びついたのだと考えられます。

彼は最初の引け目克服として「調査結果を伝えて」活躍し、少しの自信を身につけました。

そしてラストシーンでベバリーを目覚めさせる王子様役となることで、その引け目意識を払拭しようやく恐怖を克服するのです。

マイク

前作では本から飛び出したペニーワイズを押さえつけるなど活躍していましたが、本作ではあまり触れられていません。

しかし彼も黒人差別やヘンリーへの恐怖などと戦い、奥の部屋までたどり着きます。

屠殺への恐怖が強いマイクは、ペニーワイズと戦うこと自体が恐怖の克服となっているのです。

エディ

エディの怖がるものはなんといっても過干渉な母親自身の虚弱体質です。

前作では自分の使用している喘息の薬をペニーワイズに吹きかけるという撃退を行います。

これは自分の分の薬をなくす行為です。

つまり薬がなくても大丈夫だと行動で示すことでいつ体調を崩すかわからないという恐怖に打ち勝ちます。

また全員仲間を失うことを恐れていますが、彼は特別仲間を母親のせいで失うことを恐れてもいるのです。

自分が骨折してビルたちとの交際を禁止されたときも、孤独を感じていました。

全員が仲間の喪失を怖がるからこそ、ペニーワイズは最後にビル1人を人質に取るのです。

しかしそのときには既にベバリーを残り全員で奪還した実績がありました。

その実績からくる自信と勇気が、エディ含め全員をペニーワイズに立ち向かわせます。

スタンリー

スタンリーもまた仲間を失うことを恐れています。

そして自身がユダヤ人という差別される人種であることにも、引け目ほどではないにしても馴染めないつらさを感じていました。

ただ直接攻撃してくるペニーワイズは、恐ろしくはあっても異物です。

馴染んでいないのは自分と同じ。

彼にとっては仲間やクラスメイトに疎外される方がはるかに恐ろしいのです。

臆病者の多いルーザーズクラブの中で、彼は1番ペニーワイズとの戦いに抵抗がなかったと考えられます。

ヘンリー

ヘンリーはいじめっ子で、クラスの中には怖いものなどありません。

ただひとつだけ、自分が父親の言いなりであることを知られて同級生からナメられることは恐れていました。

もちろん父親自体への恐怖もあったでしょう。

その恐怖がペニーワイズを呼び、彼はペニーワイズに意識を支配されてしまいます。

引用:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。/配給:ワーナーブラザース

そしてペニーワイズの悪魔の囁きに乗り、父親を刺殺してしまいました。

ペニーワイズに意識を支配されて人を殺めてしまうと肉体もペニーワイズに支配されてしまうと考えられます。

これはペニーワイズの手に落ちるベバリーとヘンリーとの共通点です。

そして意識を乗っ取られたヘンリーは、ペニーワイズの手先としてルーザーズクラブのメンバーを襲います。

しかしそれは皮肉ながら、いじめっ子ヘンリーのいつもの行動と変わらないのです。

彼の生死は、本作ではわかりません。

このヘンリーの顛末は、父親からの高圧的な態度に耐えかねたとはいえ、いじめはいけないという教訓でしょう。

またヘンリーも、ルーザーズクラブのメンバーたちのように恐怖や孤独という条件をもつ人物です。

ヘンリーは恐怖を克服しないとどうなるのかを示すために、「物語の展開として」ペニーワイズに支配されざるを得なかったと考えられます。

前作では、ペニーワイズに襲われたヘンリーのいじめ仲間パトリックを殺した罪を問われ、精神錯乱状態として収容されています。

そして27年後にペニーワイズの支配により脱獄するところから物語が動くので、まだ生きている可能性もあるのです。

なぜ子どもだけを狙う?

"殺人症候群

ジョージーの誘拐殺人から始まり、行方不明や殺人事件の被害に遭うのは全員子どもです。

その理由について、ペニーワイズの特性を考えながら考察していきましょう。

既に支配された大人たち

鬼談百景

大人たちはデリーの街に何十年も住んでいるので、子どもの誘拐事件や殺人事件が頻発したところで慣れています。

加えて、そもそもペニーワイズは土地に根ざした意識体です。

その土地の住人の意識をじわじわと侵し、支配下におくことができます。

なので大人たちは既にペニーワイズに意識を支配されているのです。

ルーザーズクラブの親もその異常さをいかんなく発揮しています。

ビルの母親は昼間から無表情不協和音のピアノ曲を奏で、ベバリーとヘンリーの父親は自らの子どもを容赦なく虐待

エディの母は過保護すぎてヒステリックなモンスターペアレントです。

ジョージーの誘拐を見ていた老人見なかったフリを貫き、他の住人も淡々と無表情で「行方不明」の貼り紙を重ねていきます。

ペニーワイズが恐ろしいというよりも、ペニーワイズに支配された大人たちの不気味さと過激さの方が恐ろしいでしょう。

恐怖に近づくペニーワイズ

クラウン(字幕版)

登場人物ごとの考察でも述べてきた通り、ペニーワイズは恐怖に近づいて意識を支配します。

じわじわと意識を乗っ取ることもできるのに、なぜ子どもたちに近づくのでしょう。

それは、子どもが「恐怖」という感情を手に入れるのは遅いためです。

一般的に、人間は5歳で基本的な感情を手に入れるといわれています。

そこからは社会的な経験に基づいてさらに複雑な感情を取得していくのです。

赤ちゃんのような、あまりに幼すぎる子どもはまだ「恐怖」という感情すらもっていません。

そして少年時代を過ぎると、今度は経験が豊富になりすぎて恐怖以外の複雑な感情を取得してしまいます。

純粋な恐怖を感じられるのは、少年時代特有なのです。

恐怖を餌とするペニーワイズは、恐怖のあるところに現れてその恐怖のレベルを引き上げます。

そして恐怖のレベルが一定以上であれば捕食対象、一定以下であれば意識を支配するに留めるのです。

これが「ジョージーは殺され、ビバリーは浮いていた」理由でしょう。

意識を支配できた子どもからはその恐怖だけを捕食します。

後は家へ戻したりヘンリーの様に手先にしたり、都合よく使うことができるでしょう。

デリーの街では他人に関心がありませんから、誘拐された子どもがいつ戻ってこようと問題にはなりません。

他の子どもも、もしペニーワイズが撃退されなければ住人として戻されるか手下として利用されていたことでしょう。

そうして意識を支配された大人たちで、デリーの街は出来上がっていたのです。

子どもだけが怪物を信じる

ユリイカ 2017年11月号 特集=スティーヴン・キング ―ホラーの帝王― ムック – 2017/10/27

原作者のスティーヴン・キング氏は、「子どもの恐怖」「ピエロ姿で現れるペニーワイズ」にこだわっています。

「子どもだけが怪物を信じる」とはスティーヴン・キングの談です。

大人になれば、ベッドの下には何もおらず天井の模様はただの模様だと思います。

しかし子どもは、暗闇でベッドの下から出てくる怪物や天井の顔のように見える模様が飛び出してくることを想像し、恐怖するのです。

スティーヴン・キング氏の描きたかったペニーワイズは、そうした子どもたちの「想像力」でもあるのでしょう。

想像に怯えるのは子どもの特権です。

大人は想像を笑い飛ばします。

だからこそ、ペニーワイズは子どもを狙うのです。

それはある意味で、この「IT」という作品が「子どもの純粋さ」を描いた作品だからともいえるでしょう。

笑い声で終わるのは

スティーヴン・キングは殺せない!?(字幕版)

本作はペニーワイズの不気味な笑い声で終わります。

そしてさらに「Chapter1」つまり「第1章」と表示されています。

これはまだ物語に続きがあることを示していると解釈してまず間違いないでしょう。

ペニーワイズは本当に撃退されてはいないのです。

前作「IT」では27年後、ルーザーズクラブのメンバーが大人になってからのことも描かれています。

原作小説でも同じです。

本作はまだ子ども時代のことしか描いていません。

そしてその続編では、恐らく小説や前作と同じような展開が待っていることでしょう。

本作よりも大変残酷な展開が予想されます。

しかしながら、1度は恐怖に打ち勝った子どもたちは大人になっても恐怖に打ち勝てるのかという点は見どころとなるでしょう。

というのも、ルーザーズクラブのメンバーは「怪物が実在すること」を知ってしまったのです。

そして未だにペニーワイズの存在を信じています。

洗脳されず、純粋な恐怖をもったまま大人になったルーザーズクラブのメンバー。

彼らは笑いながら冬眠に入ったペニーワイズの存在をどう思っているのでしょうか。

子どもの時とは変わったそれぞれの恐怖の対象についてもまた改めて考えなければならないでしょう。

もう一度観る…?

イット・フォローズ(吹替版)

本作は「子どもたちの成長物語」「冒険譚」などと評されることも多いです。

しかしよく観ると、虐待過保護な親見て見ぬふりする住人たちなどの「現代に通じる問題」をも扱っています。

肉体をもてる意識体というペニーワイズの設定はなかなかチートです。

しかしそれに立ち向かう「心の在り方」には見習うべきところがたくさんあるでしょう。

残酷な描写も恐ろしいシーンも多いですが、見方を変えてもう一度ご覧になるのはいかがでしょうか。