注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ハリー ポッターと不死鳥の騎士団(ネタバレ)】ダンブルドアの冷酷な態度について徹底考察!ドローレスにはモデルがいた!

SF ハリー ポッターと不死鳥の騎士団

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00FIWHY2W/cinema-notes-22

『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』は、2007年に上映したハリーポッターシリーズの第5作目の作品です。

本作は、前作『ハリーポッターと炎のゴブレット』からの衝撃的な展開の続きとなっています。

前作の最後に、ハリーポッターシリーズの最大の敵であるヴォルデモート卿が復活をしました。

そのため本作はシリーズ最強のキャラクター同士の戦いや今まで見られなかった魔法省など見所が満載です。

今回はなぜダンブルドアがハリーに冷たく接したのか、最も印象に残るキャラクターであるドローレスのモデルなど解説します。

前作・炎のゴブレットとのつながり

ハリー・ポッターと炎のゴブレット (吹替版)

ハリーポッターシリーズは、最も危険な魔法使いヴォルデモートとハリーポッターたちの戦いの物語です。

シリーズ初めの3作品では、ヴォルデモートは力を失い、肉体のない存在として登場します。

しかし、シリーズ4番目の作品『ハリーポッターと炎のゴブレット』で、ヴォルデモートは完全復活します。

本作はハリーポッターシリーズの究極の敵ヴォルデモートが復活し始動してからの初めての作品となるのです。

ダンブルドアはなぜハリーに冷たかったのか

すべてはハリーを守るため

アルバス・ダンブルドア シネマ・ピクチャーガイド (ハリー・ポッター)

本作を観て、ダンブルドアのハリーへの接し方に違和感を覚えた方も多いのではないでしょうか。

ダンブルドアといえばホグワーツの校長であり、常にハリーたちを見守る、優しさに溢れたキャラクターです。

しかし、本作ではハリーと話しをするどころか、目を合わすことすらほとんどしませんでした。

なぜなのか。

これは、ヴォルデモートがハリーとの間にある“絆”を使ってハリーに危害を加えないようにするためです。

ダンブルドアはハリーを気にかけていることをヴォルデモートに悟られないために、ハリーに冷たく接したのです。

ヴォルデモートとハリーの“絆”とは

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版(3枚組)
そもそもヴォルデモートとハリーの“絆”とは何なのか。

ヴォルデモートはハリーを殺そうとしましたが、ハリーの母の愛により呪いは跳ね返されました。

呪いはヴォルデモートを破滅させましたが、一方でハリーの額にも稲妻の形の呪いを残す結果となったのです。

この呪いこそがハリーとヴォルデモートをつなぐ“絆”ではないでしょうか。

“絆”についての真相は、『ハリーポッターと死の秘宝』で明かされますが、二人の魂のつながりが“絆”だと本作から推測できます。

作中でもヴォルデモートがハリーとの“絆”を利用したシーンや、ハリーに影響を及ぼしたシーンが見受けられます。

ヴォルデモートが“絆”を利用したシーン

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Blu-ray]

ヴォルデモートがハリーとの“絆”を利用し、ハリーに影響を及ぼしたとされるシーンはいくつかあります。

  • アーサー・ウィーズリー(ロンの父親)が拷問にあうビジョンをみる
  • アーサー・ウィーズリーについてのビジョンをダンブルドアに知らせたときに怒り出す
  • シリウス・ブラックが拷問にあうビジョンをみる
  • ヴォルデモートがハリーの体に乗り移る

ヴォルデモートはハリーに、自らがみている光景や偽のビジョンを見せることができます。