しかし、アンブリッジのマグル迫害の本当の理由は彼女の性格ではなく、彼女の出自です。

彼女は半純血で、両親間の仲は非常に悪かったのです。

結果、魔法使いの父親とアンブリッジ、マグルの母親とスクイブの弟、と家族が別れました。

こうして、アンブリッジは徹底的なマグル嫌いになったのです。

ファン必見!ポッターモアとは

アンブリッジのストーリーはハリーポッターシリーズでは明かされていません。

これは「ポッターモア」というJ.K.ローリングのコラムや書下ろしストーリーが読めるサイトで公開されました。

2012年から日本語版も公開され、サイト内ではホグワーツの組み分けを体験できたり、グッズの販売もあります。

まさしくハリーポッターシリーズのファンにはたまらないサイトです。

不死鳥の騎士団の見所と裏話

ヴォルデモートの多彩な魔法をみられる唯一の作品

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 - Harry Potter and the Order of the Phoenix ハリー・ポッターシリーズ

本作の魅力は何といっても、終盤の魔法使い同士の激闘といわれています。

「不死鳥の騎士団」対「死喰い人」の対決。

そして作中最強の魔法使いダンブルドアとヴォルデモートが直接対決をした、シリーズ唯一の作品となります。

ヴォルデモートが圧倒することはあっても、作中魔法を使って交戦したのは、ダンブルドアとハリーのみです。

実はあの人は降板していたかもしれない

ファンの間では知られている裏話があります。

それは、本作を機会にハーマイオニー・グレンジャー役のエマ・ワトソンは降板を考えていたことです。

理由は、ハリーポッターシリーズの撮影のスケジュールがあまりにもタイトであったからです。

けれども、自分以外がハーマイオニーを演じることが想像もつかないという、役へのこだわりから降板を取りやめました。

物語のカギとなる予言の存在

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (上)

なぜヴォルデモートや「死喰い人」はハリーを神秘部におびき寄せたのかわからなかった方も多いと思います。

これはヴォルデモートがトレローニー教授の予言を直接聞こうとしたからです。

予言自体の存在は、ハリーを襲い、そして自身の肉体が消滅する前から知っていました。

しかし、改めてハリーを倒す手がかりとするために、直接予言を聞こうとしたのです。

ヴォルデモートや「死喰い人」との本格的な戦争が始まる本作は、魔法が飛び交う戦いが楽しめます。

また、ドローレスのサイドストーリーも知ったうえで観ると別の魅力がみえてくるかもしれません。