バチェラーに参加するにあたって、こうした願望が少なからずあったはずです。

だからこそ、迷った彼は今までとは違う選択をしたのではないでしょうか。

小口那奈子は心を開いていた?

男性を惑わす言動は巧みでしたが、彼女は本編の中でどれくらい本心を語っていたのでしょうか。

自分の生き方や考え方を語る場面はありました。ですが、他人との関係に対しては薄い壁を一枚隔てていた印象です。

掴めそうで掴めない感覚は、彼女が対人関係を避けていることが原因かもしれません。

「全て見せてはいけない」「私に注目させるように仕向けたい」といった感情が先走っていたのではないでしょうか。

不透明でミステリアスな要素は男性を強く惹きつけますが、結婚生活を思い描けない要因にもなったはずです。

駆け引きが生むストレス

駆け引きは相手の不安を煽って依存させる手法です。

追いかける側は知らず知らずにストレスを抱え込み、いつか疲れ果ててしまいます。

短期的な恋愛には向いていますが、長期的な恋愛には向いていないテクニックなのです。

恋と愛の違いとは?

最後のローズを渡す際、小柳津林太郎は「倉田茉美は愛」「小口那奈子は恋」と形容しました。

シーズン2で最も重要といえるこのテーマに迫りましょう。

小柳津林太郎の抱えていたジレンマ

彼は「愛と恋の違い」をバチェラーを通して思い出すことができたと語っています。

かつて結婚を意識した時の感情を思い出した、という意味ではないでしょうか?

タイミングの不一致を気にするあまり「直観」に頼りすぎた彼は、駆け引きの虜になってしまいました

深く傷ついた自分を守るため「愛すること」を抑制していたとも考えられます。

でも、どれだけロマンチックな恋愛をしても、なぜか満たされない…。

そんなモヤモヤを抱えながら過ごしてきたのだと思います。

恋と愛の違い

相手との駆け引きによる衝動を楽しむのが恋。そして、相手を受け入れることで得られる絆を実感するのが愛

「駆け引き」をしている者同士は、自分が傷つかないように深い関わりを回避しています。

「相手を受け入れる」ためには傷つくかもしれない恐怖を克服する必要があるのです。

バチェラーを通して彼は、過去の傷を癒すことができたのではないでしょうか。

最後に

決められた期間内に結婚相手を決めるバチェラーだからこそ、人となりが複雑に絡み合っていて考えさせられますね。

最後のローズを渡す時、名前を呼ぶギリギリまで迷ったようです。シーズン1でも最後には「直観」で決めたと語っていました。

でも、考察してみると決断には頷ける理由が隠れています

ぜひ恋愛の参考にしてみてはいかがでしょうか?