そしてそれは私たちの心の中の平和を保つためにも、ずっと必要なことなのかもしれません。