注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ハリー ポッターと炎のゴブレット(ネタバレ)】三大魔法学校対抗試合を徹底解説!なぜ3校?炎のゴブレットの秘密とは?

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00FIWNNMW/?tag=cinema-notes-22

ヴォルデモートの復活という衝撃的な内容の「ハリー ポッターと炎のゴブレット」。

2005年公開のシリーズ4作品目にして、重い内容のストーリー展開に泣き出す子供もいたようです。

本作品の三大魔法学校対抗試合を軸にして、数々の謎や秘密に迫ります。

驚くことに魔法学校は日本にも存在していました。

三大魔法学校対抗試合を紐解く

Harry Potter and the Goblet of Fire

「炎のゴブレット」でメインストーリーとなるのが三大魔法学校対抗試合ですが、試合はなぜ100年ぶりに復活したのでしょう?

命の保証がないものをなぜ開催するのか

元々三大魔法学校対抗試合は多くの生徒が死亡する為、中止になったイベントです。

ではなぜ、そんなに危険なものをわざわざ復活させたのでしょう。

学校の運動会というには、あまりにも内容が残酷過ぎるような気がします。

開催の謎を紐解くには、前作「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を見返す必要があります。

前作でヴォルデモートの手下であるピーター・ペティグリューが生きていたことが判明しています。

おそらくダンブルドアは、ヴォルデモート復活を予期したのではないでしょうか。

そこで他校との連携、結束を強めるために三大魔法学校対抗試合を開催したのです。

安全を確保しての試合のはずだった

ポスター ハリーポッターと炎のゴブレット PP-30477

劇中では伝わりにくいですが、今回の開催において安全は十分に確保されていました。

危険なドラゴンの登場でも、先生達がいつでも駆けつけることが出来るような状態でした。

原作を読めばわかりやすいのですが、湖の中にいた危険な生物は、ダンブルドアの友人なのです。

そして水中に入れられていた「大切な人」達は、地上に出せば目が覚める魔法をかけられていただけです。

ハリーは劇中で死に物狂いで助けていました。

しかし、教師陣は安全であることを知っていたので客観的にハリーの行動を観ることが出来たのです。

ムーディ(クラウンJr.)の策略で、危険な対抗試合の印象が強く残ってしまいました。