注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

ロマンス

アニメ

コメディ

  • 2020年1月15日
  • 0件

【ディパーテッド(ネタバレ)】タイトルの真意を考察!コステロがビリーに証拠を託した理由は?コリンが死を望んだのはなぜか

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B003EVW582/cinema-notes-22 “The departed”は、2006年度アカデミー賞最多4部門受賞作品です。 レオナルド・ディカプリオとマット・デイモンの名優の演技に加えて、ジャック・ニコルソンのハ […]

  • 2020年1月14日
  • 0件

【アーロと少年】感動に狂気を混ぜ込んだ理由を考察!大人向けの作品といわれるのはなぜ?監督と母親の関係を投影した場面も紹介

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B01HIPZLXA/cinema-notes-22 2015年公開の『アーロと少年』は、ピクサーが描くファンタジー世界が魅力的な映画です。 もしも恐竜が絶滅していなかったら、というパラレルワールドが様々な意見を生み出しました。 感動の […]

  • 2020年1月12日
  • 0件

【アラバマ物語】評価され続ける理由を徹底解説!役柄の視点別に物語を展開させる演出方法とは?作品が伝えるメッセージも考察

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B0067G4ZJ8/cinema-notes-22 「マネシツグミは殺してはいけないのよね?」と父親に問いかける少女の瞳は不安げに揺れています。 少女の父親は弁護士でそのころ結果の見えている非常に厄介な事件の弁護を担当していました。 […]

  • 2020年1月12日
  • 0件

【きみと、波にのれたら】メッセージを送った港の心境を考察!もう会えないと知りつつなぜ笑顔だった?登場する卵料理の意味とは

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07X8WXKJY/cinema-notes-22 『きみと、波にのれたら』は、2019年6月21日公開の日本のアニメーション映画です。監督は湯浅政明監督。 「夜明け告げるルーのうた」で炸裂した「海の表現」を今作でも存分に見せてくれて […]

  • 2020年1月9日
  • 0件

【ゼロ・グラビティ】画的な演出のメタファーを徹底考察!無重力の正確な表現にこだわる理由とは?犬の鳴き真似の意味にも迫る

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00DY64A3U/cinema-notes-22 アルフォンソ・キュアロンは撮影監督であるエマニュエル・ルベツキとの名コンビで知られるメキシコ出身の名監督です。 2人は『大いなる遺産』や『天国の口、終りの楽園』などで画的に美しい映画 […]

  • 2020年1月9日
  • 0件

【ヒックとドラゴン】片足を失う意味を考察!巨大ドラゴンと戦った理由は?ドラゴンを殺す描写があるのはヒックだけなのはなぜか

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B0784WVSNV/cinema-notes-22 ヒックとドラゴンは「ヒックとドラゴン2」「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」へ繋がるヒックとドラゴンシリーズの第1章。 普段はミスばかりで頼りないバイキングの鍛冶屋ヒックと、姿すら見た […]

  • 2020年1月9日
  • 0件

【砂の器】和賀が殺人を犯した本当の理由を考察!ハンセン病への差別や偏見が与えた影響は?傑作ミステリーと称される理由に迫る

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B000O78YFM/cinema-notes-22 推理小説界きっての社会派として知られる松本清張のベストセラーミステリーを1974年に映画化した「砂の器」。 日本映画としてもその完成度の高さから歴史に残る一作として人々の記憶に長く留 […]

  • 2020年1月8日
  • 0件

【雨に唄えば】ミュージカル映画の金字塔となった理由を徹底解説!古き良きアメリカを感じさせる演出とは?製作秘話も紹介

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00F4MWMXM/cinema-notes-22 1950年代を中心に時代を席巻したハリウッド・ミュージカル映画。 その中でもMGMのアーサー・フリード製作による作品群は名作揃いで知られています。 「雨に唄えば SinginR […]

RANKING ランキング