注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ミュウツーの逆襲 EVOLUTION】EVOLUTIONの意味を徹底解説!オリジナル版との違いは?サトシの矛盾にも迫る

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07S28WYMJ/cinema-notes-22

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は2019年に公開した劇場版第22作目です。

1998年に公開した劇場版第1作目『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』のリメイク版となります。

ポケモンの劇場版で最もファンから愛されている作品であるため、今回のリメイクは大きな話題を呼びました。

今回は、そんな本作の“EVOLUTION”の意味、オリジナル版との違い、そしてサトシが抱えた矛盾を徹底解説します。

「ミュウツーの逆襲」には3パターンある

劇場版ポケットモンスター「ミュウツーの逆襲」「ピカチュウのなつやすみ」

実は「ミュウツーの逆襲」に3パターンあることをご存知でしょうか。

一般的な3パターンの呼び方として「劇場公開版(オリジナル版)」「ラジオドラマ版」「完全版」があります。

なぜ3パターンもあるのか。

『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』(劇場公開版)は、本来アニメ版とリンクさせるはずでした。

アニメ版と組み合わせることで、ミュウツーの描写や背景をより深く描こうとしたのです。

しかしポケモンの放送が休止されたこともあり、公開前にアニメでミュウツーを描けなかったのです。

そのため公開後ミュウツー誕生のエピソードを追加したものや、海外での公開のため要所をCG化したものと、3パターンできました。

本作はどこが「進化」したのか

【映画パンフレット チラシ付き】ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION POKEMON THE MOVIE 2019 古代ミュウのカード付き ポケモン

本作は劇場版第1作目の公開から20年以上の月日が経って制作されました。

本作のタイトルは『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』であり、EVOLUTIONには「進化」という意味があります。

では本作がどのように「進化」したのか、みていきましょう。

歴代最高傑作を3DCGで再現

観てわかる通り、映像が全編3DCG化されています。

この映像は、まさしく「進化」と呼ぶにふさわしいものでしょう。

映像が3DCG化されたことで、人物や背景の描写に非常にリアリティが増しています。

ジャングルや月などの自然が映された部分では、リアリティがあるだけでなく美しい映像にも仕上がっていました。

またポケモンとコピーポケモンの戦闘シーンもリアリティが加わり、迫力が一段と増したことがわかります。

3DCGは、コンピューターの性能の向上で、近年特に発展が著しい技術です。

3DCGにより緻密で繊細・高品質の映像が作られるようになったことで、ポケモン史上最大の名作が魅力を増して再現されました。

戦闘シーンがEVOLUTION

映像の「進化」もありましたが、ポケモン同士の戦闘シーンも「進化」していたことにお気づきでしょうか。

3DCGで迫力のある戦闘シーンになっていたこともありますが、初代ポケットモンスター以降の技も出ていました。

「エナジーボール」「リーフストーム」などがその技です。

ともに第四世代「ダイヤモンド・パール」以降に登場する技が、本作でも使われています。

またリザードンとコピーリザードンとの戦いもオリジナル版と少し異なっているのです。

オリジナル版ではリザードンはコピーリザードンに圧倒される描写が特徴的でした。

しかし本作ではそこまでの力の差は描かれませんでした。

オリジナル版と違いは

【映画パンフレット チラシ付き】ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION POKEMON THE MOVIE 2019 古代ミュウのカード付き ポケモン