注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【時計じかけのオレンジ】タイトルの意味を徹底考察!アレックスたちはなぜ暴力に取りつかれているのか?ナッドサット語も解説

SF clockwork orange

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/1708594000/cinema-notes-22

スタンリー・キューブリック監督といえばコッポラやスコセッシなどと共にハリウッドの歴史に大きく名を刻む巨匠です。

そのキューブリックにとって代表作ともいわれるのが『時計じかけのオレンジ』です。

公開から50年近くたっても、映像・演出・セリフと多くの点で今もなお新鮮さを保っています。

タイトルの意味や全編で描かれる暴力、また独特のセリフ回しの元になったナッドサット語などなど。

そういった点を切り口にして、ハリウッド・クラシックと呼ばれるこの不朽の名作を掘り下げてゆきましょう。

時計じかけの人間を生み出したルドヴィコ療法とは

時計じかけのオレンジ☆A Clockwork Orange レア☆シルク調☆ファブリック ポスター☆2 スタンリーキューブリック - 約18x14インチ

『時計じかけのオレンジ』というタイトルの意味を知るには、まず作中で出てくるルドヴィコ療法について深く知る必要があります。

概要

ルドヴィコ療法とは映画および原作小説に出てくる架空の科学的な犯罪治療法です。

シンプルにいえば、暴行や強姦などで得られるエクスタシーを投薬によって強烈な不快感と結びつけ、犯罪行為を自己抑止する治療法のこと。

具体的には犯罪者に対してさまざまな悪行の映像を長期間・反復的・強制的に見せながら同時に薬による吐き気を与えるもの。

主人公アレックスは特殊な機械で常に目を見開かれた状態で、そんな地獄を体験することになりました。

ルドヴィコ療法は素晴らしい結果を出しました。治療によってアレックスは小さな悪行もできないほどに去勢されたのです。

アレックスの服役中、彼を監視していたヒトラー似の看守も、その目覚しい成果に呆然とするほどでした。

ルドヴィコ療法が実用化されればほぼ間違いなく刑務所の必要性もなくなるでしょう。

人間らしさは選択権にあり

しかしルドヴィコ療法には致命的な欠点もあります。それはただの対処療法であり犯罪者の更正を促す根治療法ではないのです。

映画の中で牧師は、犯罪者が善行を選ぶことこそが最も大切だということを訴えます。この点はこの映画の最大のテーマだといえるでしょう。

映画マトリックス・シリーズでも、最終的に人間らしさを決定づけるものは「選択」だという結論に至っています。

それがたとえ悪行だとしても、個人からその選択肢自体を奪うことは果たして正しいことなのか。それは悪行以上に悪い行いなのではないか。

このようにルドヴィコ療法は人間についての深い考察を促します。

『時計じかけのオレンジ』ってどういう意味?

Stanley Kubrick's Clockwork Orange (1971 Film)

この意味不明なタイトルは一体どこから来ているのでしょうか。

語源はロンドンの労働者階級のスラング

映画の原題は『A Clockwork Orange』になります。

まずClockworkですが「Queer as a Clockwork」というスラング・俗語が昔のイギリスの労働者階級の中にあったのだそうです。

直訳すると時計じかけのような奇人・変人。これは時計のように機械的にルール通りにしか生きられない人への皮肉だったはずです。

日本ではそういう人はマジメで誠実だと称えられがちです。が、逆に個人主義の根強い西洋では人間味のない変人に見えるのでしょう。

アレックスはルドヴィコ療法によって、社会規範やモラルに完全に従属させられます。

そのさまはまさに一分一秒と精確に針を打つ時計そのものでしょう。

オレンジに込められた言葉遊び

Orange・オレンジは原作者のアンソニー・バージェンスが言語学者でもあったことが絡んでいるでしょう。

バージェンスはマレーシア語で、人間のことを「Orang・オラン」と呼ぶことに注目したそうです。

マレーシアに生息するオラン・ウータンも直訳すると「森の人」という意味になります。

後述もしますがバージェンスは他言語と英語を組み合わせる言葉遊びが好きです

なので『A Clockwork Ogange』のオレンジにオランを重ねたとしてもおかしくありません。

むきだしの非力な果実

Clockwork Orange ハードカバー

オレンジはただ単に果物のオレンジをイメージしたものとも取れます。

多くの人はアレックスのようにみずみずしい若者のメタファーだと捉えているのではないでしょうか。

また彼はルドヴィコ療法によって、横暴な人にも抵抗することができず子どものように非力な若者になってしまいました。

そのあまりの脆弱さもまた果実であるオレンジのむきだしの弱々しさと重なります。

アレックスはオレンジのように簡単に握りつぶせる哀れな男になってしまったのです。

ナッドサット語を解説

Modern Classics a Clockwork Orange (Penguin Modern Classics)

『時計じかけのオレンジ』では語り手のアレックスが奇妙な言葉・ナッドサット語を口にします。その語源と効果について解説しましょう。

英語とロシア語の混成語

原作者アンソニー・バージェンスは言語学者でもあり、多くの言語に通じていました。本作のセリフでは英語にロシア語が混ぜられています。

ナッドサット語という名称もロシア語から来ています。

英語では数字の13から19までが「Thirteen, Fourteen, Fifteen」というふうに続きすべて最後に「teen」が入ります。

ロシア語でも英数字とほぼ同様に11から19までの数字の最後に決まった言葉(接尾辞)が入ります。それがナッドサットです。

つまりナッドサットとは「複数のTeen・若者集団」を表すロシアの隠語だといえるでしょう。それは若者言葉の総称としてピッタリです。

キューブリック監督のティーンカルチャーへの敬意

大きな写真「時計じかけのオレンジ」キューブリック監督2

バージェンスの原作を受けキューブリック監督が映画にもナッドサット語を入れたのはなぜでしょうか。

普通なら英語圏の人でも分かりづらいので回避するものです。また日本などの非英語圏の国では翻訳しづらくなります

それでもキューブリックがあえてナッドサット語を積極的に入れたのは若者たちへの敬意からではないでしょうか。

言語というのは文化やコミュニティに直接結びついています

そのためアレックスたちが独自の人工言語・ナッドサット語を話すことは、1つの独立した世界を作り出していることを印象づけます。

それが悪の帝国だとしても、彼らは大人の汚れた世界には染まろうとはしていません。ナッドサット語はそんな若者の誇り高さをも伝えます。

人工語で言語の風化を抑止

Stanley Kubricks a Clockwork Orange ペーパーバック

『時計じかけのオレンジ』は公開から約半世紀もの時を経ながら未だに鮮烈です。

ファッション・室内装飾・映像効果などなど。そういったものが目に見える形で時を越えたシンプリシティと芸術性を訴えてきます。

そしてナッドサット語もまた時代の風化から作品を守っているといえるでしょう。

日本人であれば同じ言葉を話す邦画を見ればすぐに時代が分かります。生き物でもある言葉にはその時代ごとに固有の特徴があるからです。

ハリウッド映画でもその英語の話し方によって多くの日本人は大体の時代感がつかめるでしょう。

その点ナッドサット語が満載の『時計じかけのオレンジ』はある程度、そんな言語的風化を免れます。

トルチョック(殴る)・ドルーグ(仲間・友達)・ビディ(見る)・デボチカ(女の子)。

そういった人工語は混ぜるだけで大昔の言葉が持つ固有の古さを消してくれます

特に英語圏の人が今もこの映画に新鮮なイメージを感じるのは、ナッドサット語があってのことでしょう。

アレックスたちドルーグはなぜ暴力に走るのか

スタンリーキューブリック時計じかけのオレンジポスター24x36 [並行輸入品]

『時計じかけのオレンジ』は過激な暴力映画としても広く認知されています。なぜあそこまで暴力がはびこっていたのでしょうか。

格差

アレックスたちドルーグ(仲間)はケンカや強姦や強盗に日々明け暮れています。その最たる要因は格差にあるのではないでしょうか。

映画は不特定の時代を舞台にしていますが、明白に貧富の差が描かれています。アレックスたちが夜に襲撃するのは決まって豪邸です。

一方で、アレックスの自宅があるマンションの入り口付近はまるで空き家のように荒れていました。作中にはまた浮浪者の群れも登場します。

その貧富のギャップは映画全般で強調されていました。いつの時代も若者の反社会的な暴力の根源には格差があります。

アレックスたちもその理不尽さを暴力で晴らしていたといえるでしょう。

社会に変革をもたらす衝動

時計じかけのオレンジ アレックス 12インチ フィギュア A Clockwork Orange ALEX 12

しかしアレックスは貧困層の若者だともいえません。良いマンションではありませんが彼にはおしゃれな部屋があり心優しい両親もいます。

おまけに可愛いデボチカ(女の子)たちを連れ込めるほど部屋には立派なオーディオセットまであります。

アレックスはアーティスト型の不良だという見方もできるでしょう。そういう不良はエゴのために反社会的な行動を起こしません。

実際、アレックスがドルーグと仲間割れをしたのは、彼がいつまでもお金に執着せず本物の強盗になりきれなかったからです。

そういうタイプは社会に変革を起こすために犯罪を起こすものです。

アレックスの暴力性の根源にはより良い社会を作りたいという願望もあったのかもしれません。

アレックスは暴力的な衝動を克服できたのか?

Clockwork Orange CD ? オーディオブック

センセーショナルなBGMの元、天国のような場所でアレックスがセックスに興じる姿でこの映画は幕を閉じます。

「完全に治ったね。(i was cured all right)」

引用:時計じかけのオレンジ/配給会社:ワーナー・ブラザース

そんなセリフも加わるこの1シーンは一体、何を意味するのでしょう。文字通り、アレックスは自身の暴力性を克服できたのでしょうか。

ほとんどの人はそうは思わなかったでしょう。これはキューブリック監督流の意地悪なアイロニーであるはずです。

夢想として描かれるこの場面はアレックスの内在化された衝動ではないでしょうか。ルドヴィコ療法は彼の暴力性を根治できなかったのです。

そのため療法による条件反射の効力が切れればアレックスの衝動は再び表面化し、暴行や強姦につながるでしょう。

結局、科学療法を施しても自殺未遂を起こしても世間から同情されても、彼はまったく変わらなかったのです。

映画は最終的に若者の暴力性を抑えることの途方もない難しさを突きつけたといえるのではないでしょうか。