注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【薄暮】いわき市を舞台にしたことで深みが増したポイントを徹底解説!監督がこの映画に込めた思いとは?聖地も要チェック!

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/4909343008/cinema-notes-22

東日本大震災・復興プロジェクトとして山本監督が手がけた劇場アニメーション「薄暮」

岩手・大槻町が舞台の「blossom」、宮城・仙台市が舞台の「WUG」に続く“東北三部作”の最終章は、福島県いわき市が舞台となりました。

東日本大震災から6年。「薄暮」は、現在も被災地となっているいわき市に住み懸命に生きながら成長していく高校生の青春ラブストーリーです。

クラウドファンディングの協力により映画製作が実現したことでも話題の作品になりました。

当時、震災により原発事故が起きたいわき市。この土地が「薄暮」の軸となり、さらに映画の世界観に深みを与えています。

今回は「薄暮」の世界観、監督がこの映画にこめた想いを解明しつつ、映画の聖地となったいわき市についても解説していきましょう。

いわき市が舞台となったことで

いわき市の自然がもたらす影響

今を生きる高校生の物語の舞台に選ばれたのは、東日本大震災で被災地となったいわき市でした。

私たちが決して忘れてはいけない東日本大震災を経験した主人公

復興中のいわき市を舞台にすることで、山本監督は何を描きたかったのでしょうか。

「薄暮」と芸術

「薄暮」の中心には芸術が存在します。

音楽を愛し被災後もヴァイオリンをやめなかった小川佐智と、今までの風景を失った福島を思い、絵を描く雉子波祐介。

2人を結びつけたのは、福島の壮大な自然な中で佐智が奏でる音楽と、壊れかけた福島の地を残す祐介の絵でした。

つまり2人の心は芸術で結ばれたのです。しかもそれは被災地「福島」「いわき市」だからこそ際立つもの。

壮大で豊かな福島の自然とそれを失いかけてしまった東北大震災を風化させないという山本監督の想いが、この映画のストーリーから読み取ることができます。

音楽から読み解く「薄暮」

「薄暮」には主題歌「とおく」をメインに様々な音楽が本編を際立たせます。

2人を結びつけた音楽から3つを抜粋し、「薄暮」に深みを与えたポイントを読み解きます。

「弦楽四重奏曲第14番」 作曲 ベートーヴェン

Karajan, Beethoven: The Symphonies

ベートーヴェンの最晩年の傑作として知られています。

ベートーヴェン自身会心の作であるこの曲は、芸術性が高く、真っ赤に染まる「薄暮」が目に浮かぶ楽曲です。

また伝統的なクラシックの型から大きく隔つ旋律に変化しています。

この選曲から、大震災の前後で変わったいわき市の風景や2人の気持ちの変化を物語っていることが理解できます。

佐智が部活で組んだカルテットが最初に挑戦する曲だという点も、この曲の重要性の裏付けでしょう。

「薄暮」の中で何度も登場するこの「弦楽四重奏曲第14番」。

震災の記憶を風化させずいつまでも心の中に残して欲しいという、山本監督の願いが込められていることが分かります。

「朧月夜」 作曲 岡野貞一

朧月夜 … 岡野 貞一 【弦楽四重奏】

佐智が祐介に出会って、初めてヴァイオリンを披露したときの曲です。

佐智から奏でられる音はホールの残響とはまた違い、世界そのものが共鳴しているようでした。

菜の花畑に広がるヴァイオリンの調べは、風の音、草のざわめきの音と優しく混じり合います。

自分の音がこれ程世界に溶け込んでいくのは、初めての体験かも知れない。

引用元:薄暮/配給会社:プレシディオ

自分が生み出す音にうっとりするのと同時に、祐介との時間に喜びを感じるようになるのです。

ただ相手への想いが募るのみならず、自分自身を愛せるようになっていく。

それはいわき市の自然と芸術の融合があってこその気付きなのです。

単なる恋愛アニメとは一線を画す深みだといえるでしょう。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」作曲 ピエトロ・マスカーニ

 間奏曲〜歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より(マスカーニ/清塚信也 編)

マスカーニの代表作ともいえるオペラ曲です。

この曲は、祐介のスケッチブックに描かれていたある少女の顔を見たときに、佐智の脳内で流れました。

清く美しいクラシックで構成されていた「薄暮」の中で、唯一登場するオペラ曲です。

この曲を用いることで、佐智の祐介に対する嫉妬心や不安を表現しています。

そうです、このオペラ曲がつくられた背景には、男女の浮気・激怒・復讐があるのです。

分かりやすい言葉で表現するのではなく、音楽で感情を表現している「薄暮」。

声高に被災を嘆くのではなく、以前の暮らしを取り戻そうと黙々と復興に向かういわき市の人々の様子が浮かびます。

薄暮の世界観

「薄暮」とは、夕方の暗くなりかけたころであり、同時にオレンジの光が段々と暗い空に変わっていく状態を指します。

作中には夕暮れのシーンが多く、福島の美しさ・ダイナミックさを物語っています。

「バス停前の田園風景に広がる薄暮」のシーンは圧巻であり、福島の現実に立ち向かう青春の美しさが感じられる瞬間です。

震災によって人々が去り、失われかけた福島の景色。しかし、唯一変わらないのは夕暮れの美しさでした。

佐智と祐介は遠くの山々にゆっくりと日が沈む瞬間を共有し、心を近づけていったことが分かります。

この時間のことを「薄暮」と呼ぶのだと、2人は知ったのです。

きっかけは2人の出会い

佐智と祐介が出会い、バス停での会話を重ね、どのように成長していったのでしょうか。

佐智の存在が祐介を助ける

震災による心の傷を抱えたままでいた佐智と祐介は、同じ薄暮を眺め空間を共感しあうことで、現実を受け入れ始めました。

初恋相手の顔を忘れられずにいた祐介。

佐智がヴァイオリンに打ち込む姿やアイデンティティを強く持ち懸命に生きる姿を目にしたことで「今」と向き合います。

そして少しずつ「今」を生きるようになっていったのだと解釈できるのです。

2人が現実を受け止め、支えあいながら乗り越えた先に見えた答え。

それは夕焼けが映える屋上での祐介の告白キスでした。

ストーリーから解明できる、山本監督からのメッセージとは

壊れかけながらも佐智と祐介は互いに惹かれあい、一緒の空間を過ごすことで心を癒していきます。

この映画から伝わる山本監督の思いは、「今」を生きてほしいということではないのでしょうか。

震災が起き、ある人はいわき市を離れ、ある人は呆然とし、ある人はやり場のない怒りに震えたはずです。

それでも福島は、着実に本来の姿に近づきつつあります。

前に進んでいる「今」を見つめて欲しい。

震災で崩れかけた心の状態であっても、支えあいながら少しずつでも現実を受け入れてほしいという想いが込められているのです。

「薄暮」の舞台 福島県いわき市とは?

福島県いわき市は、福島県浜通りの南部に位置あり、東北地方で2番目に人口の多い都市です。

当時、東北大震災による地震・津波被害だけでなく震災後に起きた原発の事故に伴う被害も大きく「原発に近い街」として風評被害も残っています。

山本監督の東日本大震災に対する思いとは

2019年11月に起きた台風19号でも被害を受けたいわき市。山本監督は現在も、被災したいわき市に足を運びボランティア活動に励んでいます。

東日本大震災発生当時を思い出しました。また機会を見つけてボランティアに参加したいです。

引用元:https://www.minpo.jp/news/moredetail/2019110769448

こう話す山本監督の姿から、「薄暮」公開後もいわき市を愛し東北の復活を願う気持ちを感じることができますね。

「薄暮」の聖地巡礼

監督の想いは東北を舞台にしたアニメーションを制作して終わり、というわけではないのです。

この作品の背景には東北の再生を願い、多くの方に東北の今を知ってほしいという思いがあります。

そして、この映画を通して東北に恩返ししようという監督の意図も感じられるでしょう。

恩返しの方法のひとつとして、山本監督は「聖地巡礼」を挙げています。

「薄暮」を観た多くの方が聖地巡礼のために被災地に足を運び、福島の現状を知ること。

金銭面で復興を支えるのはもちろん、被災地を訪れることで「今」の大切さを感じ取って欲しいと願っているのです。

まとめ

 薄暮/IMAGE ALBUM

いかがでしたでしょうか。

今回は山本監督のアニメーション映画「薄暮」について解説して参りました。

東日本大震災で被災したいわき市で懸命に生きる高校生の心の成長が描かれた作品です。

舞台をいわき市に置いたことで、物語の些細な描写や使われる音楽にも深みが増していたのがお分かりいただけたかと思います。

そしてなによりも「薄暮」を通して震災を風化させずいつまでも私たちの心に刻まれるように、という願いが込められていました。

山本監督をはじめクラウドファンディングを通して協力してくれた方々の希望がつまった作品といえるのです。