注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ブレイキング・バッド】ウォルターが真の意味で「ハイゼンベルク」に変化したのはなぜか考察!人格を変える存在は身近に息づく

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B00I96C1EK/cinema-notes-22

2008年から6年間にわたって放送された『ブレイキング・バッド』は、世界中の称賛を集めたアメリカ発のドラマシリーズです。

見所が沢山ありますが、今回は主人公であるウォルター・ホワイトの内面にフォーカスを当てて考察していきたいと思います。

彼が新の意味で「ハイゼンベルク」になってしまったのはなぜか、彼を変えていったものは一体何だったのか……。

ひとりの男が転落し変貌していく人生を徹底的に紐解いていきましょう。

劣等感がハイゼンベルクを生み出した

GREENLIGHT 1:64SCALE HOLLYWOOD

シーズン1のウォルターには、父親としての顔が色濃く残っています。

余命を宣告された彼の下した選択はその後の人生を大きく変貌させてしまいますが、なぜ彼は「ハイゼンベルク」になったのでしょう。

本当に家族の為なのか

ウォルターは自身の学校の生徒やアルバイト先の上司から、いじめともとれる行為を受けていました。

自身の余命を聞かされたとき、彼の中でそれまで押さえていた思いが爆発したのではないでしょうか。

劇中でウォルターは何度も家族の為といっていました。

しかし彼にフォーカスを当てて観ていくと、家族の為というのは行動のきっかけにすぎません。

ハイゼンベルクとして生きていくにつれ、彼は自身の為にメスを製造していました。

間違った認識の「男」の責任

ブレイキング・バッド 6インチ アクションフィギュア/ウォルター・ホワイト as ハイゼンベルグ

ウォルターが家族を思う気持ちは本物です。

しかしウォルターが本当に家族の為を思うのなら、シュワルツ夫妻やハンクからの援助を受けるべきでした。

しかし彼は自身のプライドやエゴの為に、メスで儲け自分で資金を用意するという選択をしています。

自分が家族を救う存在でいなくてはいけないという間違ったプライドは、彼がこれまで経験してきた劣等感が原因です。

いいかえれば、彼の劣等感がハイゼンベルクを生み出してしまったといえるでしょう。

彼の未来を示唆するセリフがある

変化を学ぶことが科学の狙いだ

成長や、衰えも化学変化というわけだ

引用:ブレイキング・バッド/配給会社:AMC

上記は劇中の冒頭部分で、ウォルターが生徒に授業をしている際のセリフです。

このセリフは、その後の彼の人生を示唆しているセリフとして話題になっています。

彼がハイゼンベルクへと変化していったのも化学変化のひとつなのです。

生きている実感がハイゼンベルクを育てた

ブレイキング・バッド (字幕版)

ウォルターはメスの製造を機に、どんどん悪の道へとのめり込んでいきます。

彼をそこまで駆り立てたものは一体何だったのでしょう。

人を殺すという心情

ウォルターはエミリオの殺害からはじまり、多くの人を殺害しています。

その多くは彼自身を脅かす存在という理由からの殺人です。

中にはゲイルのように、危害に関係なくメスを作るのに邪魔な存在だからという理由で殺した人もいました。

普通の精神を持っている人間ならば、人を殺してしまったら自分の心にも大きな傷が残ります。

しかしウォルターは、例え殺害したのが悪人とはいえ殺したあとも平然としていました。

余命2年という短い中で暴走している彼にとって、人並みの感情は失われていたようです。

保身のために人を殺すのは小心さゆえ

ウォルターは元々小心さを持った人物です。

そんな彼が危険な裏社会に足を踏み入れたので、他人を疑い他人を排除することで自身に安心を与えていたのかもしれません。

ウォルターは殺される可能性があるなら、先に殺してしまおうと考えるタイプの人物です。

頭の回転がよく、彼が元々持っていた冷淡さがハイゼンベルクを成長させていったのでしょう。

彼が妻に残した告白がすべてを物語る

テレビポスターブレイキング・バッドシーズン5ファイナルSofのポスターオン32X24ウォルターとジェシー [並行輸入品]

自分がしたことは家族のためでなく、自分のためにやったことなんだ

生きている実感が出来た

引用:ブレイキング・バッド/配給会社:AMC

ウォルターは最後に家族に会った際に、妻に上記のセリフを残しています。

彼自身「家族の為」ではないということに気が付いていたのです。

人を殺すことで自分の「生」を実感し、自分のメスが売れることで自分の技術力を実感できたのでしょう。

もしも彼がまっとうな道でその技術力を発揮できていたら、彼の人生は180度違ったものになったはずです。

抑圧からの解放や自分への陶酔

彼は日々の生活で実力を認められず、やりたくないアルバイトまでして抑圧された人生を送っていました。

ハイゼンベルクとしての自分は、自由で大金を転がすような生きがいのある人物です。

彼は話が進むごとに自分を縛りつける存在の人物と距離をおいていますが、そうすることで抑圧からどんどん解放されているのです。

彼は解放という欲望にのまれ、自分の力に陶酔することで新のハイゼンベルクとなったのでしょう。

「ハイゼンベルク」を名乗った理由

ブレイキング・バッド (字幕版)

そもそもなぜウォルターはハイゼンベルクと名乗ったのでしょう。

彼がトゥコに名乗った「ハイゼンベルグ」という名には、どんな意味があったのでしょう。

後にハンクはこの名を不気味だといっています。

アインシュタインは、「ハイゼンベルクがとうとう、原子炉の開発に成功したので、原爆を作るのは時間の問題だ。」と考えた。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ヴェルナー・ハイゼンベルク

ハイゼンベルクは実在した物理学者で、大量殺人の原爆を生み出す元を作った人物です。

そして彼もまた、大学の教師だったという過去を持っているのです。

彼の話はドラマ化などもされており、ウォルターにとって身近な人物だったのかもしれません。

ハイゼンベルクが癌で命をなくしていることもあり、自分との共通点を見出しての命名だったのでしょう。

人格を変える存在

ブレイキング・バッド (字幕版)

人は環境に左右される生き物といわれています。

本作品では多くの登場人物が他人の人格を変える存在として登場しています。

ウォルターの悪魔的な存在

ウォルターは彼の周囲の人間を不幸へ導く悪魔的な存在です。

ジェシーやソウルを始めガスなど多くの人物が彼によって自身の人格を変えられています。

更に妻スカイラ―さえも、罪へ加担させることで人格を歪められてしまうのです。

しかしウォルターのような勢いの強い存在ばかりが他人の人格を変える存在ではありません。

エリオット・シュワルツ

エリオットはウォルターの人格に大きな影響を与えました。

彼に劣等感を抱かせた存在です。

勿論意図的にではなく彼に非はないのですが、友人であった彼と自分との差がウォルターの心を歪ませていったのは否めません。

子供達の存在がハイゼンベルクをウォルターに戻した

ソフトシェル ブレイキング・バッド ファイナル・シーズン BOX(4枚組) [DVD]

ハイゼンベルクとして落ちるところまで落ちたウォルターですが、最後に自分の子供達に父親としての視線を送ります。

ラストに近づくにつれ、彼の人格はもはやハイゼンベルクとウォルターの差がなくなっている状態でした。

しかし子供たちの存在が、かつてのウォルターとしての優しい人格を引き戻したのです。

良くも悪くも人格を変える存在は、身近に存在しているのでしょう。

敵は主人公ハイゼンベルク

ブレイキング・バッド (字幕版)

本作の主人公であるウォルターは、観る者を共感から嫌悪へと導くほどの極悪人です。

教え子を利用し子供に毒を盛りながらも「家族の為」と狂気を正当化しています。

しかしウォルター(ハイゼンベルク)は進むべき道の選択ミスにより、誰しもがなりうる存在なのです。

『ブレイキング・バッド』中の最大の悪はガスではなく、主人公ウォルターといえるでしょう。

麻薬問題を中心に、ひとりの男の生き方を問う話題作は何度観ても答えが見つからない作品ではないでしょうか。