注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【名探偵コナン 14番目の標的(ネタバレ)】標的になった人達の意外な共通点とは!?14番目のターゲットって誰のこと?

出典元: https://www.amazon.co.jp/dp/B004H2YOAY/cinema-notes-22

「次に狙われるのはだれだ!?」というキャッチコピーがワクワク感を掻き立てる劇場版シリーズ第2作目「名探偵コナン 14番目の標的」。

毛利小五郎と周囲の人たちが巻き込まれる連続事件ですが、被害者達にはある共通点がありました。

その法則が分かってからは、次に誰が狙われるのかという緊迫した展開に、手に汗握らされっぱなしです。

13人で終わるはずの事件。しかしタイトルは「14番目の標的」と銘打っています。14番目は一体誰だったのでしょうか。

今回はそんな「14番目の標的」の謎を紐解いていきます。

被害者の共通点

1000ピース ジグソーパズル 名探偵コナン コナンキャラクターズ
標的にされた人物には数字という共通点がありました。

そのことに途中で気がついたコナン達は先回りして被害を食い止めようと試みます。

目暮十三 (13) → 妃英理 (12) → 阿笠博士 (11) → 辻弘樹 (10) → 旭勝義 (9) → 沢木公平 (8) → 小山内奈々 (7) → 宍戸永明 (6) → 毛利小五郎 (5) → ピーター・フォード (4) → 白鳥任三郎 (3) → 仁科稔 (2) → 工藤新一 (1)

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナン 14番目の標的

被害者の名前には数字が入っていました。しかも毛利小五郎本人だけでなく彼の知り合いばかりです。

トランプの数字になぞらえて名前に13から1までの数字を含んだ彼らは次々と標的になっていきます。

しかし犯人は最初から被害者を全員殺害するつもりはありませんでした。犯人が本当に殺したかったのはその中の4人だけです。

それは小山内、旭、辻、仁科。彼らは犯人曰く被害者になる理由があったようです。

あきれた犯行理由

劇場版 名探偵コナン 14番目の標的(Blu-ray Disc)
犯人である沢木のあまりにも身勝手な犯行理由に誰もがあきれました。

そんなことくらいで?と思ってしまう理由ですが、本人にしてみれば人生を狂わされるほどのことだったようです。

生き甲斐を失った

沢木は完璧なソムリエでありたいという美学を持ち、その仕事を誇りにしていました。

ソムリエは彼にとってまさに天職。生き甲斐だったともいえるでしょう。

そんな彼はある日突然他人によってソムリエという職を奪われてしまいました。

味覚障害
になってしまったのです。ワインの繊細な味を見極めるソムリエにとってその病気は致命的でした。

味覚障害の原因となったのは頭部の外傷や精神的ストレス。それらを引き起こしたのがさきほどの4人です。

4人を殺す動機

頭部の外傷は小山内の危険な運転に巻き込まれたせいでした。

バイクに乗っていた沢木と危うく接触事故を起こしそうになった小山内。

彼女が安全運転をしていれば事故は起こらなかったはずです。

それに事故の後すぐ適切な処置をしていれば沢木も味覚障害にならずに済んだかもしれません。

他の3人は沢木に精神的なストレスを与えたとしています。

例えば旭はその豊富な資金で希少なワインを買い漁る一方、ワインの管理はずさんでした。

仁科はグルメを気取って知ったかぶりで間違ったワインの知識を読者に植え付けたという理由で殺害されそうになります。

そしてパーティの席でソムリエとしての尊厳を汚した辻。沢木は名誉やプライドを踏みにじられたと憤慨していました。

真犯人の手掛かり

丸眞 ループタオル 名探偵コナン 約33×33cm チェイス 抗菌防臭加工 名前ネーム付
当初犯人だと思われていた村上丈は出所してから日にちが浅く、毛利小五郎の周辺を調べるのは到底無理です。

真犯人は別にいるのではないかとコナンは考え始めました。そして少しずつ真犯人への手がかりを発見。

まずは利き手の違いに気づきます。ディーラー時代の写真を見ると村上丈は左利きでした。

しかし小山内の遺体にくっきり残った犯人の手の跡から真犯人は右利きであると気づきます。

不意に沢木が目に止まったコナンは、ソムリエでありながらチリパウダーを舐める姿に違和感を抱きました。

刺激物であるチリパウダーを舐めるなんて、舌の繊細さが必要なソムリエがする行為ではありません。

そこでコナンが沢木への疑念を抱き、味覚障害という突破口を見出したのです。それでも全てはまだ推測の段階。

コナンは確証を得るために沢木に水の代わりに塩水を渡します。

塩っぱい水を飲んだら普通は違和感が表情に出るはずですが、彼は全然そんな素振りは見せません。

沢木の舌は味を感じることができなかったのです。

味覚障害が殺害動機だと閃いたコナンはその原因と被害者達を結びつけることに成功しました。

14番目の標的は誰?

名探偵コナン ヴィンテージシリーズ スクエア缶バッジ ~ チェス ~ BOX商品 1BOX=6個入り、全5種類
トランプの数字は1から13しかありません。

つまり14番目の被害者の名前には数字が含まれている必要が無いと解釈することができます。

村上丈が14番目の標的説

当初犯人と見られていた村上が14番目の標的だったのではないかと考えて
も不自然ではありません。

確かに彼は真犯人によって殺害されていますから、標的だったのは間違いないのですから。

しかし村上は真犯人よって1番目に殺されています

この連続事件は被害に遭う順番が重要です。もし村上が14番目の標的ならば最後に殺されるべきではないでしょうか。

蘭が14番目の標的説

名探偵コナンDVD Selection Case7.毛利蘭
被害にあった人物の近くには必ずトランプが置いてありました。

トランプが犯人からのメッセージですから、置き忘れるなどということはあり得ません。

そう考えてみると村上が殺されたときにトランプは置かれていたでしょうか。

彼の場合被害にあったことは真犯人の口から聞かされたのみ。トランプどころか遺体さえも発見されていない状態です。

そんな補足程度の扱いですから映画のタイトルになるような重要人物ではなかったと思います。

トランプの有無がポイント
となることが判明したことで、蘭が14番目の標的である可能性が一気に高まるのです。

なぜなら彼女はエースのトランプを握り締めていたのですから。

蘭が最後にトランプを持っていたのは新一のお守りとしてだけではなかったのでしょう。

彼女が14番目の標的にされることを示唆したいという思惑もあったのだと推測できます。

アガサ・クリスティ作品のオマージュ

アガサ・クリスティ大事典

主人公である江戸川コナンはコナン・ドイルオタクですが、「名探偵コナン」はアガサ・クリスティとも縁が深い作品です。

阿笠博士というキャラが登場することからも、アガサ・クリスティの要素が含まれているのが分かるのではないでしょうか。

そしてこの映画にもやはりアガサ・クリスティの要素が多く見られます。

ABC殺人事件

この映画はアガサ・クリスティの代表作の1つである「ABC殺人事件」をオマージュした作品といえます。

「ABC殺人事件」ではイニシャルがAの人から順に命を狙われます。

名前に数字が隠されている人物を順番に狙うという着想はここから来ているのです。

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

陸地から離れた、しかもそこへの交通手段は1つしかないという海中レストランは推理作品では定番の設定です。

そしてこれもまたアガサ・クリスティが生み出した名作「そして誰もいなくなった」を彷仏とさせます。

絶海の孤島を舞台として10名の登場人物が殺されていく「そして誰もいなくなった」。

被害者が多数いる連続殺人という点も類似しています。

主題歌は蘭をイメージした?

ZARD SINGLE COLLECTION~20th ANNIVERSARY~
主題歌はZARDの「少女の頃に戻ったみたいに」。ZARDの曲はテレビ版のコナンでもよく起用されています。

そのため主題歌をさっと聞き流していた人も多いのではないでしょうか。

しかし主題歌ですからこの曲も映画を構成する1つの要素です。

「少女の頃に戻ったみたい」というタイトルから想像するに、毛利蘭をイメージしたのではないでしょうか。

7歳の時に体験した事件が基になっていますから、彼女が当時を思い出してその頃に戻った感覚になったのは明確です。

14番目のターゲットになった瞬間、幼い日の記憶と現実が交差した蘭。彼女の心の中を表現しているといえるでしょう。

小五郎が警察を辞めた理由

名探偵コナンセレクション 毛利小五郎編 (My First Big)
さかのぼること10年前、逮捕された村上は逃走のため警察署内で英理を人質にとりました。

まだ刑事だった小五郎は発砲し、辞職することになります。

人質に発砲

警察庁トップクラスの射撃の腕前を持っていた小五郎は人質の英理を撃ちました。

英理は太ももに傷を負うだけで済みましたが、それでも人質に発砲したことが警察内部で問題になったのは当然のことです。

白鳥刑事も蘭も、小五郎が自身の射撃の腕前を過信して発砲したのだと誤解していました。

事実と真実は違う

名探偵コナン DVD Selection Case10. 毛利小五郎・妃英理
村上を撃とうとしたが弾が英理に当たったのかと思いきや、そうではありません。

傷を負って歩けない人質は犯人の足手まとい。そう考えた小五郎はあえて英理の太ももを撃ったのでした。

しかしここで1つ疑問が。素晴らしい射撃技術を持っていたなら、なぜ直接村上を狙わなかったのでしょうか。

村上を撃てば英理は傷を負う必要がなかったはずです。

犯人を狙うのはリスク大

あの場で犯人を狙うなら射殺しか選択肢がありません。なぜなら犯人に怪我を負わせる程度では逆上されるからです。

犯人が逆上したら人質は殺されるでしょう。

それに犯人の体は人質の体でほとんど隠れているので、人質を盾にとった犯人を射撃するには頭しか狙い所がないのです。

また犯人を射殺するには許可が必要という点が問題となります。

発砲すること自体極力避けたいはずですから、ましてや犯人を殺すなんてことは日本ではほぼあり得ないことでしょう。

つまり小五郎には英理の足を撃つ以外の選択肢が与えられていなかったのでした。

村上を再逮捕して一件落着したかに見えたのですが、新たな事件の火種になってしまいました。

小五郎の退職の経緯を偶然聞いた沢木は、本来なら関係無い小五郎や彼の知人をも標的にすることを思いついたのです。

意外すぎる別居理由

名探偵コナンコレクション 毛利小五郎&妃英理 (My First Big)
小五郎が英理を撃ったという事実にショックを隠せない蘭。その事件が原因で彼らが別居したと思い込んでいました。

事件後自分が誤解していたのだと悟った蘭は母も自分と同じように父を誤解していると思い、真実を母に伝えました。

しかし意外にも母はあえて発砲したことを知っていたのです。2人が別居したのには別の理由がありました。

人質になって太ももを撃たれた日、痛みに耐え小五郎に料理を作った英理。

感謝の気持ちを込めて作ったのに、料理なんかしてないで寝てろと小五郎に怒られたのです。

英理は料理が恐ろしく下手。ですから料理がマズくて怒られたと彼女は解釈しました。

しかし本当は妻の怪我を気遣った小五郎の優しさから出た言葉だったのでしょう。

素直になれないのは小五郎も英理も一緒。似たもの夫婦です。

沢木が起こした事件によって最後には予想外にも別居の本当の理由が明らかになりました。

蘭は14番目の標的になって非常に怖い思いをしましたが、勘違いが解けた点は良かったのかもしれません。

今回は小五郎の過去が明らかになるとともに、Aの予感が的中するという胸キュン場面も盛り込まれた作品となりました。

劇場版名探偵コナンの中でも高い人気を誇っており、一押しの映画です。