注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【プラダを着た悪魔】アンディが携帯を投げ捨てた本当の理由を徹底考察!鬼編集長のモデルになった実在の女性とは?

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B000W6H2F8/cinema-notes-22

一見華やかに見えるファッション業界の表と裏を一流ブランドのファッションと共にユーモラスに描いた「プラダを着た悪魔」。

劇中にヒロインのアンディが携帯を投げ捨てたシーンが印象的な方も多いことでしょう。

その理由は一体?!そして鬼編集長は実在人物だという噂もありますが、それは一体誰なのか?!

何度観ても、元気が出るこの映画にさらに踏み込んで考察していきます。

「RUNWAY」でアンディが身につけたのは

アン・ハサウェイ ファッションBOOK 単行本 ダサい服しか着なかったアンディがおしゃれに変身するのがこの映画の見どころの1つです。
しかし変わったのは外見だけではありませんでした。

ファッションセンス

スタイリストのナイジェルによって、別人のようにファッショナブルになったアンディ。

彼のネイトですら気が付かないほど、つま先から頭のてっぺんまで”おしゃれな女性”に変身することができました。

ナイジェルに選んでもらったアイテムを身に着け、毎日颯爽と出勤するシーン。

ここではマドンナの「Vogue」が使用されていますが、さすが!という選曲です。

当初のまだ垢抜けないアンデイと対照的に描かれていたファッショナブルな女性たちにアンディの姿がすっかり重なるほどです。

エレガンス

プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]すっかりファッショナブルになったアンディ。

シャネルのブーツにもジミー・チュウのヒールにも負けることなく自分のスタイルとして確立していきます。

実はアンディは単におしゃれになっただけではないことに気づきましたか?

アンディの仕事はいつもあわただしく時間に追われているため、社内でも社外でも走っているシーンが多く見受けられます。

が、ナイジェルの手によってファッションの楽しさに目覚めたアンディは歩き方が変わっています。

もう一度「Vogue」が流れているシーンを思い出していただきたいのですが、歩くテンポが曲と同じくらいゆったりとしています。

10㎝ヒールの日も背筋が曲がることなく、優雅なウォーキングを披露しています。

アンディは、一流ブランドのファッションからエレガンスをも身に着けることができたのです。

セルフイメージ

書込式 7週間セルフイメージ革命

自分のことをどんな人間だと思っているかというセルフイメージがアンディの置かれる環境を形作っています。

「自分はジャーナリスト志望だからファッションなんて知らなくてもいい人間だ」という考えは、まさに彼女のセルフイメージ。

セルフイメージは新しい職場や人間関係にも影響をもたらします。

上手くいかないのはセルフイメージが原因

アンディはずっとダサい服装を貫いていたし、周りも彼女をそういう人として見ていました。

キレイな服は自分に似合わない。変わりたくない。そんな心のブレーキが仕事を上手くいかなくさせる原因。

ファッション業界に溶け込むのは自分らしくないと判断し、挑戦や可能性を避けていたのです。

いつでも変われる

プラダを着た悪魔 (字幕版)服装を変えることでアンディは別人のようになりました。

ファッション業界の人間はオシャレでビシッとしていて仕事に誇りを持っている。

自分はそんなファッション業界の人間なんだというセルフイメージに変わったのでしょう。

アンディはそのイメージ通りに行動したのです。

「できない」の先へ

「無理」は誰が決めるのでしょうか。今の自分には無理でも1週間後の自分には可能かもしれません。

そしてその1週間後を1時間後に変える力を持っているのも自分です。

人は常に「無理」と「可能」の2択を持っています。どちらを選ぶのかは自分次第

アンディはずっと「無理」ばかり選んでいました。

しかし1度「可能」を選んだ彼女には、今まで経験したことのないような達成感が湧き上がってきたのではないでしょうか。

これまでの「常識」から飛び出した彼女は新たな「常識」を構築することができました。

そしてどんどん以前の自分とはかけ離れていったのです。

アンディはなぜ携帯を投げ捨てたのか?

オリジナル・サウンドトラック プラダを着た悪魔 サウンドトラック サントラ (アーティスト), モーシャン・ワーカー (アーティスト), & 9 その他
常にミランダとアンディを繋いできた携帯電話

その呼び出し音が再び鳴った時、アンディは全てを悟ったかのように携帯を噴水に投げ捨てます。

これが私のやりたい仕事?

ミランダの下で働くことは多くの女性達の憧れです。

アンディもファッション業界にすっかり馴染み、やりがいも感じていたでしょう。

しかしこれが自分のやりたい仕事なのだろうか?と立ち止まったのです。

華やかな仕事は魅力的ではあります。ミランダについて行けば確実にステップアップできるはずです。

ですが本当にこれでいいのかという心の声を聞いた瞬間、「NO!」の代わりに携帯を投げ捨てたのではないでしょうか。

断ち切る

『プラダを着た悪魔』で学ぶコミュニケーション英語

携帯を水没させたら、データは全て消えてしまいます。

それを承知で投げたアンディは、ファッション業界から完全に足を洗う覚悟だったのではないでしょうか。

もう2度とこの場所には戻らない。コネもツテも要らない。自分の力で新たな道を進む決意をしたのです。

自分の意志でファッション業界と決別できるくらい成長したアンディ。

しかしその成長もファッション業界なくしては果たせなかったことも忘れてはいけません。

ミランダは悪魔か?

プラダを着た悪魔

理不尽な仕事を次々と押し付けるミランダはまさに悪魔のようです。

しかしミランダの下で1年修行を積めば箔がつきます。他社でも即戦力になるのです。

つまりミランダが与える難題は社会で役立つことばかりだということ。

ただの雑用に見えるけれど、何ひとつ無駄ではないことを意味しているのではないでしょうか。

ミランダをパワハラ上司と捉える人も多いかもしれませんが、ただの嫌がらせと指導は違います。

ミランダは誤解を招く人間ではありますが、結果として人を成長させる力がありました。

鬼編集長のモデル

The Devil Wears Prada―映画総合教材「プラダを着た悪魔」

実際にミランダほどの鬼上司は存在しないだろうと思っていたら大間違いです。

なんと実在の人物がミランダのモデルになっていました。

アナ・ウインター

ファッションが教えてくれること [DVD] - アナ・ウィンター

実はこの映画に出てくる”鬼編集長”のモデルは、現・アメリカ版Vogue誌の編集長であるアナ・ウインターだといわれています。

プラチナ色のショートボブに厚めバングス、サングラスがトレードマークの女性です。

ファッションウイークになると最前列で彼女の姿をしばしば見かけることができるでしょう。

実は原作者であるローレン・ワイズバーガーは映画のアンディ同様、アナのアシスタントを務めた経験がありました。

そしてその実体験を綴ったものが「プラダを着た悪魔」だともいわれています。

アナ・ウインターのこだわり

New York Celebrity Style 単行本

 

モデルとなったアナがどんな人なのか興味がある方はぜひ「ファッションが教えてくれること」をご覧になってみてください。

アナ・ウインターが主演のドキュメンタリー映画で、彼女のファッションに対する思いが描かれています。

プライベートまで映画で描かれている”編集長”とはまた違った一面を垣間見ることができるでしょう。

こだわりのセット

ブロマイド写真★メリル・ストリープ/『プラダを着た悪魔』/オフィスのミランダ/【ノーブランド品】

前述のドキュメンタリー映画「ファッションが教えてくれること」には、アナが普段仕事をしているオフィスが出てきます。

実は、そのオフィスは「プラダを着た悪魔」の中のミランダ編集長のオフィスそのものなのです。

というよりは、アナのオフィスをそっくり忠実に映画で再現したと言ったほうが正しいかもしれません。

ミランダのモデルがアナだと言われる所以はここにもありそうですね。

落ちこんだ時に観たい映画ナンバー1

プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]

 

仕事も恋愛も全力で頑張るって、実は大変なことですよね。

しかもどちらも何となく上手くいかないということが同時に起こることだって日常茶飯事です。

そんな時は八方塞がりな気分になったりもするもの。でも、そんな時にこそ観てほしいのがこの「プラダを着た悪魔」です。

不思議なことにファッションを楽しめている時は仕事も楽しめていたりするもの。

女性にとってファッションと仕事&恋は、相関関係にあるのかもしれません。

なんか上手くいかないな~と感じたら、「プラダを着た悪魔」をもう一度観てみてはいかがでしょうか。