注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【名探偵コナン 世紀末の魔術師(ネタバレ)】エッグに隠された真相を解説!実際の歴史がモデル!?ラスプーチンは実在する…?

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y233HXF/?tag=cinema-notes-22

劇場版名探偵コナンで初めて怪盗キッドが登場した記念すべき第3作目「世紀末の魔術師」。

ニコライ2世やラスプーチンなど聞き慣れない名前の登場人物が多すぎて混乱した人も多かったはず。

それに時代背景が細かく設定されていたので、実際の歴史を基にしていたのかな?と気になったのではないでしょうか。

またラスプーチンの末裔が登場していましたが、そもそもラスプーチンは実在したのかという疑問も湧いてきます。

理解しきれなかった色々な疑問や謎を、事件の中心になったエッグに隠された真相と併せて解説していきます。

エッグに隠された真相

Mzgh 瑪瑙グリーンイースターエッグジュエリーボックス付きラインストーンホームリビングルームオフィスクリエイティブデコレーションエナメル塗装メタルクラフトギフト ファッショナブルな美しいです

鈴木財閥が所有していたエッグはそれ1つでは不完全であることが判明しました。

夏美が持っていたエッグと合わせることである仕掛けが発動するように細工されていたのです。

巧妙な仕掛け

マトリョーシカのように大きなエッグの中に小さなエッグを入れると本来のエッグの姿になります。

台座に置き、下からライトで照らすと天井にニコライ2世一家の写真が写し出されるという仕掛けがされていました。

エッグは一家の思い出が詰め込まれた写真を眺めることができるので「メモリーズ・エッグ」とも呼ばれています。

ニコライ2世の子孫が判明

ニコライ二世とアレクサンドラ皇后―ロシア最後の皇帝一家の悲劇
完成版のエッグはニコライ2世一家を写し出し、その中には夏美とよく似た女性がいました。

その女性こそニコライ2世の三女マリアであり、夏美の曾祖母だったのです。

エッグは誰のもの?

インペリアル イースターエッグデザイン ジュエリーボックス パーティー 置物 誕生日 プレゼント
青蘭は自分がエッグの持ち主になるべきだと主張しましたが、本当に彼女が正当な持ち主なのでしょうか。

鈴木財閥

鈴木財閥のエッグは紛れもなくロマノフ王朝の財宝でした。それは本来ニコライ2世の子孫が所有すべきもの。

鈴木財閥はコレクションとして持っていただけです。もし正式な子孫が現れれば、その人物にエッグを譲ったでしょう。

青蘭

ニコライ2世の子孫が存命でないのなら、親交のあったラスプーチンがエッグを受け取る権利を得る可能性は十分にあります。

そしてその権利はラスプーチンの末裔である青蘭に引き継がれるのは納得できる話でしょう。

しかしそれはあくまでもニコライ2世の子孫が存在しないという前提のもとです。

もし子孫が生きているのなら、青蘭に所有権はありません。

香坂夏美

鈴木財閥が所有していたエッグは夏美の曾祖父である喜市が作ったものでした。

喜市の技術は素晴らしく「世紀末の魔術師」と呼ばれていたほどです。

夏美が所有していたエッグと鈴木財閥のエッグを組み合わせると本来のエッグとしての機能を果たします。

エッグに隠された真相を暴いた結果、夏美はマリアの曾孫であることが判明。

これにより夏美はニコライ2世の子孫だと証明され、ロマノフ王朝の財宝を受け継ぐにふさわしい人物になりました。

ですからエッグも彼女のものであるといえるのです。

怪盗キッドはすでにこの事実を知っており、鈴木財閥からエッグを盗み出しました。

彼の目的はエッグを手に入れることではなく、本来の所有者である夏美へエッグを渡すことだったのです。

青蘭が財宝を狙うワケ

名探偵コナン トリッククリアファイル(犯人)

エッグを手に入れるために怪盗キッドを撃ち落とし、他にも2名の命を奪った犯人は青蘭でした。

彼女はなぜロマノフ王朝の財宝を狙うのでしょうか。

国際指名手配犯スコーピオン

青蘭は中国人のロマノフ王朝研究家ではなく、スコーピオンという国際指名手配犯でした。