注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【マレフィセント2(ネタバレ)】本作に投影された社会問題を解説!マレフィセントを悪に戻した要因や妖精族の多様性の理由とは

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07Z9HQ9ZP/cinema-notes-22

2019年公開の『マレフィセント2』は1作目に続き、「眠れる森の美女」のヴィランを主人公にした作品です。

本作品は、ファンタジーという枠に囚われず現代の社会問題を的確に風刺していました。

マレフィセントを「悪」とした要因は一体何だったのでしょう。

また妖精族に観る多様性にはどんなメッセージが隠されているのか、徹底考察していきましょう。

情報操作の恐ろしさを風刺

マレフィセント2

『マレフィセント2』には現代社会を風刺した内容が詰め込まれています。

そのひとつは、マレフィセントが悪であるという集団心理を煽ったイングリス王妃の存在です。

プロパガンダの恐ろしさ

劇中イングリス王妃は、自分の立場を利用しマレフィセントが怖い存在であるということを民衆に吹き込んでいました。

これによって民衆は知らず知らずに洗脳されていたわけです。

このシーンの風刺はとても分かりやすく描かれています。

恐怖を煽る

引用:マレフィセント2/配給会社:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

イングリス王妃は上記のセリフからわかるように、自分が民衆を洗脳していることを隠していません。

ディズニーは分かりやすく描くことで、強い社会風刺を押し出しているのです。

このイングリス王妃はトランプ大統領のメタファーであるともいわれています。

権力を持った人間が、民衆を洗脳し間違った判断をさせることは戦争時を彷彿とさせる恐ろしい行為です。

ちなみにディズニーCEOのロバート・アイガー氏は、トランプ大統領のパリ協定離脱に異を唱え自ら助言機関を辞任しています。

本当の情報を見抜く力が必要

現代はSNSなどでいくらでも情報を得ることが出来ます。

その反面情報は操作されやすく、偽の情報が出回っているのです。

溢れる情報の中から真実を見抜く力が必要とされているのかもしれません。

本当の知識とは経験でこそ得られるということを本作で描いているようにも感じます。

憎しみを憎しみで返す愚かな人間

ポスター/スチール写真 A4 パターンF マレフィセント2 光沢プリント

劇中のイングリス王妃は自分が幼いころの嫌な思い出が元になり、妖精たちに報復を目論みました。

憎しみを憎しみで返そうとする愚かな行動だったのです。

憎しみは憎しみを生み、負の連鎖は止められなくなってしまいました。

現在残念ながら戦争やテロはなくなっておりません、過去の爪痕も世界中に残っています。

本作は、世界中に残る憎しみが継続しないために取る方法を考えさせられる作品です。

人のもつ強欲さを風刺

マレフィセント2 MALEFICENT:MISTRESS OF EVIL Wポケットクリアファイル / A4サイズ

人は少なからず欲を持っていますが「マレフィセント」はシリーズを通して人の欲の深さを描いていました。

欲望の為の殺戮

イングリス王妃の妖精殺害は、自分の欲望を満たすためのものです。

一作目ではステファン王が自分の欲の為に裏切りました。

人の持つ欲は決して悪いものではありません。

しかし欲が過ぎると人として惨めな人生を送ることになるという戒めが本作に隠されているのです。

欲に支配された人間が「悪」と呼ばれるのでしょう。

主観的な「悪」への思い込み

『マレフィセント2』では悪とは何かを観客に問いかけてきます。

本作では原作とは逆に人間側が悪として描かれているので、観る者は何となく居心地の悪さを感じるのです。

自分が悪として見なしているものは、自分にとって都合がよくないものではないでしょうか。

イングリス王妃にとっては自分こそが正義だったのでしょう。

彼女の存在が示すように主観的な正義、主観的な悪の決めつけは大変危険な思考といえます。

ニュートラルな視線を持つことが大切

劇中で軟弱もの扱いされていたフィリップ王子ですが、彼は唯一ニュートラルな視線で物事を見ています。

やめよう、共存できるんだ

誰も傷つけたくない

引用:マレフィセント2/配給会社:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

母親であるイングリス王妃に付くわけでもなく、戦いを第三者としてニュートラルな視線で見れています。

憎しみに捕らわれそうになったとき、彼のような視点で物事を見ることが出来たら正義の判断が下せるのではないでしょうか。

女性の社会進出の影響か

ポスター/スチール写真 A4 パターンC マレフィセント2 光沢プリント

近年のディズニー映画に顕著に表れていることですが、本作も女性が主体の映画になっています。

マレフィセントとイングリス王妃の戦いや、オーロラ姫の活躍などが中心で、男性キャストは付属的な立ち位置です。

近年、アメコミヒーローで有名な「マーベル」も女性の強さを前面に押し出してきています。

女性の強さを見せつけるような作風は、まさに現代の女性社会進出が反映されているようです。

マレフィセントを悪に戻したものは

映画ポスター マレフィセント 2 MALEFICENT 2 ディズニー US版 hi2 [並行輸入品]

1作目で育ての親として愛を確認したマレフィセントとオーロラですが、本作で再びマレフィセントは闇に落ちてしまいます。

彼女を再び闇へと落としてしまったものは一体何だったのでしょう。

人間の強欲さ

いうまでもなく、引き金を引いたのはイングリス王妃の腹黒い陰謀です。

寛大な心で非礼を許します

あるのかしら?

引用:マレフィセント2/配給会社:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

上記はイングリス王妃に寛大な心などない、といいきったマレフィセントのセリフです。

劇中では一度善に戻ったマレフィセントが再び悪へと落ちていきますが、人の強欲は正義の心を持つ人でも悪へ落とす力があるでしょう。

そして妖精たちは、自ら人間に仕掛けることはしませんでした。

自分たちの生きる場所を奪い取られたからこそ、戦いが始まったのです。

この構図は悪であるマレフィセントが観客にとって善に変わる瞬間でもあります。

信じ抜けなかった弱さ

ディズニー マレフィセント2 プレミアムバスタオル

一番マレフィセントを傷つけたのはオーロラの裏切りでした。

彼女もまた信じ切るという心を持てない人物だったのです。

マレフィセントが主役である以上、脇役のオーロラに欠点があるのはストーリー上面白い味付けになっています。

あの状況なら仕方がないともいえますが、もしもマレフィセントが本当の母親だったなら、彼女はマレフィセントを疑ったでしょうか……。

マレフィセントは彼女を許しますが、そこに母親としての深い愛を感じることが出来ます。

集団心理に操られた民衆たち

本当のマレフィセントを知りもせず、彼女を悪と決めつけた民衆たちは情報操作の駒となりました。

悪ではなかったものを悪と思いこんでしまったのです。

この民衆の洗脳された心こそ、マレフィセントを悪にしてしまった要因かもしれません。

妖精族の多様性はグローバル化した現代

映画ポスター マレフィセント 2 MALEFICENT 2 ディズニー US版 両面印刷 ds3 [並行輸入品]

本作を観て多くの観客が驚いたことは、妖精族が多様化していることです。

民俗に壁がない

世界がグローバル化していく中で様々な人種が交流を深めていますが、その一方人種差別が残っているのも現状です。

妖精たちが多様化している姿は人種に壁がないことを示しています。

様々な肌のものがひとつの妖精として締めくくられています。

アンジーの多様な養子

本作の共同プロデューサーも兼ねているアンジェリーナ・ジョリーですが、彼女は人種の壁を越えた実生活を送っています。

カンボジア出身やベトナム出身の養子など彼女の子供たちはまさに映画の妖精たちのように多様性があります。

ダイバーシティ(多様性)のある世界には、他者を受け入れる強さがあると信じています。

引用:マレフィセント2来日インタビュー

彼女は映画のインタビューで多様性について語っていますが、違いを受け入れることは強さでもあるのですね。

現代社会を反映した『マレフィセント2』

1000ピース ジグソーパズル ディズニー 新たなる呪い(マレフィセント2) (51x73.5cm)

本作品はただのスピンオフ作品ではなく「マレフィセント」というひとりのヴィランの独立した物語です。

社会的メッセージを詰め込みながらも、ファンタジーの世界観を見事に描いています。

ディズニー作品に登場するヴィランたちを深読みしたくなるような作品です。

「悪」とはなんなのか、映画を通して自分の心に問いかけてみてはどうでしょう。