注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル(ネタバレ)】パラダイスキングの移住理由を考察!ミレニアムウォーズの真の意味とは

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B0041IY9JK/cinema-notes-22

「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶジャングル」は2000年4月22日に公開された映画です。

この映画はクレヨンしんちゃんシリーズでは珍しく、映画オリジナルのキャラクターが多くありません

悪役の「パラダイスキング」のみが映画オリジナルキャラクターです。

どでかいアフロヘアーが特徴的な彼が南の島へ移住した理由を考察していきます。

また、タイトルにもある「ミレニアムウォーズ」が指す本当の意味についても解説していきましょう。

日本から逃げて来た

新装版クレヨンしんちゃん-刑事編 (アクションコミックス)

作中で移住理由についてパラダイスキングが言及するシーンはわずか3分ほどしかありません。

まずは直接的に述べられている理由についておさらいしておきましょう。

日本でいろいろあって日本を飛び出して南の島でのんびりするために

引用:クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル/配給会社:東宝

パラダイスキングは上記の理由から単身でバイクのような飛行機に乗って南の島にたどり着くのです。

着の身着のまま飛び出した軽装

パラダイスキングが島に向かう格好はジーンズにシャツ1枚に革靴というシンプルな服装でした。

大きな箱や寝袋のようなものもくくり付けられてはいますが、身の回りの荷物としては大きめのリュックが一つだけ積まれています。

計画的に準備をして南の島に向かったのであれば、もっと大荷物を持って船で行くシーンであってもおかしくはありません。

「いろいろ」と表現されていることは、仕事やプライベートで嫌なことであり、衝動的に飛び出してしまったのでしょう。

当時はまだ猿の王ではなかったとはいえ、強さの象徴のような男になる人間でも嫌になってしまうことがあるのですね。

ヒョロヒョロの体

猿たちの王になったときのパラダイスキングは腹筋は6つに割れていて、スマートな体をしています。

しかし、移住前は少し腑抜けたような、情けないような印象を受けるでしょう。

島に着く前の描写では若かりしパラダイスキングの後に大きな錆びた船が描かれています。

これは「以前は頑張って大きく羽ばたいたが、現在は落ちぶれた」ということを暗に示しているのです。

また、トレードマークのアフロが小さいこともまだ強くない状態であることを指しているのでしょう。

新しい環境に落ちぶれた自分を置くことで、新しい自分になろうとしていると考えられます。

強い男になりたいという欲求

新クレヨンしんちゃん(6) (アクションコミックス)

いろいろと嫌なことがあって日本を飛び出したパラダイスキングですが、南の島にいき猿たちと戦い、王となりました。

しかし、そもそも猿たちと戦ったから強くなったのでしょうか?

抵抗しないとやられていたかもしれませんが、逃げるという選択肢もあったはずです。

これは元々「強い男」になりたいという願望や憧れがあったのではないでしょうか。

強くなりたいという願いを込めての移住だったのかもしれません。

「いろいろ」あって疲弊した反動

日本にいる間に「いろいろ」と嫌なことがあったのだろうと推測ができます。

思い通りにいかないことや、やりたくないこと、失敗や挫折が重なったのかもしれません。

逃げ出すと同時に、成功したい気持ちや見返したいという気持ちが強くなり、移住を選ぶことになったと考えられます。

たどり着いた島で猿の王になったこと

クレヨンしんちゃん (Volume35) (Action comics)  パラダイスキングが島に到着した時には、たくさんの猿がすでに住み着いていました。

到着するや否や襲いかかって来た猿たちを相手して、勝利をおさめました。

そのまま猿たちを従えての生活に満足したと考えられます。

これは移住の直接的な理由とは異なりますが、「定住」した理由といえるでしょう。

自分が「いた」という証を残すため

クレヨンしんちゃん (Volume29) (Action comics)

日本でうまくいかなかったパラダイスキングは自身を否定されて、日本では居場所がないような気持ちになったと察することができるでしょう。

自分の存在を肯定するために、自身の存在を確認できるところに身を置きたかったのだと考えられます。

豪華客船に乗っていた大人たちをさらった理由はパラダイスキングの存在した証「マスターピース」の制作が目的でした。

マスターピースは猿たちの労働力だけではまかなうことができず、人間に労働をさせています。

制作していたのはパラダイスキングの偉大さを伝えるためのアニメでした。

「ミレニアムウォーズ」の直接的な意味

クレヨンしんちゃん (Volume45) (Action comics) 

作中に出てくるアクション仮面の映画タイトルが「映画アクション仮面南海ミレニアムウォーズ」です。

真の意味を考えるために、まずは直接的な意味から考えていきます。

この映画は2000年に公開されました。英語で「ミレニアム」は「1000の〜」という意味です。

つまり、西暦2000年に公開されることとかかっていて、映画の中でのしんのすけたちの戦いについてであることを指しています。

「たくさん」の戦い

クレヨンしんちゃん (Volume32) (Action comics)

百や千という数の位を表す言葉には、位の意味だけでなく、「多くの〜」「たくさんの〜」という意味もあります。

「たくさんの〜」という意味で使われていると考えられる描写を紹介しましょう。

たくさんの猿

南の島にいる多くの猿たち。パラダイスキングはその猿たちを従えて、食糧の確保や大人たちの誘拐をさせていました。

しんのすけや大人たちが闘う相手としては、猿たちが相手となるシーンが多く描かれています。

みさえが猿たちの注文をとるシーン、ひろしがマンガの色をつけのチェックでダメ出しを食らうシーンなどがありました。

たくさんの大人

船からさらわれた大人たちはアクション仮面の映画を見に来た保護者だけではありません。

船員・映画スタッフなどの従業員も含まれていて、その大人たちはパラダイスキングの奴隷として労働と戦っていました。

女性は猿たちのレストランの注文・調理・オーダーの整理、また男性はアニメの制作として色つけや作画などをしていました。

たくさんの気持ちを背負った戦い

クレヨンしんちゃん (Volume38) (Action comics)

パラダイスキングとアクション仮面の戦いです。

パラダイスキングはたくさんの猿たちの忠誠心を背負い、アクション仮面はたくさんの子供たちの希望や憧れを背負って戦いました。

お互いに多くの気持ちを背負い、お互いの信じる正義を貫くからこそ、熱いシーンになっているのだと考えられます。

アクション仮面役の郷剛太郎は本物のヒーローではなく演じている身です。

しかしながら、周囲の猿たちに目もくれない大人の声援を受けながらパラダイスキングに立ち向かい、一矢報います。

貴重な経験

クレヨンしんちゃん (Volume36) (Action comics)
ミレニアムというのは1000年に1度しか訪れません。

貴重な戦いという意味でも使われている言葉だと考察しています。

作中で貴重さをうかがえる描写を解説していきましょう。

豪華客船のクルーズ&アクション仮面の映画先行試写会

映画予告の後、映画の試写会が行われる「南海ミレニアムツアー」の情報が流れました。

募集人員に限りがある豪華客船でアクション仮面と出会うことができて、一般の公開よりも先に映画を見ることができるかなり貴重なツアーです。

日本から離れた南の島に5歳で海外旅行に訪れることはなかなか無いことと考えられます。

さらに、猿たちに襲われるという経験が追加されるので、さらに珍しい体験といえるでしょう。

猿の王になる

しんのすけたち側のことではなくパラダイスキング側の話です。

多くの猿たちの王になるという経験は普通の人間であれば、ほぼ経験することのないことでしょう。

また、猿達を追い詰めた後のシーンでは一瞬だけ、しんのすけがシロを頭に乗せ猿たちの王として命令を出します。

約20年前の映画ではありますが、パラダイスキングの背景やミレニアムなしんのすけたちの経験を意識すると、新たな一面が見えてくる作品です。