注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル(ネタバレ)】パラダイスキングの移住理由を考察!ミレニアムウォーズの真の意味とは

「たくさんの〜」という意味で使われていると考えられる描写を紹介しましょう。

たくさんの猿

南の島にいる多くの猿たち。パラダイスキングはその猿たちを従えて、食糧の確保や大人たちの誘拐をさせていました。

しんのすけや大人たちが闘う相手としては、猿たちが相手となるシーンが多く描かれています。

みさえが猿たちの注文をとるシーン、ひろしがマンガの色をつけのチェックでダメ出しを食らうシーンなどがありました。

たくさんの大人

船からさらわれた大人たちはアクション仮面の映画を見に来た保護者だけではありません。

船員・映画スタッフなどの従業員も含まれていて、その大人たちはパラダイスキングの奴隷として労働と戦っていました。

女性は猿たちのレストランの注文・調理・オーダーの整理、また男性はアニメの制作として色つけや作画などをしていました。

たくさんの気持ちを背負った戦い

クレヨンしんちゃん (Volume38) (Action comics)

パラダイスキングとアクション仮面の戦いです。

パラダイスキングはたくさんの猿たちの忠誠心を背負い、アクション仮面はたくさんの子供たちの希望や憧れを背負って戦いました。

お互いに多くの気持ちを背負い、お互いの信じる正義を貫くからこそ、熱いシーンになっているのだと考えられます。

アクション仮面役の郷剛太郎は本物のヒーローではなく演じている身です。

しかしながら、周囲の猿たちに目もくれない大人の声援を受けながらパラダイスキングに立ち向かい、一矢報います。

貴重な経験

クレヨンしんちゃん (Volume36) (Action comics)
ミレニアムというのは1000年に1度しか訪れません。

貴重な戦いという意味でも使われている言葉だと考察しています。

作中で貴重さをうかがえる描写を解説していきましょう。

豪華客船のクルーズ&アクション仮面の映画先行試写会

映画予告の後、映画の試写会が行われる「南海ミレニアムツアー」の情報が流れました。

募集人員に限りがある豪華客船でアクション仮面と出会うことができて、一般の公開よりも先に映画を見ることができるかなり貴重なツアーです。

日本から離れた南の島に5歳で海外旅行に訪れることはなかなか無いことと考えられます。

さらに、猿たちに襲われるという経験が追加されるので、さらに珍しい体験といえるでしょう。

猿の王になる

しんのすけたち側のことではなくパラダイスキング側の話です。

多くの猿たちの王になるという経験は普通の人間であれば、ほぼ経験することのないことでしょう。

また、猿達を追い詰めた後のシーンでは一瞬だけ、しんのすけがシロを頭に乗せ猿たちの王として命令を出します。

約20年前の映画ではありますが、パラダイスキングの背景やミレニアムなしんのすけたちの経験を意識すると、新たな一面が見えてくる作品です。