注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ヒックとドラゴン】片足を失う意味を考察!巨大ドラゴンと戦った理由は?ドラゴンを殺す描写があるのはヒックだけなのはなぜか

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B0784WVSNV/cinema-notes-22

ヒックとドラゴンは「ヒックとドラゴン2」「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」へ繋がるヒックとドラゴンシリーズの第1章

普段はミスばかりで頼りないバイキングの鍛冶屋ヒックと、姿すら見た者はいないと恐れられたドラゴン、ナイト・ヒューリーとの友情物語です。

「リロ・アンド・スティッチ」のディーン・デュボア監督が制作を務めることでも話題となりました。

アカデミー賞へノミネートされ、長編アニメ映画賞を受賞するほどの作品です。

劇中でドラゴンとの共生を訴えていたヒックがなぜドラゴンを殺したのか?片足を失ってしまった意味とは何か?

本作で詳しく語られていなかった事実について考察していきましょう。

バイキング一族とは

映画 ヒックトゥー ドラゴン 8ピース フィギュア ヒックカップ アストリード ストイック & ラフナット

バーク島は主人公ヒックの生まれ育った故郷であり、またヒック本人はバイキングという一族の長の息子です。

一度は名前を耳にしたことがあるかもしれませんが、一体どのような民族だったのでしょうか。

本作をより楽しむことができるよう、ドラゴンとの関係性などを含めて少し掘り下げていきましょう。

海賊ではなく漁民

バイキングと聞けば屈強な海賊のイメージをしがちですが、800年頃から主に漁業で交易をしており本当に実在した漁民です。

劇中でトゥースや他のドラゴンへ魚をカゴいっぱいに詰めて食べさせていたのも頷けますね。

ドラゴンとの関係

バイキングは北欧神話やドラゴンなど神秘的なものとの関わりがあるといわれている一族。

航海のために乗る船の船首へドラゴンの彫り物を掘っていたそうです。

航海中に船と乗組員を魔物や災害から守るための意味をもっていたといわれています。

また、同じく厄除けの意味合いで教会の屋根にもドラゴンを模した飾りがついているそうです。

映画と同じく昔からバイキングとドラゴンは敵対する関係ではなかったといえますね。

ドラゴンは何故ウナギが苦手なのか?

ベストエバー 犬用おもちゃ ウナギ

劇中ではトゥースや他のドラゴンがウナギを避けているシーンがありました。

魚を食べていたドラゴンではありますがウナギだけは触るのも拒否しており、理由はテレビシリーズで語られています。

見た目が気持ち悪いのと、ウナギを誤まって食べてしまうと幻覚を見てしまうなどドラゴンにはとても毒なのです。

暴力の時代から知性の時代へ

How To Train Your Dragon Dinner Plates

トゥースを通して他のドラゴンとも触れ合い、様々なドラゴンの習性を知っていくヒック。

触れ合う中で「ドラゴンは単にバイキングの敵ではないのではないか」という考えが芽生えます。

生まれたときからドラゴンを退治することを教えられてきたバイキングたちにどのような心境の変化があったのでしょうか。

ヒックの確信

ヒックがトゥースとの訓練を終え食事をしている最中、お腹を空かせてきたチビドラゴンへ魚を分けてあげるシーン。

魚をもらって心を許したのか、チビドラゴンはヒックの腕の中で寝てしまいます。

バイキングでは常に敵だと教え込まれてきたドラゴンですが、ドラゴンはバイキングに対して敵意をもっている相手ではないと確信するのでした。

父の考えの変化

非力な息子であるヒックが悩みの種であったストイック。

トゥースの案内でドラゴンの巣を見つけドラゴンを根絶やしにするため攻撃を仕掛けるのですが、巨大ドラゴンに返り討ちにされてしまいます。

そこに現れたのは自分を助けにきた、ドラゴンに乗ったヒックでした。

自分が予想していた姿ではないもののドラゴンと触れ合い、立派にそして勇敢に成長した息子を見てドラゴンへの考えが変わります。

巨大ドラゴンと戦った理由は?

ヒックとドラゴン ドラゴン大図鑑

ラスト間近、バイキングとドラゴンは力を合わせて巨大ドラゴンと戦闘を繰り広げます。

なぜ共生の道ではなく戦ったのか?巨大ドラゴンとの戦いについて考察していきましょう。

ドラゴンは何故バイキングを襲うのか

ビルドアベアーワークショップ ヒックとドラゴン3 ストームフライ ぬいぐるみ 33センチ BUILD A BEAR WORKSHOP  [並行輸入品]

本作はバイキングとドラゴンの戦いで物語が始まります。

巨大ドラゴンへ献上するため、バイキングから羊などの食料になるようなものを奪っていくドラゴンたち。

ドラゴンたちは自分のためにバイキングから食料を奪っていたのではなく、巨大ドラゴンのために奪わされていたのです。

さらに、食料が足りなかったドラゴンは巨大ドラゴンに食べられてしまうなど、過酷な環境だったことが読み取れます。

ドラゴンと人間の敵

前述の通り巨大ドラゴンはドラゴンたちの視点から見て命を脅かす敵であることが分かります。

バイキングの視点から見ても巨大ドラゴンがいる限りドラゴンからの攻撃が止まることはありません。

また、巨大ドラゴン自体バイキングの存続を脅かす敵そのものです。

戦うキッカケはストイックを助けにきたことでしたが、バイキングとドラゴンたちは利害が一致していたといえるのではないでしょうか。

ドラゴンを殺す描写があるのはヒックだけなのはなぜか?

ヒックカップのカットアウトで、ドラゴンライフのサイズを鍛えましょう。

唯一ドラゴンを殺す描写があったのはラストの巨大ドラゴンとの戦いでした。

ドラゴンとの共生を訴えていたヒックはなぜ巨大ドラゴンだけは殺す必要があったのでしょうか?理由を考察していきます。

雷神トールとなったヒック

航海から帰って来たストイックは練習で成果を出しているヒックに対しこのような言葉をかけます。

「そんな才能を隠していたとは雷神トールよ!」

引用:ヒックとドラゴン/配給会社:パラマウント映画

その言葉を裏付けるが如く深い雲の中で雷神トールの雷鳴が轟いているような巨大ドラゴンとの戦いを繰り広げます。

その姿を見たストイックは心配そうに戦いを見守りますが、ここで初めてヒックは父の期待に応えられたといえるでしょう。

巨大ドラゴンを殺す必要があったのか

巨大ドラゴンが出現しヒックがドラゴンに乗って駆けつけたときには、船は全て焼かれ父であるストイックが絶体絶命の危機に晒されていました。

ヒックは共生よりも父を助けたいという気持ちと、勇敢になった自分を証明したいという気持ちが勝ったのではないでしょうか。

巨大ドラゴンに食べられるドラゴン

劇中でドラゴンが死んでしまうシーンは巨大ドラゴンに食べられるドラゴン以外には描写されていません。

この食べられてしまうドラゴンの死は、巨大ドラゴンの同種すら食べてしまう残忍さの演出のためには仕方のない描写だったのだと考えられます。

巨大ドラゴンを殺すヒックの描写

ヒック以外の戦いのシーンでは、バイキングやドラゴンが死んでしまうシーンの描写は一切ありません。

バイキングは仲間のために戦い、ドラゴンは巨大ドラゴンに強いられ否が応にも食料を奪いに来ざるを得なかったからではないでしょうか。

劇中巨大ドラゴンだけは「私利私欲を尽くす悪役」として描かれており、ヒックに殺されたのだと考えることができます。

片足を失う意味とは?

レゴブロック ばら売りパーツ ミニフィグ レッグ - 黒い左脚と海賊の義足:[Black / ブラック] [並行輸入品]

ラストシーンではヒックが目覚めると巨大ドラゴンとの戦いで片方の足が義足になっていることに気づきます。

片足を失ってしまった意味を考察していきましょう。

トゥースも片尾翼を失っている

ヒックとドラゴン2 メガサイズ 23インチフィギュア メガ トゥース / ナイトフューリー 【HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2】 2014 映画版 MEGA TOOTHLESS

ヒックはバイキングの鍛冶屋として働いていますが、仲間からはミスばかりで頼りないという評価を受けています。

汚名返上のため、ヒックはトゥースを倒すべく攻撃します。ヒックのその攻撃によりトゥースは片方の尾翼を失ってしまいました。

その出来事によりヒックとトゥースの「友情」が芽生えます。

共通の身体的特徴

ヒックは左足、トゥースは片尾翼、とお互いに体の一部を失ってしまっています。

トゥースと共に参加した戦いの中で足を失ってしまったという事実こそが互いの「友情」をより深いものにしているのではないでしょうか。

他のバイキングやドラゴンたちは、人間が餌を与えドラゴンが餌をもらうという、まるで「主従関係」のようです。

ヒックとトゥースだけは主従関係ではなく、物語や共に戦って負った体の傷痕からまるで「友達」や「戦友」といった関係のように読み取れます。

その演出のためには重要な設定なのではないでしょうか。