サーカスでピエロが空中ブランコから落ちそうになりながら、上手に演じます。

心配する春に対し母は次のように答えます。

楽しそうに生きていれば、重力も消してしまう

引用:重力ピエロ/配給会社:角川書店

彼らは、重力に逆らわず、重力で遊んでいるピエロのような家族なのかもしれません。

自然の摂理で逆らえないもの

 JasnyLoo ニュートン教育科学デスクおもちゃクレードルスチールバランスボール物理学校教育用品クレードルバランスボールデスクおもちゃ

重力とは自然のもので、誰もそれに逆らえません。誰もが、その重力の影響下で生かされています。

それは、遺伝子も同じです。自分の意識は、自分の遺伝情報を選べません。運ばれてきた遺伝情報に則り全てが決まっています。

遺伝には逆らえないのか

重力に逆らえないように、我々は遺伝に逆らえません。

ただ、重力のことを気にしすぎなくてもいいのだと、ピエロのシーンが示しています。

楽しんでいれば、落下でさえもイベントであり、落ちたところからまた始めればいいのです。

つまり人生を楽しむことを選択すれば、何を選んでも結果は相応のものとなります

そうして選んだ家族だから、最強なのです。

重力に負けたくないから

春が階から飛び降りるのは、重力を怖がっていないという象徴的なものです。

彼は育ての親の愛情を選び取りました。

そして、春と泉水の父親も重力を受け入れ、怖がっていません。レイプされた妻が妊娠したときにそれを拒否し、生まない選択もできました。

仮に堕胎を選んでいた場合は、ずっと妻に罪悪感が残るでしょう。優しい言葉で慰めても、許されなかったという事実は残ります

けれど、夫は妻を罪ごと受け入れました。それは妻の罪ではありませんが、その出来事自体を一緒に包んでくれたのです。

本当に素晴らしい夫婦愛であり、男性の人間性の豊かさが感じられます。

これは重力ではありません。神様の助言でもなく、彼自身が選んだ生き方です。

自分は犯罪者にはならないという意思の現れ

運命も悲運も自分の受け取り方次第で変わってきます。

ガンジーの教えが引き合いに出されています。

自分自身がこの世で見たいという変化になりなさい。

引用:重力ピエロ/配給会社:角川書店

神様からのお達しはありません。

命あるうちの選択は全て自分の次第で、どちらでも許されます。

そして、自分が自分を許せるのかは、その選択で違ってきます。

だから、春は飛ぶのです。

重力がまだあるのか確認しているのかもしれません。

たとえ飛び降りても怪我はしないのを知っているので、決して重力には負けることはなかったのです。

そして、父も母も亡くなり、全ての不幸が消え去っていき、二人だけの兄弟は、それぞれの自由を生きていくことになりました。

人生は、重力に逆らわず遊びながら、選んでいけという教えを胸に幸せになっていくでしょう。