注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ハリーポッターと秘密の部屋(ネタバレ)】秘密の部屋の謎を徹底解説!ハリーが蛇語を話せるのはなぜ?バジリスクとは何?

まずお伝えしたいのはハリー・ポッターが蛇語を話せる理由を語るには、宿敵であるトム・リドルについて語らないわけにはいかないという事です。

本作では、ハリー・ポッターがトイレである日記を拾ったことからトム・リドルという人物の存在を知ります。

【ハリーポッターと秘密の部屋】でその存在が明らかになったトム・リドルですが、本作でもこの後のシリーズにおいても、キーパーソンになる人物です。

トム・リドルはヴォルデモート

 直筆サイン入り写真 ハリーポッター ヴォルデモート グッズ レイフ・ファインズ/映画 ブロマイド オートグラフ 【証明書(COA)・保証書付き】

なんとトム・リドルはあのヴォルデモートだったのです。

トム・リドルの本名はトム・マールヴォロ・リドル(Tom Marvolo Riddle)。

並び替えると、「I am Lord Voldemort(私はヴォルデモート卿)」となり、トム・リドル = ヴォルデモートだということがわかります。

トム・リドルがヴォルデモートに名前を変えた理由は、「マグルの名前を使うのが嫌だ」ということ以外作中では詳しく語られてはいません。

しかしながら、彼の改名はマグル嫌いと密接な関係がありました。

トム・リドルは蛇語を話す

 

 Star Ace Toys 1/8スケール ロード・ヴォルデモート アクションフィギュア ハリー・ポッター スターエーストイズ

実は蛇語を話すことができるトム・リドルはサラザール・スリザリンホグワーツ魔法魔術学校を作ったサラザール・スリザリンの末裔でした。

サラザール・スリザリンは、非常に高い能力を持つ純血の魔法使いです。

そしてスリザリンはパーセルマウスです。パーセルマウスとは蛇語(パーセルタング)を話せる人のこと。

蛇語を話せる人はほとんどスリザリンの子孫だといわれています。

後にヴォルデモートになったトム・リドルもスリザリンの末裔だったために蛇語が話せたのです。

ヴォルデモートと繋がってしまったハリー・ポッター

ハリー・ポッターとトム・リドルの関係

トム・リドルは母親のゴーント家がスリザリン家の子孫だと知ると、スリザンが隠していた秘密の部屋を探し当てました。

そして、自らをスリザリンの後継者だと強く思い始めるのです。

自分の使命を見つけたトム・リドルは後に凄まじい力を手に入れハリー・ポッターの宿敵となっていくのですが、果たしてマグルの撲滅だけが目的でしょうか。

それだけであればマルグ全体を敵と見なすはずですが、狙いはハリー・ポッターに定まっています。

そこにまだ明かされない大きな秘密があるようで、これは続編への期待度も高まる要因になりました。

ハリー・ポッターが蛇語を話せる理由

ハリーポッターとヴォルデモート卿 ポップアート オリジナルフレーム ファインアートペイント キャンバスに絵画 アートワーク 映画ポスター ファンタジー

蛇語を話せる人がサラザール・スリザリンの子孫だとしたら、どうしてハリーポッターは蛇語を話すことができたのでしょうか。

ハリーポッターは当然サラザール・スリザリン一族ではありません。しかしながら、彼は作中で巧みに蛇語を操ります。

実は、ハリーポッターが蛇語を話せるのは、あのヴォルデモートの影響だったのです。